ネタバレ『ITイット2』それは倒せたの?衝撃のラストやピエロの生い立ち、結末など徹底まとめ

スポンサーリンク


下水道からこんにちは。

スティーブン・キング原作小説を実写映画化した『IT』の続編『ITイット THE END それが見えたら、終わり』。

早くから注目されている作品なので、

映画を観たい!!という方も多いはず。

本記事では、

・『ITイット2』結末(ラスト)はどうなったのか

・それ(ペニーワイズ)の生い立ちやそれ自体倒せたのか

・結局ペニーワイズは死んだのか

以上について記載していきます。


目次

前作『ITイット』はU-NEXTで無料視聴可能です!

気になる方はU-NEXT公式サイトをチェック!

『ITイット2』予告動画+あらすじ

予告動画

あらすじ

小さな田舎町で、再び連続児童失踪事件が起こった。

そして、「COME HOME COME HOME」という「それ」からの不穏なメッセージが届く。

幼少時代に「それ」の恐怖から生き延びたルーザーズ・クラブの仲間たちは27年前に誓った約束を果たすため、町に戻ることを決意するが__。

関連記事
『イット2』観る前に前作は観たほうがいいのか予備知識まとめ

『ITイット2』衝撃のラストとは

『スポンサーリンク』


『ITイット2』は、前作で生き延びたルーザーズクラブのメンバーが27年の時を経てデリーの街に再び現れたペニーワイズこと「それ」に立ち向かうといった内容の映画になっています。

メンバーの一人であるスタンは劇冒頭で自殺してしまい一緒に戦えませんが、他のメンバーは再度デリーに戻り、それに立ち向かいます。

ルーザーズたちはそれぞれ27年の時をデリーの街を出て過ごしていましたが、黒人のマイクだけは街に残ってそれが復活しないか見張っていました。

マイクがそれの復活を確認したことでメンバーが招集され、それに対峙することになります。

集まった一同は、マイクが調べた退治法をもとに、まずは思い出の品を一人ずつ探して記憶を呼び起こしていきます。

各メンバーの前にはペニーワイズ(それ)が現れていろいろおどかしてきますが、結局思い出の品をそれぞれに手に入れてマイクが調べた退治法(儀式)を行うことに。

井戸の家に集まった一同は、一作目でペニーワイズが落ちて行った穴の中に入っていき、ペニーワイズのすみかにたどり着き、そこで儀式を執り行います。

そして、儀式はうまくいったように思われましたが、一度それにはねつけられて、エディが犠牲になってしまいます。

エディが犠牲になったことで奮起したメンバーは、ペニーワイズの体を小さくすれば倒せるかもしれないといったエディの言葉を頼りに、ペニーワイズに罵詈雑言を浴びせてどんどんペニーワイズの自信を削いでいきます。

そして小さくなったペニーワイズから心臓をえぐりだし、みんなでつぶしてちゃんちゃん

それでいいのかペニーワイズと思わずつっこみたくなる衝撃のエンドを迎えました。

結局それは死んだの?悪夢は終わった?

結局のところどうなったのかはわかりませんが、映画自体はハッピーエンドを迎えており、不吉な予感をあおるような描写もないため、おそらくそれは完全に死んだ(消えた)としていいでしょう。

人間ではない「それ」に心臓があったのは納得しかねますが、人の急所である心臓を握りつぶし、その直後にペニーワイズと、彼のすみかは崩壊したため、悪夢は終わったと解釈するのが自然だと思います。

原作ではデリーの街が全焼するというくだりがありましたが、映画ではありませんでしたね……。

デリー=それというイメージが強かったので、町が残っていることから原作を読んでいる身としては終わった感じはありませんが……映画だけみて解釈していいなら死んだととっていいと思います。

興行収入がかなり伸びている作品なので、もしかしたら続編ではないにしても、関連作品が公開される可能性は大いにありますね。

ペニーワイズの生い立ち~どこからきたの?

これについては明確にここからきた!という描写が最後までされませんでした。

映画ではどういう解釈になっているのかすごく気になったのでパンフレットを購入してみましたが、答えがのっていたので私なりに言葉を変えてご紹介。

三つの光からなる生命体

ペニーワイズは、前作でベバリーを宙に浮かべる際、口の中から光を見せて気絶させていました。

この光ですが、ペニーワイズの正体のようなもので、ペニーワイズ自体は3つの光からなる生命体ということらしいです。

また、この三つの光は劇中死の光と呼ばれ、これをみた人間はウィルスのように死の呪いに感染し、近い未来死ぬことが決定するというとんでもない設定の光です。

タイトルにある「それが見えたらおわり」というそれはこの光のことを指しており、別にピエロ姿のペニーワイズをみたとしても死ぬとは限らない様子。

また、劇中一切言葉としては出てこなかったのですが、この三つの光からなる「それ」は、宇宙からやってきたとパンフには記載されているため、宇宙にいた生命体であるとしていいと思います。

また、どういうわけかわかりませんが、27年周期で目覚めては人を食い散らかすように体内時計が埋め込まれているようで、人が怖いと思ったものに化けてたくみに獲物をおびき寄せたり追い埋めて捕食する生き物という設定になっているそうです。

「それ」が初めて地球に降り立ったのは数百万年前で、後々デリーとなる土地の地中に住んでいて、27年周期で目覚めては人を食ってずーっと生活していた様子。

18世紀頃にはマイクが救いを請うたシャカピワー族がチュードの儀式で対抗しましたが、それの消滅までには至らず、今作まで生存してしまっていたようです。

もともと人ではない化け物ということはわかりきっていましたが、宇宙から来たとは……

結構ご都合主義なところがありますねぇ……

『ITイットTHE END』の前に前作を復習

今回公開される『ITイットTHE END』は、前作をみた上で鑑賞することを考えて作られた第2作「完結編」になります。

映画自体が続き物なので、

前作を観ていない方は続編からいきなり映画に入ると内容を理解できずにおいてきぼりを食らう可能性が非常に高いです。

実際に見てみましたが、最初から最後まで完全に前作を見ている人向けの映画内容だったため、初見の方は意味不明の映画になってしまうと思います。

時間に余裕がある方はできるだけ前作をチェックするようにしましょう!

前作が見られる動画配信サービス

現在、前作『ITイット”それ”が見えたら終わり』は多くの動画配信サービスで観ることができます。

ただ、レンタル料金を支払わないと前作を鑑賞することができない動画配信サービスが多いです。

タダで観たいんだ!という方は、

動画配信サービスの「U-NEXT」を使えば無料で鑑賞できるのでおすすめです。

前作『ITイット”それ”が見えたら終わり』をみて復習したい、

また、これから見たいという方はチェックしてみてください。

U-NEXT公式サイトは下記から!

⇒今すぐ『ITイットTHE END』前作を無料で観る!

U-NEXTでは31日間の無料お試し期間があります。

動画を見た上で期間中に解約すれば使用料金は一切かかりません。

※登録時にもらえるポイントの消費で『ITイット”それ”が見えたら終わり』は視聴できます※

死者は出たの?

今作では前作に登場したルーザーズクラブのメンバーである

・ビル

・ベバリー

・エディ

・リッチー

・スタンリー

・マイク

・ベン

以上7名がそれを倒そうと力を合わせることになります。

ただ、前述通り「スタンリー」はマイクから連絡をもらった段階で死を選んでしまったため、デリーに戻ることはありませんでした。

残った6名のメンバーでそれに対峙していくわけですが、このメンバーのうち、潔癖症のエディはそれの反撃を受けて腹を刺されて殺されてしまいます。

エディの亡骸もペニーワイズが死んだことによって建物が崩壊し、運び出すことができずに建物とともに沈むことになり、ちょっと浮かばれない感じになってしまいました。

他のメンバーは死なずにそれの魔の手から逃れ、生還することに成功。

ベバリーはベンとくっつき、他のメンバーはスタンからの手紙に励まされるようにしてそれぞれの道を進むというハッピーエンドを迎えています。

映画を観た個人的な感想

あくまで個人のぼやきだと思っていただきたいのですが……

一言で集約するなら……

「3時間って長い!!」

この一言に尽きます。

もともと前作も映画館でみた人間ですが、あまり私にははまらなかった印象が強く、先日もう一度前作は見返した上で、本作を観ています。

前作も今作もホラー映画として使われるびっくり描写が見飽きたもので、目新しさは皆無。

そして映画のキモであるペニーワイズが怖くない……(あくまで私の意見でっせ。

人によって感じ方は様々なのでめちゃくちゃ怖い!という人もいれば、管理人のように一切怖くなくてむしろ笑えちゃう人もいます。

前作では、ペニーワイズがピエロらしい動きやらガタガタ体を左右上下に動かすたびに、腹を抱えて笑いそうになってしまいましたが、今作のピークは舌をべろーんと垂らしてガラスにくっつけ、子供をみるペニーワイズくんがアップでスクリーンに登場した瞬間でしょうか。

予告でも十二分に笑わされましたが……いや、これ笑わない人いるの?とつっこみたくなります……。

役者はいいんですが、本当に申し訳ない……全然怖がれなくて自身に嫌気がさしますよ……。

原作はかなり怖いんですが、映画になるとなんというか……

うーん……この作品って映像向けじゃないんですかね……。

スティーブン・キングも納得の一本! 興行収入もすごいんだぞー!とさんざん宣伝されていたので続編も観に行きましたが、ある意味期待を裏切らない出来栄えに笑い涙が止まりませんでした。

そもそもこの映画、ホラー映画として確立しちゃってますがホラーというよりは友情にスポットの重きを置いた映画なので、ジャンル違いですかね……

ホラー映画だったらギャグよりのホラーとした方が、個人的にすんなり受け入れられます。

あと、脚本ももっとなんか……別ルートというか……原作よりの何か一押しがほしかったところです……

原作では亀がかなりキーになってくるんですが、映画では尺的に無理なのか、ちょこっと出てくるだけで亀がキーとして何かが起こるということは一切ないです。

ファンとして喜ぶべき要素の一つとして取り入れたものかもしれませんが、ただ原作の一部を描写してくれるんじゃないかと期待させられただけで何もなく、逆にがっかりさせられました。

何もないならないでそもそも登場させないでほしかったです……。

原作未読なら楽しめるかもしれませんが……いやでも、あの動きをみて笑いをこらえるというほうがむりなので、よんでいてもいなくてもやっぱり笑えちゃうかもしれません……。

この手の映画って観なれているかどうかでビビり度がかなり変わってくるので、ホラー好きであればたいていの人は「くす」っとしてしまうんじゃないかなぁ……

他サイトのレビューを見る限りめちゃくちゃに怖い!という人とそうじゃない人でばっくりわかれているので、はまる人とそうじゃない人でかなり違う楽しみ度が違うみたいですね。

キャストは誰? 配役についてまとめ

『スポンサーリンク』


以下、主要キャストについて記載します!

ペニー・ワイズ:ビル・スカルスガルド

みんなのペニーワイズの中の人を演じるのは「ビル・スカルスガルド」。

ビル:ジェームズ・マカボイ

ルーザーズ・クラブの主要キャラクタービル役は『スプリット』や『X-MEN』シリーズで知られるジェームズ・マカボイ。

子ども時代はジェイデン・マーテルが演じます。

ベバリー:ジェシカ・チャステイン

ベバリー役はジェシカ・チャステイン。

子ども時代はソフィア・リリスが続投。

リッチー:ビル・ヘイダー

リッチー役はビル・ヘイダーが演じます。

子ども時代はフィン・ウルフハード。

マイク:イザイア・ムスタファ

マイク役はイザイア・ムスタファ。

子ども時代はチョーズン・ジェイコブス。

ベン:ジェイ・ライアン

ベンを演じるのはジェイ・ライアン。

子ども時代はジェレミー・レイ・テイラーが演じます。

エディ:ジェームズ・ランソン

エディ役はジェームズ・ランソンが演じています。

子ども時代はジャック・ディラン・グレイザー。

スタンリー:アンディ・ビーン

スタンリー役はアンディ・ビーンが演じています。

子ども時代はワイアット・オレフ。

豪華キャストが勢ぞろいしているので要チェック作品ですね!

まとめ

以上が映画『ITイット2』の衝撃の結末やペニーワイズの最後についてなど、まるっとネタバレまとめでした。

いかがだったでしょうか。

少しでもお役に立てたのであれば幸いです。

ホラー映画としてはなれていない人にとってはかなり怖いかもしれませんが、人を選びそうな感じの映画なので、まだ観ていない方は前作を観てから続編をみるか考えたほうがいいかもしれませんね!

ではでは、映画を観に行くよー!という方も、そうではない方も、良い映画ライフをお過ごしくださいませ!

『スポンサーリンク』


スポンサーリンク