『ヘレディタリー/継承』年齢制限はある?小さい子供でも見られるの?対象年齢はどれくらいか調べてみた

2019年11月30日に最恐ホラームービー『ヘレディタリー/継承』が公開されました。

全米を凍り付かせた悪夢と銘打っているこの映画、割とレビューの評価もいいことから楽しみにしているという方も多いのではないでしょうか。

本記事ではそんな『ヘレディタリー/継承』には年齢制限があるのか、対象年齢はどのくらいなのかについて記載していきます。

スポンサーリンク


※以下は管理人個人が調べた結果なので絶対の情報ではありません※

!ネタバレ記事はこちらから!

目次
『ヘレディタリー/継承』予告動画+あらすじ
年齢制限はあるの?
残酷なシーン(流血表現)はある?
子供でもみられる
対象年齢はどのくらい?
まとめ

『ヘレディタリー/継承』予告動画+あらすじ

~予告動画~

~あらすじ~

祖母エレンがなくなったグラハム家。

過去のある出来事により、母に対して愛憎交じりの感情を持っていた娘のアニーも、夫、2人の子どもたちとともに淡々と葬儀を執り行った。

しかし、祖母が亡くなった喪失感を乗り越えようとするグラハム家に奇妙な出来事が頻発。

最悪な事態に陥った一家は修復不能なまでに崩壊してしまうが、亡くなったエレンの遺品が収められた箱に「私を憎まないで」と書かれたメモが挟まれていた。

家長である祖母の死をきっかけに、さまざまな恐怖に見舞われる一家を描いたホラー。

年齢制限はあるの?

スポンサーリンク


『ヘレディタリー/継承』には年齢制限はありませんが、PG指定があります

上記はムビチケカード公式サイトから引用させていただいた画像で、注意事項の欄に「PG12」表記がみられます。

G表記(全年齢対象)ではないため、12歳未満のお子さんが鑑賞する際は、保護者の助言と指導が必要になります。

保護者の助言と指導があれば小さいお子さんでも鑑賞することはできるので、ホラー好きのお子さんがいるという場合は保護者がしっかり考えた上で鑑賞すればよいのではないでしょうか。

ただ、全年齢対象の映画ではないため、多少残忍な表現や過度に恐怖をあおる表現が見られるため、その点では注意が必要です。

残酷なシーン(流血表現)はある?

あります。

具体的には首が飛んだり、首を切ったり……首なし死体が見つけられたり……

気色悪い描写でアリも出てきます。

首が飛ぶという点では結構グロテスクなので、子供に人の首が飛ぶ描写をみせたくない人や目をつぶりたくなるようなホラー映画が見たくない人には注意が必要です。

PG制限があるため多少他にもグロイ映像があるので子供と観たいと思っている方は気を付けてくださいね。

子供でも観られる?

スポンサーリンク


もちろん、怖い怖くないと感じる程度は個人差があると思いますが、定義としては12歳未満のお子さんは親の助言、指導がない限り鑑賞を控えた方がいいです。

また、映画館で鑑賞する場合、音が大きかったり、びっくりさせる表現があるので12歳以上の子どもでも少なからず驚きはすると思います。

人が殺される直接的な表現があるので、そういった表現が自分の子供に見せるのが早いとか、悪影響があるかなと思う人はつれていかない方がいいです。

ただ、映画の迫力やわくわく感、スリルというのは映画館でしか味わえないものがあるので、絶対にこの映画をみたいと言っているお子さんがいたら、親の意向度外視でも観に行かせてあげてもいいかもしれないですね(;・∀・)

観たかったのにと言われてもあとでかわいそうなことをしたなと後悔してしまうので…。

関連記事 『ヘレディタリー継承』公開日はいつ?いつまで公開されるのか公開期間についてまとめ

対象年齢はどのくらい?

PG12ということもあり、予想としては中学、高校生以上が対象ではないかと思います。

小さいお子さんでもホラー映画をたくさんみている子はみたいと思うかもしれませんが、PGがついているので12歳未満の小さいお子さんがターゲットとは思えないです。

一応保護者の助言と指導があれば見られるので、定義という意味では小学生でも幼稚園児でもみることは見られます。

ただ、ジャンルがホラー映画なので、この映画を観た子が変なトラウマを持ちかねません。

小さいお子さんがこの映画を鑑賞することは、管理人個人としてはあまりオススメできないです……

もし観たいという12歳未満の猛者がいたとしたら連れて行ってもいいと思いますが、保護者の立場として劇場へ連れて行くと考えた際は「怖いと思うよ」とか、何か一言、保険をかけておいたほうがいいかもしれないです。

怖い怖くないは個人差がありますが、母親アニーの演技が異常に恐怖をあおってくるので子供によってはトラウマになる可能性もあります。

登場人物の首が飛んだり首が転がったり等、残忍な描写もあるので小さい子と鑑賞する方は注意して連れて行くなりやめるなりしてくださいまし_(:3」∠)_

まとめ

以上が『ヘレディタリー/継承』は年齢制限があるのか、対象年齢はどのくらいかについてまとめでした。

PG12なので12歳未満のお子さんは親の助言や指導が必要ですが、

一応小さいお子さんでも観ることはみられるので、もし「観たい」といっている子がいたら、その保護者の方はよく検討されてから劇場へ足をお運びください。

ではでは、お子さんと劇場へいくよ!という方も、DVDのレンタルをまつぞ!という方も、良い映画ライフを。

スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA