レジン失敗作品を復活させる方法【ハンドメイド】

レジンは見本通りにやってもなかなかうまくいかずに

作品に突起部分ができたり気泡が入ってしまったりしてしまいます。

今回は突起ができてしまった表面を修復する方法を簡単に説明したいと思います!
スポンサーリンク


今回直す失敗作品例

ずばり上記の画像のようなぼこっとでてしまった部分を
修復していきます。

レジンを型に流し込んだ際に突起ができてしまったときは、
容器をとんとん机にたたいて空気抜きと同時に突起をならすと思うのですが、
その工程がうまくいかずにぼこっとしてしまうことが
あると思います。

自己流ですが割とリーズナブルに直せるので
ご参考までに!

使うもの

1.ミニルーター


ダイソーで買えますが500円以上したので金銭的に
買えないということならこの方法で修復は難しいかもしれないです汗

上記のルーターに別売り(こちらもダイソー)でドリルと
やすりを買って使い分けします。

↓赤いちょっと白かかったものが研磨するやすりで、
何本か入っているのがピンバイスと呼ばれるレジンに穴をあける際
使う道具です。

ピンバイスはたくさん種類がありますが、
できた突起によって太さを
決めた方がいいです。細いのから太いのまで
いくつか種類を持っていると失敗したとき
突起に合わせてドリルを変えられるので修復しやすいです。

また、研磨する際につかうやすり(写真でいうピンク色のドリル)は
やすり部分が荒いものと細かいものがあるので荒いものと細かいもので
2種類は持っていると表面をきれいに整えやすいです。

直すために必要な道具を一式そろえるのはダイソーですべてそろえるとして
1000円ほど。直す道具で1000円も出すならレジン液を買うわという人もいるかもしれませんが、
失敗することも少なくないかと思いますのでよければ……!

手順

さっそくですが手順にはいります。

1.まず、突起ができてしまったレジンをきれいにしたいので
粉が散っても大丈夫なように汚れてもいい紙や新聞紙の上に置きましょう

2.ピンバイスをルーターに着けて、横にした状態で
突起部分を削っていきます
※この際に盾に突起部分を削らないようにしましょう。
失敗が失敗を呼んでしまいます※

この際は粗く削ってしまって大丈夫です。
この時はあまり削りすぎないように少しだけ
突起を残しておくと突起部分以外を
傷つけずに修復しやすいです。

※ピンバイスでレジンを削りすぎると修復ができなくなる可能性が高いので
注意です※

3.ピンバイスをやすりに取り換えて表面を平らにします。

※表面を平らにするので突起部分以外もやすり掛けしてしまって大丈夫です※
きれいになるようにレジンをもって目線まで上げてみてみると突起がどこまで
削れているのかわかるので削りすぎたりしないように何度か手に持って確認してみましょう。

4.レジン全体をやすりがけします。

突起部分だけやすりがけするとその部分だけ少し目立ってしまうので
全体にまんべんなくかけましょう。

5.レジンをうすく伸ばすようにしてぬってUVライトで硬化させれば
修復完了です。

新しくレジンを表面に塗りましょう。

この際に気泡が入らないようにしっかり確認してください!汗

機会があれば気泡が入ってしまったときの自己流修復方法を紹介したいと思います!
スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です