『窮鼠はチーズの夢を見る』エロいの?感想や評判、口コミレビューまとめ

スポンサーリンク


水城せとなの人気漫画の実写映画『窮鼠はチーズの夢を見る』。

早くから注目されている作品なので、

映画を観たい!!という方も多いはず。

『スポンサーリンク』


本記事では、

・『窮鼠はチーズの夢を見る』感想・評判

以上について記載していきます。


目次

『窮鼠はチーズの夢を見る』はエロいの?性描写は含まれる?

『スポンサーリンク』


実際に映画を観てみましたが、性行為のシーンが長く描写されるので、人によってはエロいと感じる映画だと思います。

いやすみません、濁さず言いますが普通にエロいです汗

ただ、映画の内容が性描写を重視した映画というわけではないので、そればっかりというわけではありません。

エロ目的で見に行くととんだ肩透かしをくらう人もいると思うのでそのあたりは注意。

本作はがっつり性描写がある映画で、R15指定なので子どもはみちゃだめです。

個人的には高校生でも誰かと一緒にみると気まずい思いをするのではないかなと思います……。

腐っている者同士なら大丈夫だと思いますが、純粋に腐っていないジャニオタの子同士だとちょっとやばいかも。

一応予告以上のものがあると想定しつつ観に行ってみてください!

耐性がない方は身構えたほうがいいですよ!

みんなの感想・評判について

実際に映画を観た感想

原作を読んだ上で映画を観てきた次第ですが、コミックスとはちょっとばかし違うところが目立っていて賛否がわかれる映画かなと思いました。

個人的にかなりな原作ファンなので、キャラクターの心情がわかりにくかったり、好きだったセリフがなくなっていたり、増えていたりして混乱してしまったので、この映画は原作を読まずに見に行ったほうがいいのかもしれないと思ってしまいました。

映画化が決まった時点でおおはしゃぎして何度も読み返し、映画前にも読み返して予習ばっちりの状態で鑑賞してしまったので、どこがどう違うのかわかりまくって余計なところがすごく気になってしまいました。

やらかしましたよ本当に。。。期待ふくらましすぎました……いや、よかったんですけどね。思っていたのとは違いましたよ。

この原作、実は管理人が腐った最初の時期に出会った本だったのでかなり思い入れが深くて、どんなふうに映画化されるのかものすっごく楽しみだったんですよね……

大好きな「海辺のエトランゼ」みずにこっちみにいったのでド畜生ですわ。

来週二度目のギヴン見てからエトランゼかましますよ……

いやいやいや、個人的に脚本はちょっとと思うところがあったのはあったのですが、演技はみなさんとてもよかったです!

主演のお二人は終始きれいだし演技力がありすぎて吐きそうになったくらいですし( ゚Д゚)

あと、原作を読まずに見に行けばきっとおそらくかなり楽しめたのではないかなと思います。何年か前の私にいってやりたいですね……それを読むのは映画が公開されてからにしろと。無理ですけど/(^o^)\

原作を読んでいるとやっぱり違いが気になって集中できないという方もツイッター上では多くいらっしゃるので、初見さん向けなのかもしれません。

そもそも、映画の監督さんは原作を先に読まずに脚本ベースに映画を製作したそうなので、こういった違いが多く観られるのは当然だと思います。

ネタバレしませんが、ラストも原作とかなり違うということだけはいっておきますよ、ええ(;’∀’)

ホントこれどうなってんのって言いたくなるラストでした個人的には。

いや、いいんですよこれ単体ならとてもいいはずです。

ただコミックス信者は肩透かしかもというだけであって……それだけであるからして!

面白いし考えさせられる映画ですが合う合わないはぱっくりわかれると思います。

もちろん腐ってないと受け付けられないような描写もあるかもなので(もはや麻痺してて常人が無理な描写の判断がつきませんが)、予告みていけそうでも、腐ってない方はよく考えてから観に行ってみてくださいね!

純粋なジャニーズオタクの方は注意かもしれないです!

R15作品なので年齢の確認もお忘れなく!

ベロチュー以上が待ち構えてますからね! 気を付けてね!!

原作について

今回映画化された『窮鼠はチーズの夢を見る』は『NIGHTY Judy』に2004年から連載されていた水城せとなによる漫画がもとになっています。

映画化された内容は『窮鼠はチーズの夢を見る』『俎上の魚は二度跳ねる』がもとになっているので、映画を観る前に原作もチェックしたい方はぜひコミックスもお手に取ってみてください!


窮鼠はチーズの夢を見る (フラワーコミックスα)

『窮鼠はチーズの夢を見る』予告動画+あらすじ

予告動画

あらすじ

恋に溺れていく2人の男性を描いた水城せとなの人気漫画「窮鼠はチーズの夢を見る」「俎上の鯉は二度跳ねる」を、行定勲監督のメガホンにより実写映画化。主人公の大伴恭一役を「関ジャニ∞」の大倉忠義、恭一に思いを寄せる今ヶ瀬渉役を成田凌が演じる。優柔不断な性格から不倫を重ねてきた広告代理店勤務の大伴恭一の前に、卒業以来会う機会のなかった大学の後輩・今ヶ瀬渉が現れる。今ヶ瀬は妻から派遣された浮気調査員として、恭一の不倫を追っていた。不倫の事実を恭一に突きつけた今ヶ瀬は、その事実を隠す条件を提示する。それは「カラダと引き換えに」という耳を疑うものだった。恭一は当然のように拒絶するが、7年間一途に恭一を思い続けてきたという今ヶ瀬のペースに乗せられてしまう。そして、恭一は今ヶ瀬との2人の時間が次第に心地よくなっていく。

(引用元サイト様:映画.com

キャストは誰? 配役についてまとめ

『スポンサーリンク』


以下、主要キャストについて記載します!

大伴恭一:大倉忠義

今々瀬渉:成田凌

岡村たまき:吉田志織

夏生:さとうほなみ

大伴知佳子:咲妃みゆ

井出瑠璃子:小原徳子

まとめ

以上が『窮鼠はチーズの夢を見る』の感想・評判についてまとめでした。

いかがだったでしょうか。

少しでもお役に立てたということであれば幸いです。

本作は同名コミックスが原作になっているので、映画がよかった!という方はぜひコミックスもチェックしてみてくださいませ!

ではでは、映画をみるよー!という方も、いやぁ、やっぱやめておこうかなという方も、良い映画ライフをお過ごしください!

『スポンサーリンク』


スポンサーリンク