小栗旬主演『人間失格』は年齢制限がある?対象年齢についてまとめ

小栗旬が主演ということに加え、宮沢りえ、沢尻エリカ、二階堂ふみが出演することから早くから注目されている作品『人間失格 太宰治と3人の女たち』。

早くから注目を集めている作品のため、映画館に観に行きたい!という方も多いはず。

本記事では、

・『人間失格 太宰治と3人の女たち』には年齢制限があるのか

・対象年齢はどのくらいなのか

以上について記載していきます。

スポンサーリンク


※以下は管理人個人が調べた結果なので絶対の情報ではありません※


目次

公開日についてはこちらからどうぞ!

『人間失格』予告動画+あらすじ

予告動画

あらすじ

スター作家、太宰治。

身重の妻「美知子」とふたりの子供がいながら、恋のうわさが絶えず、さらには自殺未遂を繰り返し、彼は日本中を騒がせていた。

作家志望の静子と、未亡人の富栄。

ふたりの愛人と正妻をめぐり、新たなスキャンダルが幕を開けようとしていた__。

人気作家「太宰治」と彼に恋をした3人の恋模様を描いた作品。

禁断の恋。やばい実話。ついに実写映画化!

※あらすじは公式ホームページ様の引用になります※
※(公式:http://ningenshikkaku-movie.com/)※

年齢制限はあるの?

スポンサーリンク


『人間失格 太宰治と3人の女』には年齢制限があります

(画像引用元:https://eiga.com/movie/90335/gallery/2/)

上記は公式の宣伝ポスターで、左下に年齢制限の表記があります。

R15と記載があるので、15歳未満は鑑賞できないようになっています。

15歳からは鑑賞して問題ないので年齢を確認してから劇場へ足を運んでいただければと思います。

残念ながらどんなに本作が好き、または観たいお子さんでも、R指定がついているので15歳になっていない限りは映画館で『人間失格』は見られません。

もし本当に観たいのであれば15歳になるのを待つか、R指定承知の上で親や15歳以上の方にDVDレンタルをしてもらってください。

※15歳未満のお子さんが鑑賞する場合は自己責任でお願いします※

実際映画館で年齢確認をされることはかなり少ないので、15歳以上に見える子はみることができるかと思いますが、性的描写や残忍な描写があると予想されるため、あくまで自己責任でご観覧くださいまし。

残酷なシーンはある?

『人間失格 太宰治と3人の女』は太宰治を中心に描かれた作品。

ホラー映画ではないため流血描写はなさそうです

ただ、特報を見る限りはある程度の性的な描写があると思います

R15指定の作品なので、年齢制限がない映画と比べてしまうとあからさまな描写があることは予想できます。

具体的な描写についてはブログ記事にするのはNGなので書けませんが、15歳未満の子どもはみられないのであしからず汗

子供でも観られる?

スポンサーリンク


定義として『人間失格 太宰治と3人の女』は15歳未満の小さいお子さんは鑑賞できません。

ドラッグ関係や流血描写がないにしても性的な描写はあるため、自分の子供に見せるのが早いとか、悪影響があるかなと思う人はつれていかない方がいいです。

ただ、映画館では15歳未満か否かについて明らかに下回っていると判断されない限り年齢確認はされないことが多いので、観たいと思っているのであれば劇場へ足を運んでみてもいいとは思います……

15歳未満の子どもが一人で鑑賞するのはいかがかとは思いますが……絶対みたい!という子は高校生以上に見えるような格好で映画館へ足を運んでみてはどうでしょうか。

※15歳未満のお子さんの鑑賞は原則できないので、鑑賞する場合は自己責任でお願いします

チケット買って年齢確認されて入れなかったとしても自己責任で※

対象年齢はどのくらい?

実際に映画を観てから詳しくリライトしますが、

R指定の件もあり、高校生以上が対象ではないかと思います。

特報を見る限りは大人の映画なので、おそらくこどもには早いでしょう……汗

R15指定がついているので年齢が満たない小さい子はもちろん劇場では見られません。

家でみるということであれば対象年齢はフリーです。

さすがに家で見るにしても幼稚園児とか、小さすぎるお子さんには見せない方がいいとは思います。

変なトラウマになる可能性があるので……。

まとめ

以上が『人間失格』は年齢制限があるのか、対象年齢はどのくらいかについてまとめでした。

R15指定なので15歳未満のお子さんは連れていけませんが、観たいといっている小さいお子さんがいる場合、DVDレンタルをまつしかないと思います汗

小さいお子さんと鑑賞するときはR指定作品ということもあり、ある程度の描写があるので注意してください。

スポンサーリンク