『クリード2』クリードはドラゴに勝利したのか、チャンプ防衛は成功したのかネタバレまとめ

2019年1月11日に『クリード2(炎の宿敵)』が公開されました!

ロッキーシリーズのスピンオフ『クリード/チャンプを継ぐ男』の続編ともあり、注目している人も多いのではないでしょうか。

本記事では、

・『クリード2(炎の宿敵)』で勝利したのはどちら側か

・アドニスはチャンピオンになれたのか

以上についてさっくり記載していきます。

『スポンサーリンク』


※ネタバレありのため注意※


ロッキーシリーズ無料でみるなら

U-NEXT

『クリード2(炎の宿敵)』予告動画+あらすじ

予告動画

あらすじ

『ロッキー4/炎の友情』でロッキーの最大のライバルにして親友のアポロは、ロシアの王者イワン・ドラゴと対戦した。

壮絶なファイトの末、アポロはそのまま帰らぬ人に。

月日は流れ、あの日戦ったボクサーの息子同士がリングに上がる。

全世界待望『ロッキー4/炎の友情』を受け継ぐ、息子同士の宿命の戦いがついに幕を上げる!

アドニスはチャンピオンになれたのか

『スポンサーリンク』


主人公のアドニス・クリードは前作でチャンピオンになれませんでしたが、フィラデルフィアのニューヒーローとしてたたえられることになりました。

彼が今作冒頭ですぐに

MGMグランドの会場で世界へビュー級タイトルマッチのリングに臨み、セコンドでロッキーに檄を飛ばされつつ、見事試合に勝利。

チャンピオンベルトを獲得

さすがはチャンプを継ぐ男だけあって今作でしっかりチャンピオンになってくれました。

チャンピオンになったアドニスは、恋人のビアンカにプロポーズ。

彼女が補聴器をつけていないときに

告白したため戸惑われるというハプニングがあったものの、二人は無事結婚。

今作では子供(アマーラという女の子)も生まれ幸せのアドニスは絶頂……そんな折、

父アポロをリングに沈め、殺したドラゴの息子で最強ボクサー「ヴィクター」が記者会見でアドニスに試合をするよう迫る挑発を行い、本作の根幹へと物語は動き出します。

勝ったのはどっち?

試合にいたるまでの経緯

アドニスとヴィクター(ドラゴの息子)の試合は、

父親の弔い合戦ともなる因縁の試合のため、世界中が見たがっていました。

一方、ロッキーはカフェ「エイドリアンズ」でドラゴに会い、こちらも挑発を受けます。

ドラゴは『ロッキー4/炎の友情』でロッキーに負けたことで人生がかわり、どん底を味わっていました。

国から追放されたドラゴは家も妻もなくし、頼れるのは息子だけ

彼は必至に息子をボクサーへと育て上げ、ロッキーへの報復を誓い、生きてきました。

ロッキーはドラゴの息子との戦いは危険で、

試合をすることで大切なものをなくす可能性が高いアドニスを止めますが、

アドニスは父アポロのこともあり、プロモーターにそそのかされて試合を受け入れます。

試合はどうなった?

試合はヴィクターにとっては完全アウェイの状態で開催されました。

アポロ同様に派手な演出で登場したチャンピオンのアドニス。

しかし、セコンドにロッキーの姿はありません

ロッキーは試合を受けるならセコンドにはいられないと役を降りていました。

彼の代わりにセコンドについたのは父アポロのセコンドを務めていたデューク。

ロッキーは試合の模様をテレビの中継で見ていました。

対するヴィクターは大ブーイングの中、鋭い目つきで登場。

始まりのゴングが鳴り、壮絶な打ち合いになるものの……

試合が始まってすぐにヴィクターのパンチがクリーンヒット

思うように動けず圧倒されるばかりのアドニスは、コーナーに追い込まれ激しくうたれます。

ダウン寸前まで追い込まれたアドニスは、強烈なパンチをボディにくらい、肋骨を折ってパンチをうてなくなってしまいます。

攻撃もかわせなくなり、

アドニスがダウンしたところ、

レフェリーのストップを無視してヴィクターがアドニスを殴り、アドニスはダウンしたまま気を失ってしまいました。

ダウンしたアドニスに対してヴィクターがパンチを打ったことから、ヴィクターは反則負け

結果的にアドニスはチャンピオンの座を守れましたが、

築き上げた名誉は反撃すらまともにできずやられっぱなしだったチャンピオンとして地に落ちます。

この試合の結果、アドニスは肋骨を2本折った上重度の脳震盪を起こし、腎臓を損傷

治るけがではあるものの、48時間は完全安静を言い渡されてしまいました。

実質敗北

リハビリをしてけがを治したアドニス。

最愛の子どもも生まれ、幸せなのにも関わらず彼はさんざんだった試合で別人のようになってしまいました。

そんなアドニスのもとに、ロッキーが訪れ、お互いの胸の内を話し合うことで和解します。

デスバレーへ赴いた二人は、地獄のようなトレーニングで体を強化

何かを変えたければ変わらなければならないというロッキーの言葉通り、アドニスは心身ともに鍛えて別人に生まれ変わりました。

そうしてアドニスはセコンドにロッキーをつけ、

満を持してヴィクターからの再戦を受け入れることになります。

再戦

二人の2戦目の試合はアドニスが完全アウェイの、ドラゴの母国であるロシアで開催されました。

大ブーイングの中、妻であるビアンカの先導のもとリングへ上がったアドニス。

クリードの名を背負うアドニスに対して、

ヴィクターは彼同様に父であるドラゴの名を背負ってリングへ上がります。

試合のゴングが鳴り、二人は打ち合いますが、

ヴィクターのパンチを受けても強化トレーニングを受けたアドニスは平然としています。

ヴィクターは動揺しますが、負けられない思いからアドニスに負けじとパンチを繰り出し、アドニスを何度もマットに沈めます。

ダウンを取られるも、果敢にアドニスは立ち上がり、8ラウンドではポイントで不利にありながら、ロッキーのアドバイスのもと、足を使った素早い動きでヴィクターを圧倒。

アドニスが優位に立とうかといったところで試合は10ラウンドを迎えます。

父ドラゴに1戦目同様に肋骨をたたき折れと指示を受けたヴィクターは、反則ぎりぎりでアドニスのボディに2発パンチを打ち、彼の肋骨を折ります

ダウンするアドニス。

その時、視界の先にいた妻ビアンカが「立って」と彼に声をかけ、不屈の精神でアドニスは立ち上がり、ヴィクターに猛反撃、2度のダウンを奪います。

ヴィクターが2度目のダウンをした際、彼の視線の先には自分を置いて出て行った母親が席を外す姿がありました。

ヴィクターは母親のこともあり、パンチを繰り出せなくなってしまいます。

ヴィクターをコーナーに追い込み、攻撃するアドニス。

懸命に防御して耐えるだけのヴィクターを見ていられなくなった父ドラゴは、こらえきれずにタオルをリングへ投げ入れ、アドニスはチャンピオンベルトを守ることに成功しました。

ためしにシリーズをみてみるのもあり?

本作『クリード2(炎の宿敵)』はロッキーシリーズのスピンオフ映画『クリード/チャンプを継ぐ男』の続編映画です。

ロッキーを全くしらないとか、

前作もみたことがない人がいきなりこの映画から入るのはちょっと気が引けるかもしれないので、前作までの作品を一気に見返すのもありです。

ロッキーシリーズを一気見するのにおすすめなのは、

31日間の無料トライアル期間がある「U-NEXT」。

U-NEXTの無料トライアル期間を使えばロッキーシリーズはもちろん、見放題の映画やアニメ、ドラマが31日間無料で見放題のためかなりおすすめです。

解約も簡単なので一気見を考えている人はぜひ!

詳細は下記から↓

※『クリード/チャンプを継ぐ男』は登録時にもらえるポイントで無料視聴できます※

ロッキーシリーズを文章でおさらいしたい方は

こちらから

まとめ

以上がクリード2はボクシングを知らない人でも楽しめるのかまとめでした。

実際に観てみた感じはボクシングのルールを全く知らない人でも楽しめると思います。

映画の内容としてはロッキー4とクリード1を踏まえた内容なので映画を確実に楽しみたいのなら観ておいた方が良いです!

ではでは、映画を劇場へ観に行くよという方も、DVDレンタルをまつ!という方も、良い映画ライフをお過ごしください!

『スポンサーリンク』