『ITイット』ジョージー役の子役の現在は?名前や出演作品、プロフィールまとめ

スポンサーリンク


2019年11月8日に地上波放送された『ITイット”それ”が見えたら終わり』。

続編『ITイットTHE END』公開もあって前作から見返している人も多いのではないでしょうか。

本記事ではITシリーズでおなじみの主人公「ビル」の弟「ジョージー」役にスポットを当てて、

・ジョージー役の子役の名前

・現在何をしているのか

・出演作品やプロフィール

以上についてまとめていきます。


『スポンサーリンク』


下記する目次の項目をタップすると詳細へ飛べます。

スクロールを短縮したい方はご利用ください。

目次


※本記事に映画に関するネタバレはありません※

『ITイット”それ”が見えたら終わり』に登場するジョージーとは

『ITイット”それ”が見えたら終わり』に登場するジョージーとは、本作の主人公である「ビル」の弟

宣伝や予告動画でよく見る「排水路をのぞき込んでいる小さな男の子」がジョージーです。

出番としてはそこまで多いというわけではありませんが、その愛らしくかわいらしい風貌から人気が出たキャラクター。

本作に登場するペニーワイズ(ピエロ)がジョージーに向かって「ハーイ、ジョージー」と呼びかけるシーンはかなり有名なので映画を観たことがなくても知っているという方が多いです。

ジョージー役の子役名とプロフィール

『スポンサーリンク』


『ITイット”それ”が見えたら終わり』、続編『ITイットTHE END』2作品でジョージー役を演じた子役は

「ジャクソン・ロバート・スコット」

2008年9月19日生まれの11歳(現2019年11月)で、身長は現在「137㎝」。

中国語を話すことも可能で、サッカーや野球が大好きな男の子です。

ITでジョージーを演じてからまだ2年ほどしかたっていないので容姿はそこまで変わっていませんが、少し背も伸びてクールになったイメージがあります。

2019年の最新出演作『プロディッジー(プロディジー)』

イットもそうですが、プロディッジーもホラージャンル映画なので、ホラー作品で常連のキャストになっていきそうな気がしますね。

出演作品は?今後の活動について

ジャクソン・ロバート・スコットが主に知られるようになったのは『ITイット”それ”が見えたら終わり』のジョージー役。

これ以前にも、CBSのヒットドラマシリーズ『クリミナルマインド』やAMCの『ウォーキングデッド』でゲスト出演したこともあり、『ロック&キー』ではレギュラー役を務めている実力派の子役さんです。

直近では2019年に『プロディッジー』で主演に抜擢され、猟奇殺人者をうちに秘めた子供役を見事怪演し、さらに認知度が増しました。

『プロディッジー』は日本での劇場公開はありませんでしたが、VOD等では配信しているので、気になる方は調べてみてください。

Amazonプライムビデオで無料配信されていた気がします。

今後のジャクソンの活動については、

短編の『Rising』、ドラマ『Gossamer Folds 』に出演予定。

またこのほかにもドラマや映画に出ることが決まった場合は、情報が入り次第、更新させていただきます!

今注目の若い俳優さんなので今後が楽しみですね。

公式情報が配信されているSNS

ジャクソン・ロバート・スコットについてもっと知りたい!という方は、公式情報が確認できるリンクを下記しておきます。

よければご参考まで。

Twitterはこちら

インスタはこちら

『ITイット”それ”が見えたら終わり』が完全無料でみられるVOD

ジョージー役としてジャクソン・ロバート・スコットが出演した『ITイット”それ”が見えたら終わり』は現在動画配信サービスの「U-NEXT」で配信されています。

初回登録につき31日分の無料お試し期間が付与されるため、期間中に動画をみて解約すれば一切料金をかけずに『ITイット”それ”が見えたら終わり』をフル視聴することができます!

尚、期間中であればイット以外の見放題動画をみても追加でお金がかからないのでかなりお得です。

気になる方はぜひ活用してみてくださいませ。

U-NEXT公式ホームページは下記から!

※『ITイット”それ”が見えたら終わり』フル動画視聴は登録時にもらえるポイント消費で可能※

まとめ

以上が『ITイット”それ”が見えたら終わり』でジョージー・デンブロウ役を務めたジャクソン・ロバート・スコットについてまとめでした。

いかがだったでしょうか。

まだまだ若いアクターですが、これから先いろいろな作品に出演することが予想されるので、ぜひ今のうちからチェックしてみてくださいね!

また、彼が出演している『プロディッジー』は結構面白いホラー映画だったので、お時間があったら見てみてくださいませ。

ではでは、映画をみるよー!という方も、そうではない方も、良い映画ライフをお過ごしください!

『スポンサーリンク』


スポンサーリンク