離席厳禁!『モービウス』エンドクレジット後の映像が熱すぎる!絶対に見逃せないポストクレジットシーンについて解説

スポンサーリンク


イモムシ スタンプ・絵文字一覧 | LINE STORE
https://store.line.me/stickershop/author/3011525

ソニーマーベルユニバースの3作目として公開される『モービウス』。

マーベル、また、ヴェノム2の続編ともあって早くから注目されている作品なので、

映画を観たい!!という方も多いはず。

『スポンサーリンク』


本記事では、

・『モービウス』の熱すぎたエンドクレジット映像

以上について解説していきます。


目次

『モービウス』はエンドクレジット後におまけ映像あり!

SSU作品はMCU作品同様にエンドクレジット後にポストクレジットシーンが2つ挿入されます!

そのため、映画本編が終了したからといって離席してしまうと、ポストクレジットシーンを見逃してしまう恐れがあるので、そのあたりは注意してくださいませ…!

本編が終わってから比較的早い段階でポスクレの1つ目が流れるので離席することはないと思いますが、ポストクレジットシーンは2つあります。

今後MCUやSSUを観るにあたってかなり重要な映像が流れるので、ぜひどちらのポストクレジットシーンも見逃さないようになさってください…。

せっかく映画をみにきているのに見逃しちゃうのはもったいないです!

ポストクレジットシーンの解説

この段落ではポストクレジットシーンの解説をネタバレありでしていきます。

ネタバレを踏みたくない方はすぐにブラウザを閉じて自衛に務めてください!

ポストクレジットシーンの内容について

映画『モービウス』は本編終了後、ミニクレジット後にポストクレジットシーンが挿入されます。

モービウスのポスクレは2つあり、1つ目はスパイダーマンの宿敵である「ヴァルチャー」の中の人こと「エイドリアントゥームス」がほかの平行世界(マルチバース)からやってきたという体で無人の拘置所に突如現れるという内容。

そして2つ目のポストクレジットシーンはエイドリアントゥームスがスーツをきた状態で颯爽とモービウスとの待ち合わせの場所に現れ、彼と手を組もうと持ち掛けるといった内容になっています。

ヴァルチャーが登場する大切なポストクレジットシーンが2つあるので絶対に見逃さないようにしてくださいませ!

また、ヴァルチャーについての解説はこちらの記事に記載しておりますのであわせてチェックされたい方はどうぞ!

『モービウス』予告動画+あらすじ

予告動画

あらすじ

スパイダーマンの敵役として登場するマーベルコミックのキャラクター、モービウスを実写映画化。血に飢えたバンパイアと人々の命を救う医師という2つの顔を持つ主人公マイケル・モービウスを、オスカー俳優のジャレッド・レトが演じる。天才医師のマイケル・モービウスは、幼いころから血液の難病を患っている。同じ病に苦しみ、同じ病棟で兄弟のように育った親友のマイロのためにも、一日も早く治療法を確立したいマイケルは、コウモリの血清を投与するという危険な治療法を自らの肉体を実験台にして試す。その結果、マイケルの肉体は激変し、超人的なスピードや飛行能力、周囲の状況を察知するレーダー能力が身につくが、代償として血に対する渇望に苦しむこととなる。自らをコントロールするために人工血液を飲み、薄れゆく人間としての意識を保つマイケル。そんな彼に対し、マイロも生きるためにその血清を投与してほしいという。同じころ、ニューヨークの街では次々と全身の血が抜かれるという殺人事件が頻発する。マイロ役はテレビシリーズ「ザ・クラウン」や映画「ラストナイト・イン・ソーホー」のマット・スミス。「デンジャラス・ラン」「ライフ」のダニエル・エスピノーサ監督がメガホンを取った。(引用元サイト様:映画.com

キャストは誰? 配役についてまとめ

『スポンサーリンク』


以下、主要キャストについて記載します!

マイケル・モービウス:ジャレッド・レト

主役のモービウスを演じるのは、スーサイドスクワッドでジョーカーを演じていた「ジャレッド・レト」

マット・スミス

ドクターフーのマット・スミスも出演します。

アドリア・アルホナ

ジャレッド・ハリス

マイケル・キートン

MCUでヴァルチャーを演じていたマイケルキートンが予告ラストで登場したこともあり、MCUとソニーピクチャーズが組み始めた?という噂も流れ始めていますね。

逆にマイケル・キートンがヴァルチャーじゃなかったらある意味騙されてちがう面白さにつながりそうでもありますが!

途中出てきたスパイディのポスターにあった殺人者を意味する言葉はファーフロムホームでのことを意味しているのかもしれませんし、公開が楽しみでなりません!

SMUである『モービウス』、MCU、サムライミ作品ともつながりが……?

2020年に公開される『モービウス』は『ヴェノム』を製作したソニー・ピクチャーズが製作したSMU(ソニー・マーベル・ユニバース)第2作。

本編公開がまだなので何とも言えないところではありますが、予告編に登場しているスパイディのポスターはサム・ライミバージョンのスパイディで、さらに、そのポスターには「Murderer=殺人者」の単語が書きなぐられています。

『モービウス』の世界ではスパイダーマンは殺人者=悪として認識されている可能性が高いですが、この殺人を意味しているのはもしかしたら『スパイダーマンファーフロムホーム』での出来事を指しているのかもしれません。

仮にそうであるとすれば、サムライミ監督作品、SMU、MCUがすべて同一の世界で起こったことであると仮定できるので話がますますひろがっていく予感がします……!

さらに、予告ラストに登場したマイケル・キートンはMCU作品の『スパイダーマンホームカミング』にバルチャーとして登場したヴィランを演じた俳優。

スパイダーマン上でバルチャーといえばメインヴィランとして有名なキャラクターなので、もしMCUとのつながり(ホームカミングとつながっている)のであればさらに面白くなってきそうですね……

まとめ

以上がマーベル映画『モービウス』のおまけ映像についてまとめでした。

いかがだったでしょうか。

少しでも皆様のお役に立てる情報を発信できていたら幸いです…!

モービウスは2020年に公開されるはずの映画だったのですが某ウイルスによって延期が続き、2年も伸びてしまいましたね…

待った分だけ面白いというのは全くその通りで、実際に映画を観てみるとかなり面白かったです。

ぜひマーベルファンの方も、初見さんも、ご覧になっていただきたい一押し作品です。

気になっていてしり込みされている方も、ぜひ映画館へどうぞ…!

ではでは、映画をみるよー!という方も、いやぁやっぱりやめておくよという方も、良い映画ライフをお過ごしくださいませ。

スポンサーリンク