『ジョーカー』みる前に予習はしなくていい?バットマンシリーズで復習は必要かまとめ

スポンサーリンク


バッドマンの悪役として知られるジョーカーの誕生秘話を描いた映画『ジョーカー(JOKER)』。

予告をみて気になっているという方も多いのではないでしょうか。

なかでも、バットマンの敵としてジョーカーは知っているけど、バットマンシリーズはみてきていないという方はしり込みしているのでは……?

『スポンサーリンク』


本記事では、

・『ジョーカー(JOKER)』を観る前に予習は必要なのか

・ジョーカー一本で楽しめる映画なのか

以上について記載していきます。


目次

※本記事にネタバレはありません※

⇒ジョーカー出演作品タダで観るならU-NEXT

『ジョーカー(JOKER)』予告動画+あらすじ

とりあえず最初に予告動画とあらすじを載せます!

必要ないよ!という方は手間をかけて申し訳ないですがスクロールをお願いします!

予告動画

あらすじ

「どんなときでも笑顔で人々を楽しませない」

そんな母の言葉を胸に、大都会でアーサーは大道芸人として暮らしていた。

しかし、

コメディアンとして世界に笑顔を届けようとしていたアーサーは、やがてうちに秘めていた狂気を解き放つようになり__。

 

バッドマンの悪役として知られる「ジョーカー」誕生秘話が、この秋ついに公開される。

『ジョーカー(JOKER)』ジョーカーを観る前にバットマンシリーズを観ておいた方がいいの?

『スポンサーリンク』


今回公開された映画『ジョーカー』は、

バットマンの敵として有名なヴィラン、ピエロ姿の「ジョーカー」にスポットが当てられた作品。

「予告動画をみて本作に興味がわいたんだけど……ジョーカーって名前くらいしかしらないし、いきなり映画を見たらわけわからないんじゃ……?」

と、思っている方もいらっしゃるのではないでしょうか。

本作は確かにジョーカーの誕生秘話が描かれた映画ですが、一本で楽しめない作品ではありません。

もちろん、

バットマンシリーズを観てきた人にしかわからないシーンが起用されていたりもするので、シリーズを観てきた方のほうが楽しめるのは間違いないですが、本作からのシリーズ入りも可能です。

なので、「気になっているけどシリーズをみていないんだよなぁ、どうしよう……」と悩んでいる方は、ぜひ劇場へ足を運んで、映画をご自身で観てみてくださいませ!

ちなみに、今作を観る前に確認しておきたいシリーズ作品をタダ見したいんだが……

という方は、

動画配信サービスのU-NEXTで必要な作品を無料で視聴できるので確認してみてください。

U-NEXT公式ホームページは下記から!

⇒今すぐジョーカー出演作品を無料で観る!

※初回登録につき無料トライアル期間中に解約すれば一切料金はかかりません※

『ジョーカー』一本で楽しめる映画なの?

うっかり前述しちゃいました(;’∀’)

ジョーカーはこれ一本で楽しめます!

正直楽しむ楽しまないという次元の映画ではないので「楽しめます」と答えるのは間違いかもしれませんが、内容の理解は「ジョーカー」のみで十分できますし、本作からバットマンシリーズにはまることもできると思います。

もちろん、シリーズはみておくにこしたことはないので、時間があるのであれば、ジョーカーが出ている作品やバットマンシリーズは抑えるようにしてくださいませ。

また、どうしても見る時間がないという方は、

・バットマンの名前が「ブルース・ウェイン」であること

・ブルースの親の名前が「トーマス・ウェイン」であること

上記2つの情報は前情報として頭に入れておいてください!

この情報を知っているのとそうじゃないのとではちょっと理解に差が出てしまうので、名前だけ頭の隅にでも置いておいてくださいませ。

歴代ジョーカー役まとめはこちらから

ジョーカー出演作品を無料でみる方法

本作の主役でバットマンの敵ジョーカーは、

・『バットマン』

・『バットマン ビギンズ』

・『ダークナイト』

・『スーサイド・スクワッド』

4作品に出演しています。

ジョーカーが出演している作品を観たい!

という方は動画配信サービス「U-NEXT」で上記4作品を無料で観ることができるのでおすすめです。

また、本作『ジョーカー』を観る前にこれらの作品を見ておくとより『ジョーカー』を楽しめるのでぜひチェックしてみてくださいませ!

詳細は下記から!

⇒今すぐジョーカー出演作品を無料で観る!

U-NEXTは初回登録に限り31日間の無料お試し期間があります。

動画を見た上で31日間以内に解約すれば一切料金はかかりません。

※『スーサイド・スクワッド』は無料登録時にもらえるポイントの消費でタダで見ることができます※

※無料トライアル期間中に解約すれば一切料金はかかりません※

映画『ジョーカー』は面白いの?評判や感想について

面白い面白くないという次元の映画ではないので、面白いか否かはうまく書けないのですが、見に行って絶対に損はない映画だと個人的には感じました。

映画は終始、暗く重い感じで進みますが、どのようにしてジョーカーが誕生したのか誰にでもわかるように物語が進行、ジョーカーが誕生した瞬間もとてもわかりやすく、非常に共感できるヴィランとして丁寧に描かれた一本でした……。

こんなに同情し、共感できる悪役はいないというくらいかわいそうな生い立ちが描かれていたので、彼のあんまりな処遇に、もしかしたら涙を流す人もいるかもしれません。

また、ジョーカーは劇中、これまでの作品同様に殺人を犯しますが、これが悪だと思えないところも、製作者に脱帽です……。

「純粋に笑えるから殺す」「楽しいから」といったように、これまでの作品でのジョーカーの行いにはそこまで芯をついた理由がなかったように思えます(バットマンを陥れたいなどの動機は明確ですが……殺人に関してはいまいち不明なものもあり)。

しかし、本作でのジョーカーはなぜそのようなことをしてしまったのか理由が明確で、殺人によって転落していく様もきれいなくらいわかりやすく描写されます。

常に笑っていて内心何を考えているのかわからない彼の心の傷をのぞき見できる唯一の作品が本作なのではないでしょうか。

だらだらとあれこれ書いてしまいましたが、シリーズのファンであるのであれば、間違いなく見てほしい一本で、これからシリーズ入りする方にもおすすめできる映画だと個人として推せます。

もちろん感想は人によりけりなので、楽しめなかった、ささらなかった方はいらっしゃると思いますが……

私の中では今年のベスト10に入る映画だと断言できます。

あと、DCが原作の実写映画ですがアクションシーンは皆無です。

それなのにこれだけの衝撃を覚えるのは、演技力と脚本、演出の良さがあってでしょうね……。

気になっている方はぜひ、見てみてくださいませ。

ネタバレ記事はこちらから

みんなの感想レビューまとめ

私だけの意見だけだとよろしくないので、みなさんのご意見をツイッターから拝借させていただきました( ゚Д゚)

キャストは誰? 配役についてまとめ

『スポンサーリンク』


以下、主要キャストについて記載します!

アーサー:ホアキン・フェニックス

アーサーことジョーカーを演じるのはホアキン・フェニックス。

1974年生まれプエルトリコ出身の俳優で、代表的な出演作は『グラディエーター』、『誘う女』、『ザ・マスター』、『ウォーク・ザ・ライン』など。

キャリアが長く、かなり実績のある俳優さんです。

マーレイ:ロバート・デ・ニーロ

コメディテレビ番組の司会者「マレー」を演じるのはロバート・デ・ニーロ。

1943年アメリカ生まれの俳優さん。

代表出演作は『キング・オブ・コメディ』、『レイジング・ブル』、『ザ・ウェディング・パーティ』など。

その他キャスト

隣人ソフィー:ザジー・ビーツ

ビル・キャンプ

アーサーの母:フランセス・コンロイ

トーマス・ウェイン:ブレット・カレン

ブルース・ウェイン:ダンテ・ペレイラ=オルソン

グレン・フレシュラー

ダグラス・ホッジ

マーク・マロン

ジョシュ・パイス

シェー・ウィガム

豪華キャストが勢ぞろいしているので要チェック作品ですよ!

まとめ

以上が映画『ジョーカー』は一本で楽しめる映画なのか、予備知識は必要なのかについてまとめでした。

映画としては、ファンよだれ物の内容になっていたので、ぜひジョーカーが好きな方、バットマンシリーズを愛してきたファンの方はもちろん、これからバットマンシリーズにはまりたい方はぜひご自身で見に行ってみてくださいませ!

ではでは、映画を観るよー!という方も、いや、やっぱりやめておくという方も、良い映画ライフをお過ごしください。

『スポンサーリンク』


スポンサーリンク