実写映画キングダムにきょうかいは出てくる?原作の何巻までが映画化されたのかまとめ

子どもから大人まで多くの人に愛される大ヒットコミック『キングダム』。

実写映画も観に行くぞ!という人も多いのではないでしょうか。

 

本記事では、

・実写映画『キングダム』には羌瘣(きょうかい)は登場するのか

・原作のどこからどこまでが実写映画化されるのか

・予習は必要なのか

以上について記載していきます。


目次

『スポンサーリンク』


※記事内で多少の原作ネタバレがあるので注意※

『キングダム』予告動画+あらすじ

予告動画

あらすじ

紀元前245年、春秋戦国時代の中華西方の秦の国。

戦災孤児の少年である信と漂は、

天下の代将軍になることを目標に掲げ、日々鍛錬に励んでいた。

しかし、ある日、

王都の大臣・昌文に召し上げられた漂が王宮へ入ることになり、二人は別々の道を歩むことになって__

 

脚本は原作者「原泰久」が2年もの歳月をかけて手掛けたこともあり、完成度抜群のため注目の一作。

羌瘣(きょうかい)は出てくるのか?登場するキャラクターについて

『スポンサーリンク』


今作実写映画版『キングダム』は羌瘣が登場する前の話を描いた作品のため、羌瘣は登場しません

今作で登場するキャラクターは主人公の「信」をはじめ、

嬴政、楊端和、河了貂、成蟜、壁、バジオウ、朱凶、里典、タジフ、ランカイ、敦、昌文君、騰、ムタ、左慈、魏興、竭氏、肆氏、王騎と、多数登場します。

登場人物は多いですが、

大体原作通りなので、

原作を読んでいる人が映画を観て意味が分からなくなりパニックになることはないかと思います。

原作の何巻までが実写映画化されるの?

映画をまだ鑑賞していないので絶対こうだとはいいきれませんが……

予告を見る限りは、「奪還せよ」との触れ込みなので……

信たちが政の弟「成蟜」を倒して王都を取り戻すところまで描かれることは予想できます。

上記の通りだとすれば、

原作でいうと実写映画化されるのは「5巻」の途中まで

5巻の途中からはきょうかいが出てくるので、今回映画化されるのは彼女が出てくる前までだと思います。

大体は、王都を奪還してから信が歩兵になる!と意思表明するところまでで終了するのではないでしょうか。

終わり方に関してはまた映画を鑑賞してから記載するので、気になるわ!という方は19日の公開日後にこの記事を確認していただけたら嬉しい限り。

原作未読の方で、実写映画化されるところまで漫画を読みたい!というのであれば、5巻まで読めば予習は完璧のはずです。

原作の知識はなくても楽しめるよ!と鑑賞済みの方が言っているのをテレビでみたので、たぶん予習なしでも問題ないですが……

本当に、心の底からものすごーくおすすめの原作漫画なので、よければチェックしてみてください_(:3」∠)_

原作漫画リンク

原作をチェックしたい方は下記からよければどうぞ!


キングダム 1 (ヤングジャンプコミックスDIGITAL)

ちなみに、今回実写映画化される『キングダム』の主要なキャストは下記の通りになっています。

ご参考まで!

主人公「信」:山崎賢人

主人公の信を演じるのは山崎賢人さん。

イケメンなので絶対観に行くという人も多ければ、

イメージと違ってミスキャストという方もいらっしゃいますね!

嬴政・漂(後の始皇帝):吉沢亮

中華統一を熱い思いを胸に秘める漂役は吉沢亮さん。

こちらも整いすぎて無理だという人もいる様子。

政は美形なのであってるんじゃないのかなぁと個人的には思いますが、嫌な人は嫌なんだと思います。

楊端和:長澤まさみ

美しい山界の王「楊端和」を演じるのは長澤まさみさん。

めちゃくちゃきれいな女優さんなので納得しているファンも多いですがやはり賛否はわかれる様子

河了貂:橋本環奈

河了貂を演じる役者さんは「橋本環奈」さん。

上記3人同様に整いすぎていることから、

賛否はわかれています。

てんに関してはもうちょっと幼いイメージがありますね。

:本郷奏多


政の異母兄弟を演じるのは本郷奏多さん

いやいや、弟君はもっとこう……ものすごく目が細いので、きれいすぎる本郷さんはもしかしたらミスキャストかもしれませんね。

ただ本郷さんはめちゃくちゃ演技力があるので狂気じみた演技は必見……かな。

ハガレンではエンヴィーだったし、最近ちょっと驚かされる役が多いですね…

壁:満島真之介


政に忠誠を誓う武将は満島真之介さんが演じます。

このキャストについてはかなりわかる。

昌文君:高嶋政宏


政に忠誠を誓う側近昌文を演じるのは「高嶋政宏」さん。

騰:要潤


王騎の副官を演じるのは「要潤」さん。

王騎:大沢たかお

秦の六大将軍最後の1人王騎にキャスティングされたのは「大沢たかお」さん。

むむむ……そうなのかと思ってしまいましたが、キャスティングについては納得している方も多いですね。

まとめ

以上が実写映画版『キングダム』にきょうかいが出てくるのか、どこまで映画化されるのかについてまとめでした。

興行収入次第にはなると思いますが、王都奪還で終了するとは考えにくいので、続編に関しても実写映画化される可能性は高そうですね。

全体的に顔面偏差値が高い人が配役(キャスティング)されているので、目の保養で観に行くもよし、原作の再現率を確認しに行くもよし、単純に物語を楽しみに行くのも良しで、めちゃくちゃ期待できる作品です。

面白くなかったらどうしよう……いや、でも原作者の原さんも脚本に参加して、1年以上の構想を経て作られた作品とのことなのでおそらく傑作……のはず。

ではでは、映画をみるよという方も、そうではない方も、良い映画ライフをお過ごしくださいませ!

『スポンサーリンク』