『ふたりの女王メアリーとエリザベス』公開日はいつ?いつまで公開されるのか公開期間についてまとめ

『ふたりの女王メアリーとエリザベス』の公開日が決定しました。

早くから注目されている作品なので、

ぜひ劇場へ足を運ぶぞ!という方も多いはず。

本記事では

・『ふたりの女王メアリーとエリザベス』の公開日

・いつまで公開されるのか

以上について記載していきます。


目次

『ふたりの女王メアリーとエリザベス』予告動画+あらすじ

予告動画

あらすじ

16歳でフランス王妃となったメアリーは、

フランス王フランソワ2世崩御により18歳で未亡人となった。

彼女は故郷スコットランドに帰国するが、

プロテスタント教徒の勢力が増していたことが原因で女性君主は神の意に反するとメアリーの帰郷は快く思われなかった。

そんなメアリーはイングランドを統治するエリザベスと王位継承権をめぐるライバル関係にあった。

二人はライバルでありつつも複雑な感情を抱きながらお互いに魅了されていき、男性社会の中孤軍奮闘する女性として切磋琢磨しあう関係になりつつあった__

『ふたりの女王メアリーとエリザベス』公開はいつまで?

『スポンサーリンク』


『ふたりの女王メアリーとエリザベス』の公開日は2019年3月15日

あまりヒットしなかった映画でも1か月は公開されるため、少なく見積もっても4月15日までは公開されるはずです。

また、『ふたりの女王メアリーとエリザベス』は、シアーシャ・ローナンやマーゴット・ロビーがダブル主演ということもあり注目度は低くありません。

公開が伸びた場合は、4月下旬~5月上旬ほどまで公開される可能性もあると思います。

ちなみに、通常の映画は打ち切りになるもので2週間ほど上映が終了しますが、打ち切られなければ一か月弱~2か月ほどで上映が終了となります。

ロングランの場合はまた別の話になるので、長期間ヒットした場合は別途追記していきますね!

※あくまで目安になるため、絶対ではありません※

また、公開終了日についてはみなさんが暮らしている地域にもよるので、どこの映画館で鑑賞をしようとしているのか確認し、その映画館のホームページを観て公開予定を確認するのが確実ではあります。

目安としては、公開されている映画が一日に何回放映されているか見て、一日に1回しか放映されていない場合は公開終了日が迫っていると考えてよいでしょう。

逆に、1日に放映回数が多い場合はまだ公開期間に幅があると思っていいと思います。

大抵の映画館のホームページには公開終了日が迫っている作品については注意書きや、公開終了間近といった書き方がされているはずなのでその注意書きを確認してもいいと思います。

まとめ

以下、本記事のまとめになります。

・『ふたりの女王メアリーとエリザベス』公開日は2019年3月15日

・『ふたりの女王メアリーとエリザベス』公開は4月15日までは確実で、長ければ5月上旬や下旬まで

公開がいつまでかについては映画館にもよるため、各々鑑賞しようと思っている映画館のホームページをみるのが確実

(本記事の画像引用元:https://eiga.com/movie/90285/gallery/)

『スポンサーリンク』