海外ドラマ『クローザー』シーズン1全話あらすじとキャスト、動画視聴方法まとめ

本記事では、

海外ドラマ「クローザー/the closer」シーズン1全話の

あらすじ概要、キャストや視聴方法を記載します。

また、記事の最後の項目に

シーズンの流れをネタバるので

ネタバレが嫌いな方はスクロールに注意※


『スポンサーリンク』


目次

どんなドラマ?

主人公はスイーツ中毒であり方向音痴のブレンダ・ジョンソン(キーラ・セジウィック)。

片づけられない性格の彼女の部屋は散らかし放題。

大切なものをなくすこともしばしば。

そんなブレンダはCIA仕込みの「尋問のプロ」だった。

アトランタ市警からロス市警の殺人特捜班に引き抜かれたブレンダが

得意の尋問で次々に事件を解決していくクライムサスペンスドラマ

ドラマクローザーは現在、U-NEXT全シーズン全話、見放題配信中です。
U-NEXTは31日間の無料トライアル中に解約することで一切お金をかけずにドラマや映画を観ることができます。
シリーズを追いかけている方は一気見するまたとないチャンス

第1話【偽りの素顔】

アトランタ市警からロス市警に引き抜かれ、殺人特捜班チーフとして就任した「ブレンダ・ジョンソン」。

コンピュータ科学者コリアー博士の邸宅で女声の凄惨な遺体が見つかり、ブレンダは捜査現場へ足を運んだ。

就任早々、現場で指示を出し、強盗殺人課の刑事に煙たがれるブレンダ。

しかし彼女の腕は確かなもので捜査を確実に進めていくのであった__

ドラマ観るなら<U-NEXT>

第2話【裏切りの代償】

映画スターであるディーン・キングズレーの妻で元モデルのヘザーが自宅の浴室で死体となって発見された。

かの序は死亡した当日、誰かとランチの約束をしており、そのために全身を磨き上げていたことがわかったが__

第3話【正義の行方】

18歳のロシア人娼婦・ゾーイが刺殺された。

彼女のパソコンから、政府高官や裁判官の名を連ねる顧客リストが見つかり、ブレンダは上司ポープの友人も尋問することになり反感を買う。

被害者であるゾーイの家の捜索で、パトロンと思われるロシア系マフィアのボスの息子、ニックが捜査線上に浮かびあがるが__

第4話【姿なき復讐者】

マッカーサー・パークで3人のギャングが射殺された。

対立するギャング団との抗争が原因とみられていたが、ブレンダが現場で遭遇した元海兵隊大佐ウォルターは、犯人はプロの狙撃兵であり、自分の息子だといった__

第5話【守りたい情報】

医学界の大物精神科医・レイニー博士が殺された。

博士は製薬会社から出資を受け、ドラッグ中毒の若者たちのために抗うつ剤を開発中だった。

治験中に息子が死亡し、博士を訴えていた夫婦らが疑われるが__

第6話【ネットに流された殺意】

シモンズ下院議員の娘であるカーラが強姦された上に無残に殺された。

重要参考人としてブリットを調べるブレンダだったが、彼にはアリバイがあった。

犯行現場に戻って一人捜査を続けたブレンダは背後から突然襲われレイプされそうになり__

第7話【奪われた人生】

深夜のグリフィス・パークで裁判官のマイケル・トンプソンが死体で見つかった。

一緒にいた息子で、統合失調症患者のキースが消え、ブレンダは捜索を開始する。

ある車のトランクに閉じ込められていたキースがLA空港で発見され、事件は解決されるかと思われたが__

第8話【愛情の形】

バットで殴打された男性がゲイバーに運び込まれた。

救急車を待つ間に彼はパートナーであるバリーの腕の中で息絶えてしまう。

付近では芸ばかりを狙う強盗が多発しており、殺人特捜班が捜査に乗り出したが__

第9話【刑罰の境界線】

13歳のメキシコ人少女がレイプされた上に殺害され、遺体は川に遺棄された。

殺人特捜班は彼女の母親が家政婦として働くフィリップス家で聞き込みを行い、息子のオースティンから有力な証言を得るが__

第10話【尽くしすぎた男】

大富豪ローランドの未亡人・アンジェリーナを毒殺した容疑で公判中だった執事が自殺した。

検事局のトーマス・イエーツからアルバートは無実だと聞いてブレンダは捜査に身を乗り出したが__

第11話【自由を求めて】

病院の駐車場でイラン人の会社経営者・モクタリとその運転手が殺された。

殺人特捜班が現場を捜査中、FBIが現れ、テロリストの要監視リストにあったためにきたという名目上、殺人特捜班とFBIどちらの管轄になるかでもめるが__

第12話【二度死んだ女】

心臓麻痺で死亡した麻薬常習者の女性遺体が鑑識に運び込まれた。

遺体の名前はリサ。

彼女は3年前ビル・クローリックによって惨殺されたことになっており、被害者は別人だと判明。

服役中のクローリックが釈放されるが__

第13話【最終楽章】

『スポンサーリンク』


ハリウッドの有名プロデューサーが自宅のジャグジーで溺死体となって見つかった。

ブレンダは事件の捜査をする最中、不適正な行いをしたという匿名の苦情により内務調査の対象となってしまう。

彼女はクビの危機を彼女は免れることができるのか__

第1シーズンおおまかな流れ

ブレンダはロサンゼルス市警に引き抜かれ、

殺人特捜班のチーフに就任するが、

できる女上司という立場をよく思わない部下や市警の警察官から疎まれてしまう。

殺人特捜班のチーム全員が異動願いを出して、

ブレンダは就任早々クビになりかけるものの、

得意の尋問術やテキパキした采配で次々に事件を解決へと導き、次第に仲間からの信頼を得るようになっていった。

シーズン1最終話で匿名の密告でブレンダがやめさせられそうになるが、

ブレンダがやめさせられるなら辞表を出すとした仲間に助けられる形で彼女は難を逃れた。

1話目から強くブレンダに反発し続けついには異動してしまったフリンも最終話では辞表を出し、

ブレンダを驚かせた。

出演者(キャスト)について

ブレンダ・リー・ジョンソン(キーラ・セジウィック)

本ドラマの主人公で、難事件をクローズさせる手腕を買われてアトランタ市警から引き抜かれた尋問のプロ。

タイトルの「クローザー」は、難事件を終わらせる者という意味。

ブレンダを演じる女優はキーラ・セジウィック。

本作でゴールデン・グローブ主演女優賞を受賞。

ブレンダは仕事はできるが、スイーツ中毒で方向音痴。

口癖は母親ゆずりの「ありがとう。どうもありがとう」。

おちゃめな面も多く、運転はうまくない。

シーズン1ではチーフに就任して仲間との絆を深めるまでが描かれる。

ウィル・ポープ(J・K・シモンズ)

ブレンダの上司であり、ブレンダを引き抜いた上司で副本部長。

ポープを演じる俳優はスパイダーマンシリーズで編集長を演じたことで有名な「J・K・シモンズ」。

ブレンダとはワシントン市警在籍中に不倫の関係にあった過去がある。

妻と別れてからブレンダにモーションをかけたり、振り回すという点ではブレンダと共通するものがある。

基本的にはブレンダの味方。

デビッド・ガブリエル(コリー・レイノルズ)

殺人特捜班のチームの一人で、ブレンダの運転手を買って出た部下。

ガブリエルを演じたのはコリー・レイノルズ。

殺人特捜班に異動したいとお願いしていたこともあり、晴れて配属となった殺人特捜班で張り切るが、ブレンダに振り回される日々を送る。

とても紳士的。

敵を作るブレンダの唯一の味方としてシーズンの最初の話ではブレンダを支える。

ラッセル・テイラー(ロバート・ゴセット)

部下から慕われる、強盗殺人課を仕切るベテラン警察官。

テイラーを演じるのはロバート・ゴセット。

ブレンダがアトランタ市警から自分より上位の本部長補佐に任命されたことに反感を抱き、シーズン1では捜査を妨害したりやりたい放題な動きをみせる。

鑑賞者をいらだたせる天才。

ルイ・プロベンザ(G・W・ベイリー)

殺人特捜班のチームの一人でセクハラすれすれ発言を繰り返す年寄り刑事。

プロベンザを演じたのはG・W・ベイリー。

ブレンダのことをバカにしていたが、凄腕であることに理解を示しはじめ、信頼していくようになる。

仕事に対しては怠慢なところがあり、シーズン2で事件よりも野球観戦を優先してブレンダを困らせることも。。。

アンディ・フリン(トニー・デニソン)

殺人特捜班のチームの一人だったが異動したメンバー。

フリンを演じるのはトニー・デニソン。

突然やってきたブレンダ(女上司)に猛反発し、第1話からブレンダと激しく口論している。

ブレンダを追いやろうと画策するものの、最終的にはブレンダの腕を買って特捜班のチームに戻ってくる。

マイク・タオ(マイケル・ポール・チャン)

殺人特捜班のチームの一人。

タオを演じるのはマイケル・ポール・チャン。

コンピューターや電子機器のエキスパートで、医療にも詳しい。

できるやつでブレンダを様々なところでフォローし助けてくれる。

妻は日本人。

フリオ・サンチェス(レイモンド・クルツ)

殺人特捜班のチームの一人。

サンチェスを演じるのはレイモンド・クルツ。

チームで唯一スペイン語が話せることから、スペイン語圏の犯人や容疑者の尋問の際に不可欠な存在。

ラテンギャグに詳しい。

血の気が多く切れやすいがかわいらしく笑ったり表情豊か。

アイリーン・ダニエルズ(ジーナ・ラヴェラ)

殺人特捜班のチームの一人でブレンダを除いて唯一の女性メンバー。

ダニエルズ捜査官を演じるのはジーナ・ラヴェラ。

かなり美形で、気を引こうと寄ってくる男は多いがなびかない。

頭もよく切れ、捜査に大きく貢献することも多い。

クローザー全シーズン全話観るのにおすすめツール

ドラマクローザーは現在、動画配信サービスU-NEXTで見放題配信中です。

U-NEXT31日間の無料トライアル期間があるため、

その期間にクローザーを観切って解約してしまえばお金はかからないので個人的におすすめです。

クローザー以外でも「NCIS:ネイビー犯罪捜査班」や「メンタリスト」など、海外ドラマのラインナップも豊富

U-NEXTはドラマをたくさん観たいという方の必需品といっても過言ではありません。

通常1990円かかってしまうサービスが31日間無料なのでお試しするだけでも価値はあるかと思います!

詳細は下記から↓

31日間の無料トライアル期間中に解約することでお金が一切かかりません。

監督

クローザーの監督は下記の7名。

マイケル・M・ロビン

エロディ・キーン

グレッグ・ヤイタネス

グロリア・ムツィオ

アーヴィン・ブラウン

ターニャ・マキアナン

リック・ウォーレス

脚本

ジェームズ・ダフ

ナンシー・ミラー

ウェンディ・ウェスト

リック・ケラート

ロジャー・ウルフソン

ハント・ボールドウィン

ジョン・コヴニー

製作

アンドリュー・J・サックス

ギル・ガーセッティ

『スポンサーリンク』