『十二人の死にたい子どもたち』13人目の男の子0番は誰?真相と結末についてまとめてみた

スポンサーリンク


人気SF小説作家「沖方丁」が現代を舞台に描いたミステリー小説「十二人の死にたい子どもたち」。

杉咲花はじめ、キャストが豪華という点からも観たい!という人も多いのではないでしょうか。

本記事では

・『十二人の死にたい子どもたち』に登場した13人目の男の子0番は誰か

・殺人者はいたのか、物語結末と真相

以上について記載していきます。

『スポンサーリンク』


※ネタバレのため注意※

年齢制限があるのかについてはこちら

映画の口コミはこちら


目次

『十二人の死にたい子どもたち』予告動画+あらすじ

予告動画

あらすじ

ある日、12人の未成年が安楽死を目的として廃病院の密室に集まった。

「みんなで死ねば、怖くないから」という理由で。

しかし、集まった密室には13人目の生暖かい死体があり、

殺人鬼が集まった12人の中にいることが判明。

死にたいけど、殺されるのはイヤな子供たちは、

安心して死ねるのか、それともおびえながら殺されるのか__。

13人目(0番)。部屋で死んでいた男の子は誰なの?

『スポンサーリンク』


『12人の死にたい子どもたち』には、13人目、他の子からは仮に0番と呼ばれる子が登場します。

彼は集団自殺(集い)主催者である「サトシ」が

カギを開けた後すぐに多目的ホールに入ったようで、

みんなが集まったころにはすでに死んでいました。

彼も合わせると集団自殺の「集い」に集まったのは予定の12人ではなく、13人。

1人だけ全くの部外者が入り込んでいることになり、

また、13人目(0番)には他殺の痕跡があることから、

殺人者が紛れ込んでいるのではないかと集まった子供たちは推測。

しかし、実は13人目の0番は睡眠薬を飲んで眠っていただけで死んでいませんでした。

彼は12番であるユキの兄で、意志の確認が取れないままユキに連れてこられた人物。

彼が何者であってなんの理由があって連れてこられたのかは後述します。

殺人者はいたのか、物語の結末と真相について

殺人鬼は紛れ込んでいたのか?

『十二人の死にたい子どもたち』の予告は、

殺人者が紛れ込んでいるような触れ込みがされていましたが、

予告にあったような「人を殺すことをへとも思っていないやつ=殺人鬼」は実際には紛れ込んでいないし、出てきません

本当に死にたいと思った未成年の子供たちだけが参加しています。

物語の結末、真相

13番目の男の子には意識がありません。

実は、12番目に廃病院に訪れた「ユキ」が彼の妹です。

ユキは塾の帰り道に兄に乗せてもらった自転車で、

ふざけて兄のしていたマフラーを引っ張って遊んでいたところを、

交通事故に巻き込まれて兄が植物状態になってしまった過去がありました。

自分も事故の後遺症を患い、責任を感じて苦しんできたユキ。

彼女は映画終盤で「もう楽になってもいいはずだ」と、

自殺を懇願したことからシンジロウに「死にたい人間の発言ではなく、見守る側の発言である」と

推理され、過去を吐露。

本当は、ユキは12番目に廃病院を訪れたのではなく、

もっと早くに廃病院に訪れ、眠り続ける兄と一緒にみんなを眠って待つことにしていたことが判明。

死んだと勘違いした経緯とユキの心境

兄を連れて廃病院に訪れたユキは、

受付を通ろうとしましたが、

車いすの兄を連れていくには幅が狭すぎて通ることができませんでした。

そこで、開いていなかった正面玄関の扉を開けようと兄から離れてしまいます。

その時、すでに病院に着ていて、

屋上から二人が病院に訪れたことをみていたノブオとアンリが、

車いすをおす子もよろよろしていたため、

力を貸そうと降りてきてしまいます。

ユキの兄を見つけたノブオとアンリは、

彼がぐったりしていたことから息をしておらず、

心臓も止まっているものと勘違いしてしまいます。

ユキは、二人が兄を見つけ、「この子も死ぬ覚悟があって

集いに参加するために来たのだ」というアンリと、

それを認めるノブオに救われた気がして、

アンリとノブオが参加者が集まる部屋に兄を連れて行くことを止めませんでした。

ユキは、植物状態になった兄の意思を確認できないまま自殺することを決め、

会場に連れてきたことに不安を覚えていました。

しかし、病院に連れてきた際、二人に会場に連れていかれる兄を見て、

これでよかったのだと安心します。

衝撃の結末

管理人個人としてはあまり衝撃とは思いませんでしたが、

実は、自殺者の集いを企画した主催者である「サトシ」は、

自殺者の集いは今回で3回目であり、以前の1回目、

2回目に参加した自殺者が集まった際は議論させて思いとどまらせていました

彼には「自殺者の自殺を思いとどまらせる」という目的はありませんが、

今回自殺者が思いとどまったのはサトシによる誘導があったためです。

サトシの過去と動機

サトシは医大受験に失敗した兄が母とともに無理心中未遂をし、

父も自殺したことから自分の周りに死が蔓延、

死に憑りつかれてしまいます。

死にたいとはどういう感情なのかを知りたくなったサトシは、

自殺者を集めるサイトを確立し、

自殺者を集めては志願者が話し合うように誘導、

自殺を思いとどまらせてきました。

本当に自殺を実行することになった際は

死ぬまでだと思っていたサトシ。

自殺を思いとどまらせることが目的ではありませんが、

彼は死にたいという感情を知りたいし、

今回もその概念を理解できなかったため、

また次も同じような集いを企画することが予想されます。

アンリの過去と次回の自殺者志願について

今作には杉咲花演じるアンリという頭のいい女の子が登場します。

彼女は弟がいましたが、幼い頃に火事で亡くしています。

この火災は、いつも遊び歩いて帰ってこない母親が深夜にひょっこり帰ってきて、

煙草を吸ったことが原因で起こったもの。

彼女は火災原因である煙草を嫌う傾向があり、

また、この事故から弟は何のために生まれてきたのか、

自分も弟も生まれてこなければよかったのだと考えてしまいます。

この経験から彼女は、

生まれてこなければよかった価値のない子どもたちが集まり、死ぬことで罪の意識のない大人たちに抗議しようと集まりに参加したのでした。

今回の件でアンリは自殺することができませんでしたが、

サトシが一度目ではないことを彼女だけが察し、

集まりに最後まで残ってサトシとちょっとだけ会話します。

その際、また主催した際は参加する旨を述べ、

「自殺を阻止したい主催者がいてもいいなら、

自殺を実行させたい参加者がいてもいいでしょ」といいつつ、

彼を挑発してからその場を後にしました。

管理人の感想

映画自体はかなり楽しめました。

語彙力ないですが一言で面白かったです。

ただ、あっと言わされるような展開はなく、

結末も何となく読めてしまいました。

言動とか見てたら大人なら大体は読めちゃうんじゃないかと思います。

原作を読んだほうがゆったりと自分のペースで進めていけるので

伏線もじっくり拾えて楽しいかもしれないですね。

小説はおそらく、サトシが自殺者たちを思いとどまらせている存在だということも気づかせないようにうまく描写しているはずですし。

映画だけでも十分楽しめますが、人を選びそうです。

あと、ホラー要素があるのでは?と勝手に思っていましたが

怖いシーンは全くないです。

近年の作品では同じミステリージャンルとして『スマホを落としただけなのに』があげられますが、

今作はそれに比べたらホラーシーンは皆無といっていいでしょう。

スマホは結構ぐろっちーシーンとか怖い描写、

恐怖をあおるすさまじい演技などなど、

予告から抱いていた予想を覆すものがありましたが、今作はホラー要素なしです!

忌避している人は安心して観に行って問題ないでしょう。

ホラーではなく、ジャンル通りのミステリーなので、

推理できるなら小さい子でも楽しく鑑賞できます。

直近の作品だと個人的には

『ミスター・ガラス』や『TAXi5』、『マスカレードホテル』の方が面白かったかなといった印象です。

ミステリーなら『マスカレードホテル』か『十二人の死にたい子どもたち』か迷ってもいいかもしれませんね!

原作小説について

今回実写化された『十二人の死にたい子どもたち』は、

「沖方丁」原作の同名小説がもとになっています。

原作を楽しみたいという方はネットでも購入できるので下記から詳細をどうぞ!

Amazon


十二人の死にたい子どもたち (文春文庫)

楽天

 

まとめ

以下、本記事のまとめになります。

・13人目(0番)の男の子は12番の女の子ユキの兄。

・集まったメンバーに殺人鬼はいない

・そもそも誰も死んでない

・主催者であるサトシは今回の自殺者の集まりは1度目のことではなく、3度目。

・集まりはサトシが毎回阻止するような仕組みになっていた

『スポンサーリンク』


スポンサーリンク