ネタバレ『移動都市モータルエンジン』結末や黒幕、物語のあらすじ流れをまとめてみた

クリスチャン・リヴァース監督によって製作されたSF映画移動都市モータルエンジン

本記事では

・移動都市モータルエンジンの物語のあらすじ

・物語の黒幕

・結末

・それまでの経緯

・主要な登場人物

以上について記載していきたいと思います。

『スポンサーリンク』


※ネタバレの記事になります※

目次

『移動都市モータルエンジン』予告動画+あらすじ

予告動画

あらすじ

文明を荒廃させた最終戦争から数百年後の世界。

生き残った人類は地を這う移動型都市で暮らすことを選択したが、地上には都市同士が捕食しあう弱肉強食の世界が広がっていた。

地上を支配しているのは巨大移動都市ロンドン__

ロンドンは捕食した小規模都市の資源を再利用し、捕まえた他の都市の人間を奴隷化することで成長し続けている。

誰も止められないと思われるロンドンに、怒りに満ちた一人の少女が反撃の一歩を踏み出す__

移動都市モータルエンジン結末

『スポンサーリンク』


主人公であるヘスター・ショウは、

仲間たちの力を借りながら、

地上世界を支配し、かつ、移動都市での生活を選ばなかった楯の壁の世界の人々に戦争を挑んだロンドンを破壊、戦争兵器であるメドゥーサを壊すことに成功します。

ロンドン都市の人間たちは楯の壁の人たちと和解し、新しい生活へ一歩を踏みだしました。

主人公「ヘスター」と、彼女に力を貸したトムは、アナから受け継いだ飛行船「ジェニー・ハニヴァー」号に乗り、風の赴くままに旅を続けるといったところで物語はハッピーエンド。

ちょっと駆け足ではありましたが、まとまりのあるハラハラドキドキさせられる良作でした。

映画『移動都市モータルエンジン』の黒幕について

映画『移動都市モータルエンジン』の黒幕はヒューゴ・ウィーヴィング演じる「サディアス・ヴァレンタイン」

権威を手に入れるためなら大勢の死も利用するという非道な心を持った男「ヴァレンタイン」は、市長すらあざむき、新エネルギーの開発と称して秘密裏に量子兵器であり、古代の戦争の引き金となった最強兵器「メドゥーサ」の再開発を進め、よみがえらせました。

メドゥーサを手に入れたヴァレンタインは用済みとなった市長を殺害、楯の壁に囲まれた街「シャングオ」に総攻撃を仕掛けるのでした。

わかりやすい結末の詳細まとめ

シャングオに進撃を開始した移動都市「ロンドン」。

ヘスターたちはこの進撃を察知し、先駆けて攻撃をしかけますがメドゥーサの襲撃を受けてシャングオは一瞬で火の海へと化しました。

街が炎に包まれる中、ヘスターは母の形見である瞳の形をしたペンダントの中にメドゥーサを破壊できる唯一の装置「クラッシュ・ドライブ」を発見

アナ率いる反移動都市同盟の仲間とともに敵地ロンドンへ乗り込みます。

多くの仲間をなくしながらヘスターとアナはメドゥーサを起動させている大聖堂に到着。

アナがヴァレンタインと戦闘し、足止めをしている間にヘスターはメドゥーサにクラッシュ・ドライブを接続、楯の壁を破壊する間一髪のところでメドゥーサ破壊に成功します。

アナはヴァレンタインとの戦いで殺されますが、逃げようとして飛行船へ乗り込んだヴァレンタインをヘスターが迎え撃ち、トムの力を借りて撃墜。

飛行船が墜落後生きていたヴァレンタインでしたが、自らが作り上げようとしていた移動都市「ロンドン」に轢き殺されて死亡します。

残されたロンドン市民は、征服しようとしていたシャングオの人々に暖かく迎え入れられ、感謝するのでした。

主要な登場人物(キャスト)とその顛末

『スポンサーリンク』


以下、主要な登場人物とキャストについて簡単にまとめていきます。

死んだか生き残ったか、登場人物の関係性も詳しく記載しているので気になっている方はご参考まで。

ヘスター・ショウ(ヘラ・ヒルマー)

本作『移動都市モータルエンジン』の主人公の少女「ヘスター・ショウ」。

ヘスターを演じた女優はヘラ・ヒルマー

アイスランド出身の女優さんで、『殺意の誓約』で二度目のアイスランド・アカデミー賞を受賞した実力派。

他、『アンナ・カレーニナ』、『フィフス・エステート』などに出演しています。

ヘラ・ヒルマーが演じたヘスターは、黒幕であるヴァレンタインに母パンドラを殺され、復習に燃える少女。

母を亡くしてからは人造人間であるシュライクに育てられ、1度はシュライクと同じ人造人間になることを約束します。

しかし、約束をして間もなく、母の仇であるヴァレンタインが乗るロンドンの進行を知り、約束を反故にしてロンドンへ乗り込んでしまいます。

そのため、シュライクからは恨まれ、追われることに。

また、母パンドラはヴァレンタインと恋仲にあり、ヴァレンタインはへスターの父。

ヘスターを演じたヘラ・ヒルマーについての詳細はこちらからどうぞ!

トム・ナッツワーシー(ロバート・シーアン)

へスターと行動を共にするようになる青年トムを演じたのはロバート・シーアン

アイルランド出身の俳優で「song for a reggy boy」で俳優デビューを果たしたロバート。

彼はテレビドラマシリーズ「ミスフィッツ 俺たちエスパー!」で雷に打たれて不死身となったネイサンを演じて英国のアカデミー賞を受賞し、脚光を浴びました。

モータルエンジンの公開年に近い作品だと「ジオストーム」への出演が有名。

そんなロバートが演じたトムは、移動都市ロンドンで生まれ育った外の世界を知らない歴史家見習いの青年。

典型的なロンドンの若者として人生を送ってきた彼は、へスターと運命的な出会いをして組織への信頼を打ち砕かれ、彼女と行動を共にします。

映画ラストではへスターとともに空の旅へと出発を果たします。

アナ・ファン(ジへ)

反移動都市同盟の中心人物アナ・ファンを演じたのはジへ

ジへは女優の他にモデルや歌手など幅広く活躍する女性。

映画への出演は今作が初めて。

ジへが演じたアナは反移動都市同盟の中心人物であり、へスターに力を貸す重要な女性ヒーロー。

サウジーに捕まったへスターたちを救い出し、へスターを連れて敵地ロンドンに乗り込みます。

彼女自身はヴァレンタインとの戦いで死んでしまいますが、メドゥーサ破壊へ大きく貢献を果たしました。

ジへの活動や詳細についてこちらから

サディアス・ヴァレンタイン(ヒューゴ・ウィーヴィング)

本作の悪役を演じたのはヒューゴ・ウィーヴィング。

映画や舞台、テレビ作品シリーズで幅広く活躍する俳優さん。

主な代表作は『マトリックス』三部作でのエージェント・スミス役、『ホビット』への出演。

ヒューゴが演じたヴァレンタインはへスターの母を殺し、へスターの顔に傷を付けた人物であり、ロンドンの考古学者。

野心家であり、パンドラがメドゥーサを見つけたことで彼女を殺して奪い取った最低野郎。

実はへスターの父。

メドゥーサ復活後は世界征服を目論んで楯の壁の静止都市シャングオに進撃。

へスターたちとの戦いに敗れ戦死します。

腹の底を知られて娘から見放され、孤独に死んでいくことに。

復活者シュライク(スティーブン・ラング)

へスターの育ての親シュライクを演じたのはスティーブン・ラング

舞台や映画、テレビ作品で活躍を続ける役者さん。

映画作品で有名なものは『アバター』でマイルズ・クオリッチを演じたのが有名。

本作同様に特殊メイクでラング自体の表情がわかりにくい役としてはホラー映画『ドントブリーズ』で元陸軍である盲目の老人が特に有名です。

ラングが演じたシュライクは人造人間であり、人であった頃の記憶がないものの、心に訴えかける何かをもつ不思議なキャラクター。

へスターの育ての親であり、へスターと共に人造人間として生きていきたいと思っていたのかへスターを改造するために彼女と約束をしていました。

この約束を反故にされたことから、へスターを殺すために追いかけてきますが、途中へスターがトムを大切な人間として守ろうとしていることを知り、彼女を殺すことを断念。

アナとの交戦で負った傷で壊れてしまいましたが、機能を停止させる瞬間、へスターとの思い出や、自分の子供との記憶を蘇らせ、人造人間でも人の気持ちを理解できるのだと、観客の心を強く打ちました。

キャサリン・ヴァレンタイン(レイラ・ジョージ)

サディアス・ヴァレンタインの娘キャサリンを演じたのはレイラ・ジョージ

オーストラリア出身の女優さんで、両親はヴィンセント・ドノフリオ、グレタ・スカッキと、どちらも俳優。

シドニーの映画学校に入学した後、ニューヨークで2年間劇場について研究。

その後ロサンゼルスに拠点を移して本作への出演を果たしました。

ほんなレイラが演じたキャサリンは探究心あふれる可憐な令嬢。

ロンドンの上流階層に属し、恵まれた生活を送っていましたが、トムが父によって外の世界に落とされたことを機に父を疑い、真相にたどり着く人物。

父と決別した後にトムの指示の元、楯の壁に追突しようとしていたロンドンを止めるために尽力。

ロンドンをとめた後にロンドン市民を率いて楯の壁の静止都市であるシャングオに亡命しました。

キャサリンを演じた女優さんについてはこちらからどうぞ!

『移動都市モータルエンジン』メイキング映像配信サイト

現在、U-NEXT独占で『移動都市モータルエンジン』のメイキング映像が配信されています。

他では配信されていない特別な映像なので、作品についてもっと詳しく知りたい方はぜひ下記からご覧ください!


U-NEXTでは31日間無料トライアル期間があるので、31日以内に動画をみて解約すればお金は一切かかりません

また、登録すれば600円分のポイントをもらえるので最新作もそのポイントを消費すれば観られます。

見放題作品はただでいくらでも見られるので非常にお得。

お試しするだけでも良いかと思います。

本作を作った製作者「ピータージャクソン」過去作品も配信されているのでよければ!

メイキング映像については2019年3月31日までの配信予定です。

まとめ

以上が映画『移動都市モータルエンジン』に関してのまるっとネタバレでした。

いかがだったでしょうか。

公開前になぜか上映映画館が縮小された作品ですがかなり面白かったのでよければみてみてくださいね!

ではでは、劇場へ行くよという方も、DVDレンタルを待つよという方も良い映画ライフをお過ごしくださいませ!

『スポンサーリンク』