ロッキーシリーズを一挙おさらい!クリード2を見る前に前作までのあらすじをネタバレ予習

ロッキーシリーズ最新作『クリード炎の宿敵』。

2019年1月11日に公開されることもあり、前作までの作品を復習しておきたい!という方も多いのではないでしょうか。

本記事では

・ロッキーシリーズのあらすじ(ネタバレ)おさらい

・必要な予備知識まとめ

以上について記載していきます。

『スポンサーリンク』


※ネタバレありのため注意※

!公開日についてはこちらから!

ロッキーシリーズ無料でみるなら

U-NEXT


目次

『クリード炎の宿敵』予告動画+あらすじ

はじめに、最新作の予告動画とあらすじを記載。

予告動画

あらすじ

『ロッキー4/炎の友情』でロッキーの最大のライバルにして親友のアポロは、ロシアの王者イワン・ドラゴと対戦した。

壮絶なファイトの末、アポロはそのまま帰らぬ人に。

月日は流れ、あの日戦ったボクサーの息子同士がリングに上がる。

全世界待望『ロッキー4/炎の友情』を受け継ぐ、息子同士の宿命の戦いがついに幕を上げる!

『クリード炎の宿敵』だけ見ても楽しめる?

実際に映画を観てみましたが、前作までの内容、主に『ロッキー4炎の友情』、『クリードチャンプを継ぐ男』を踏まえての作品のため、

今作を見るにあたってロッキーシリーズの4作目と、前作『クリード/チャンプを継ぐ男』は観ておいた方が良いです。

ロッキーシリーズは今作を合わさず、前作のスピンオフも合わせて全部で6作品あります。

全部見ておかないと本作を全く理解できないということはないですが、

今作に出てくる登場人物は『ロッキー4/炎の友情』、『クリードチャンプを継ぐ男』に登場する人物が主に出てきます

登場人物の説明については知らなくても大体劇中で説明はありますが、さらっと流れていくので予備知識0で今作を観に行くと考えている途中でよくわからなくなる可能性もあります。

また、ストーリーも先に挙げた2作品を踏まえての物語になっているので

少なくとも『ロッキー4/炎の友情』と前作『クリードチャンプを継ぐ男』はみておいた方が本作を楽しめることは間違いないです。

今作を劇場へ観に行く方は『ロッキー4』、『クリードチャンプを継ぐ男』を見ておくに越したことはないでしょう。

『ロッキー4』、『クリードチャンプを継ぐ男』は、

無料トライアル中に解約することでお金がかからずに動画を視聴できる「U-NEXT」で見ることができるので、おすすめです。

詳細は下記↓

実際に映画を観てみましたが、前作までの内容、主に『ロッキー4炎の友情』、『クリードチャンプを継ぐ男』を踏まえての作品のため、

今作を見るにあたってロッキーシリーズの4作目と、前作『クリード/チャンプを継ぐ男』は観ておいた方が良いです。

ロッキーシリーズは今作を合わさず、前作のスピンオフも合わせて全部で6作品あります。

全部見ておかないと本作を全く理解できないということはないですが、

今作に出てくる登場人物は『ロッキー4/炎の友情』、『クリードチャンプを継ぐ男』に登場する人物が主に出てきます

登場人物の説明については知らなくても大体劇中で説明はありますが、さらっと流れていくので予備知識0で今作を観に行くと考えている途中でよくわからなくなる可能性もあります。

また、ストーリーも先に挙げた2作品を踏まえての物語になっているので

少なくとも『ロッキー4/炎の友情』と前作『クリードチャンプを継ぐ男』はみておいた方が本作を楽しめることは間違いないです。

今作を劇場へ観に行く方は『ロッキー4』、『クリードチャンプを継ぐ男』を見ておくに越したことはないでしょう。

『ロッキー4』、『クリードチャンプを継ぐ男』は、

無料トライアル中に解約することでお金がかからずに動画を視聴できる「U-NEXT」で見ることができるので、おすすめです。

詳細は下記↓

『クリードチャンプを継ぐ男』は無料登録後にもらえるポイントで無料視聴可能です。

U-NEXTでは

・『ロッキー』

・『ロッキー2』

・『ロッキー3』

・『ロッキー4/炎の友情』

・『ロッキー5/最後のドラマ』

・『ロッキー・ザ・ファイナル』はポイントを使わず視聴可能のため、クリード/チャンプを継ぐ男を合わせて無料で視聴できます!

ロッキーシリーズをあらすじ(ネタバレ)おさらい

ロッキーシリーズは今作『クリード/炎の宿敵』を合わせると全部で8作品

本記事ではスピンオフ作品の『クリード/チャンプを継ぐ男』のネタバレも記載します。

『ロッキー』ネタバレ

フィラデルフィアで暮らす三流ボクサー「ロッキー・バルボア」は、

ボクシングだけでは生活できず、高利貸しの請負をしながらぎりぎりの生活をする底辺な暮らしをしていた。

ボクシングジムのトレーナーであるミッキーからも愛想をつかされ、ジムを追い出されてしまったロッキー。

自堕落な生活をおくり続けるロッキーだったが、

ペットショップで働くエイドリアンに恋心を抱いており、人見知りなエイドリアンとロッキーは、エイドリアンの兄ポールの協力もあり徐々に距離を縮め、お互いなくてはならない存在になっていった。

そんなある日、

世界ヘビー級タイトルマッチで世界チャンピオンであるアポロの対戦相手が負傷し、彼は話題性を集めようと「まったくの無名選手と戦うのはどうだ」と提案。

「イタリアの種馬」というユニークな愛称を持っているという理由でロッキーを抜擢する。

ロッキーは一度は断るものの、またとないチャンスに申し出を承諾。

ミッキーをトレーナーに、エイドリアンと、彼女の兄ポールの力を借りて試合に臨んだ。

ロッキーが圧倒的に劣勢の中、ゴングが鳴るが、最初にダウンを取ったのはロッキーだった。

予想外の展開に会場が沸き立ち、激しい攻防が続く。

幾度となく倒れこむロッキーだったが、何度も立ち上がり果敢に攻め込み、アポロをよろめかせるほどの猛攻撃を繰り返したが、最後のゴングが鳴り、勝敗は判定にもつれ込んだ。

僅差でアポロが勝つものの、無名だったロッキーは大きな注目を浴びることとなった。

重要事項:アポロとの戦いには敗れるも、ロッキーは注目を浴びることになった。

ロッキー2

アポロ・クリードとロッキー・バルボアのプロボクシング世界ヘビー級タイトルマッチは、アポロがかろうじて王座を死守。

しかし、世間は無名選手ロッキーへ注目し、アポロは完全勝利をすべくロッキーへ再戦の申し出をした。

対するロッキーは、ボクシングの世界から身を引いてエイドリアンと結婚し、彼女と新居で幸せな生活をおくっていたため、アポロの申し出にこたえるつもりはなかった。

そんな中、エイドリアンの妊娠が判明し、新生活のためにロッキーはCM撮影に臨んだが、不器用なロッキーはセリフをうまく読めずに失敗してしまう。

ギャラが入らず、お金に困ったロッキーはアポロのバッシング同然の申し出アピールをミッキーとともに受け入れ、トレーニングを開始。

一方、英ドル案はロッキーに危ないボクシングは二度としてほしくないと思っており、過労と心労から余病を併発した状態で出産、こん睡状態になってしまう。

必至の看病からエイドリアンは覚醒するが、ボクシングをやめてもいいといったロッキーに対し、エイドリアンは勝ってと一言告げる。

エイドリアンの言葉に奮闘したロッキーは猛トレーニングをして万全の状態でリングに立った。

再試合のリングに立ったロッキーは前回以上の力をつけたアポロに猛攻撃されるが、ロッキーも必死に反撃し、勝利。

ロッキーは新チャンピオンになることができた。

重要事項:アポロとの戦いに勝利したロッキーは新チャンピオンになった

ロッキー3

アポロとのリターンマッチに勝利したロッキー。

その後ロッキーはプロボクシング世界ヘビー級チャンピオンとして快進撃を続け、10度も防衛線に成功した。

国民的人気を得たロッキーは、新聞やCMに出演し、私生活でも巨万の富を得てエイドリアンと息子とともに豪邸で何不自由ない暮らしをしていた。

ロッキーは現役引退を発表するが、世界ランキング1位のクラバー・ラングは、ロッキーに対して「ロッキーは弱い相手としか戦っていない、世界1位の俺と戦え」と挑発。

激昂したロッキーはクラバーの挑戦を受けようとするが、トレーナーであるミッキーはロッキーに勝ち目はないと言い、挑戦を受けるのであればトレーナーを降りるといった。

渋るミッキーを説得し、現役最後の試合としてクラバー戦に臨んだロッキーだったが、試合直前にミッキーは心臓発作を起こし、重体になってしまう。

ロッキーはミッキーが倒れたことでミッキーのアドバイスを実践できず、クラバーの攻撃にわずか2ラウンドでKOされ、ミッキーも息を引き取ってしまった。

どん底に叩き落されたロッキーのもとに、かつての宿敵であるアポロが現れ、アポロはロッキーのトレーナーを買って出た。

アポロはロッキーとエイドリアンたちを自分の故郷カリフォルニアに連れていき、ロッキーの精神とボクシングスタイルの改造に取り組み始める。

練習に身が入らないロッキーだったが、エイドリアンの激励に奮起し、ハードトレーニングの末に闘争心を取り戻した。

強くなったロッキーはクラバーとのリターンマッチを行い、壮絶な打ち合いの末にクラバーをKO、チャンピオンへと返り咲いた。

ロッキーがチャンピオンへと返り咲くことになった試合後、誰もいないジムの中、ロッキーとアポロは誰も観客のいないリングの上でリターンマッチを始めた。

重要事項:アポロがロッキーのトレーナーになり、ラストではロッキーと戦う

ロッキーはクラバーとの戦いに勝利し、チャンピオンに返り咲く

ロッキー4/炎の友情

チャンピオンへと返り咲いたロッキーは、家族や友人に囲まれながら幸せな生活をおくっていた。

そんなある日、アマチュアボクシングヘビー級王者イワン・ドラゴが訪米する。

ロッキーとの対戦希望を表明するドラゴに対し、

「引退して時間がたったが戦士として自分は変えられないんだ」と語ったアポロがロッキーに変わってドラゴとの対戦を受けることになった。

アポロとドラゴの対戦はラスベガスで開催され、ロッキーはセコンドについて観戦することになる。

ドラゴはアポロが華やかな演出で現れる中、ブーイングを受け完全アウェイで対戦を受けることになった。

しかし試合が始まると、ドラゴは余裕の表情で翻弄してくるアポロに反撃、強烈なパンチをアポロへ浴びせ、アポロは打ちのめされていく。

ドラゴがアポロを本気でつぶしにかかっていることに気づいたロッキーは試合を止めようとするが、アポロはそれを拒否。

あきらめずに立ち向かうアポロだったが、ドラゴの強打を浴び続け、アポロはリングに倒れる。

アポロはそのまま帰らぬ人になってしまった。

悲しみに暮れるロッキーは、ドラゴとの対戦を受け入れることに決め、アポロのトレーナーだったデューク、義理の兄のポリーらとソ連へ渡った。

寒い環境を生かした過酷なトレーニングに打ち込むロッキー。

対すドラゴは政府の科学者チームに囲まれて最新技術に基づくトレーニングを受け、万全の状態で試合へ臨めるよう整えた。

試合当日、ロッキーはソ連国民で埋まる試合会場に大ブーイングの中姿を現し、試合のゴングが鳴った。

体格差からドラゴのパンチを防ぎきれずに何度もロッキーは倒れるが、そのたびにロッキーは立ち上がり反撃する。

幾度となく立ち上がるロッキーにドラゴは恐怖心を覚えた。

反撃しようと必死に戦い続けるロッキーに会場もブーイングをやめ、ロッキーコールまでし始める。

精神だけで壮絶な殴り合いを二人は続け、ドラゴはついに10カウント負けを期したのだった。

重要事項:ロッキーはアポロがやられた相手「ドラゴ」を倒した。

アポロはドラゴとの戦いで死亡。

ロッキー5/最後のドラマ

ドラゴを破ったロッキーはアメリカに帰国するも、会計士の不正によって破産してしまう。

破産したロッキーにさらに、ボクシングの影響で脳に回復不能となるダメージが蓄積されていたことが判明。

エイドリアンの説得もあり、ロッキーは引退を決意。

フィラデルフィアに戻り、ミッキーのジムで新人選手トミー・ガンを育成するトレーナーとしての人生を歩み始める。

しかし、トミーは金と名誉を欲し、プロモーター(ジョージ・ワシントン)に誘惑されて引き抜かれ、ロッキーを捨ててしまう。

ロッキーはトミーとのトレーニングに明け暮れていたことから息子との絆が壊滅しかけていたが、トミーを失い、大切なものに気づいて息子との関係を修復。

一方トミーは黒人ボクサーのユニオン・ケインと対戦し、あっさり新チャンピオンとなったが、ロッキーを捨てたことから観客はブーイングをするだけだった。

トミーはかつてロッキーとともに希望を抱いてトレーニングを重ねていたときの心をすっかり失い、デュークの提案でロッキーとの師弟対決を望んだ。

酒場でロッキーの前に現れたトミーは侮辱の言葉をロッキーに浴びせ、彼を挑発。

それを聞いたロッキーの義理の兄であるポーリーは言葉で彼を任そうとするが、殴られて倒されてしまう。

ロッキーはトミーの暴挙に怒りをあらわにし、対戦することを決める。

ロッキーとトミーの戦いはストリートファイトへ発展し、ロッキーは戦いの最中に発作を起こして意識を失いかけるが、ミッキーの幻覚を見て彼の言葉に奮起。

見事トミーに勝利することができた。

重要事項:ロッキー引退

ロッキー・ザ・ファイナル

ロッキーが伝説のヘビー級王者として活躍した時代から長い年月が流れた。

エイドリアンは亡くなったが、

地元フィラデルフィアでファンに愛されながら小さなイタリアンレストランを経営し、ロッキーは自分の活躍を語り部として客に聞かせる生活をおくっていた。

エイドリアンの命日に息子のろばーどが墓参りにこないことをロッキーは寂しく思いつつ、ロッキーはポーリーとともにフィラデルフィアで過ごした時代を思いめぐる。

そんな中、ロッキーは行きつけの酒場で出会ったマリーという女性と交流することになる。

ある日、現在のヘビー級チャンピオンのメイソン・ディクソンがッキーとのバーチャル試合が組まれ、テレビで話題を集めた。

結果はロッキーの勝利となったが、ある評論家がロッキーを過大評価しすぎだといったことからロッキーはプロボクサーとして復帰する。

小さな試合で復帰戦を目指すロッキーのもとに、突然にディクソンからエキシビションマッチが申し込まれた。

これはバーチャルでの話題に便乗し、ディクソンの人気を得ようというディクソン側の狙いだった。

ロッキーは二の足を踏んでいたが、マリーに背中を押されて試合に出ることを決意。

周りの協力を得ながら過酷なトレーニングを重ねたロッキーはディクソンと対峙する。

予想はディクソンの早い段階でのKOがちだったが、試合は乱戦に突入し、第10ラウンドまで続いた。

ロッキーは10ラウンドでマットにダウンするが、もうろうとする意識の中、息子にかけたかつての言葉がよみがえり、再び立ち上がって戦い抜いた。

試合は2-1の判定でディクソンが勝利したが、戦い続けた二人はお互いの実力を認め合い、観客は激闘を称賛した。

アナザーエンディングではロッキーが逆の立場で勝利。

重要事項:ロッキーが復帰。

クリード/チャンプを継ぐ男

ロッキーのかつてのライバルであり親友だった子アポロクリードの息子、「アドニス・ドニー・ジョンソン」。

彼はアポロの正妻メアリーに引き取られて何不自由ない生活をおくっていたが、亡き父の活躍を聞き、ロッキーと父との闘いを見てボクサーになる夢を抱いていた。

ドニーはフィラデルフィアに向かい、ロッキーにトレーナーになってもらうようお願いするが、ロッキーはボクシングから退き時間がたっていたため、断られてしまう。

ドニーはクリードの名前を隠してミッキーのジムに通い始めるが、練習内容に不満があり、自分で個人メニューを組んでトレーニングをし始める。

ひたむきに練習に取り組むドニーを見て、ロッキーは彼のトレーナーになることを承知。

基礎強化をしたドニーは、事務トレーナーのピートから有望であるレオとの試合を申し込まれ、わずか2ラウンドKOで彼をドニーは倒した。

勝利を喜ぶドニーたちだったが、隠していたクリードの名前がばれて、アポロの息子として一躍注目を集めることになるドニー。

そんな中、不敗のチャンピオンだったが銃の不法所持で監獄入りが決まってしまったリッキー・コンランは最後の対戦相手を探しており、ドニーのことを知って対戦依頼を出した(マネージャーが依頼)。

ロッキーはこの対戦依頼がドニーが持つクリードの名が目当てであることに気づき、一度は断るものの、クリードの名を背負う決意を固めるドニーの意思を尊重し、コンランとの対決を承諾した。

チャンピオンに勝つために過酷なトレーニングをする二人だったが、途中、ロッキーに癌が見つかり、治療を受けてほしいドニーと治療を拒否するロッキーは喧嘩。

やがてロッキーはドニーに謝り、ロッキーの闘病と並行してトレーニングを続けたドニーはコンランとの対決の日を迎えた。

アウェイな中、ブーイングを受けながらドニーは入場。

コンランは余裕で迎え撃つが、ドニーのパンチがクリーンヒットして試合は一転。

乱打戦になり時間はどんどん過ぎていった。

ドニーはコンランにダウンを取られるものの、不屈の精神で立ち上がり、最終ラウンドでコンランを追い詰めた。

試合終了間近、ドニーがコンランを完全にとらえ、ダウンをさせるが、コンランは立ち上がり、彼が逃げ切る形で試合終了のゴングが鳴った。

ドニーは負けてしまうが、30秒時間があればドニーが勝っていた試合だったことから、コンランは次のチャンピオンはドニーであるとドニーに喝采を送るのであった。

重要事項:ロッキーがアポロの息子であるドニーのトレーナーになる。

現チャンピオンであるコンランとドニーが戦い、負けてしまうものの、ドニーは新人でありながらチャンピオンであるコンランを追い詰めたことから、観客にもコンランにも喝采を送られた。

知っておきたい情報は?予備知識についてまとめ

『スポンサーリンク』


個人的に必要だと思う予備知識は以下にてまとめてあります。

!ロッキー全作品みるならU-NEXT

前作について知っておきたいこと

前作までの予備知識としては

・『クリード/炎の宿敵』の主人公が前作と同様であることや、

・主人公ドニーが対戦する相手が亡き父アポロを試合中に打ちのめしたイワン・ドラゴの息子であることなど、

前作までの知識がある程度必要なので、

ロッキーシリーズやスピンオフの内容を全く覚えていない人や今作がロッキーシリーズ初見という方は以下の情報を参考にしていただければと思います。

主人公:アドニス・クリード(マイケル・B・ジョーダン)

本作の主人公はマイケル・B・ジョーダンが演じるアドニス・クリード。

愛称はドニーで、クリードの名前はタイトルにも起用されています。

前作ではアポロの正妻であるメアリー・アンに引き取られ、

何不自由することない生活をおくっていたものの、

亡き父とライバルであるロッキーの試合を見てボクサーになることを決意。

ロッキーの師事のもとトレーニングを行ったドニーは、不敗のチャンピオンであるリッキー・コンランと戦うことになり、完全アウェイの中ゴング。

コンラン優勢で進んだ試合も、ドニーのパンチがクリーンヒットしたことから激しい乱打戦となり、一度はダウンを取られるも、最終ラウンドでコンランをドニーは追い詰める展開に。

終了間近にはドニーがコンランをダウンさせますが、コンランが逃げ切り、判定でドニーは破れます。

あと30秒あればドニーが勝利していたとコンランがたたえたことから観客も名勝負だったとドニーに喝采。

ロッキーとは家族であると試合後のインタビューで答えたドニー。

今作ではドニーとロッキーとの絆にも注目。

クリードというタイトルの意味

ロッキーシリーズでロッキーのライバルとして戦い続けた人物が「アポロ・クリード」。

スピンオフの『クリード』のタイトルは、今作『クリード/炎の宿敵』、前作『クリード/チャンプを継ぐ男』ともにアポロ・クリードと、アドニス・クリードからとったもの。

アポロ・クリード(カール・ウェザース)

一作目『ロッキー』で世界チャンピオンとして君臨している人物で、4作目『ロッキー4/炎の友情』まで出演している人物。

一作目ではヘビー級のタイトルマッチで相手選手の負傷により試合がなくなりそうになったところ、

「無名の選手を抜擢する」といって無名だったロッキーを対戦相手に選び、激しい戦いの末、僅差でロッキーに勝利。

本作の主人公ドニーの父であり、

『ロッキー4/炎の友情』でロッキーの代わりにアマチュアボクシングヘビー級王者「イワン・ドラゴ」と対戦し、本気でつぶしにきたドラゴに敗れ、そのまま帰らぬ人になりました。

今作『クリード/炎の宿敵』では父であるアポロが敗れ、死ぬことになった対戦相手のボクサー「イワン・ドラゴ」の息子「ヴィクター」との対戦を描いています。

イワン・ドラゴ(ドルフ・ラングレン)

ロッキーシリーズ第4作目『ロッキー4/炎の友情』でアポロと対戦し、アポロをKOして亡き者にしたボクサー。

本作『クリード/炎の宿敵』では息子ヴィクターのトレーナーでしょうか?

ドニーとロッキーの戦う相手として覚えていただければ問題ないと思います。

ヴィクター(フローリアン・ムンテアヌ)

本作でドニーの対戦相手で、ドニーの父を亡き者にしたボクサー「イワン・ドラゴ」の息子。

タイトルの炎の宿敵はヴィクターの父にドニーの父が対戦の最中に亡き者にされたことからきているものと考えられます。

ロッキー(シルベスター・スタローン)

ちょっと書くのが遅くなりすぎましたが、

ロッキーはロッキーシリーズの主役で、スピンオフの『クリード/チャンプを継ぐ男』、『クリード/炎の宿敵』ではライバルだったアポロの息子を育てるトレーナーとして活躍した人物です。

6作品目の『クリード/チャンプを継ぐ男』では癌であることが判明して治療を受けることを拒否していましたがドニーに諭されて治療することを決意。

惜しくも敗れてしまったドニーからは家族といわれ、ラストではフィラデルフィア美術館の階段を駆け上り、街の景色を眺めながらお互いの絆の深さを確かめ合いました。

ロッキーシリーズと『クリード/チャンプを継ぐ男』を視聴する方法

ロッキー関連作品を一気見しておさらいしたい!

という方は無料トライアル期間中に動画を見て解約することでお金が一切かからない

U-NEXTでみることができるのでおすすめです!

ロッキーはチャンプを継ぐ男を合わせると6作品あるので全部観るにはお金がかかりそうですが、U-NEXTでは6本みてもお金がかかりません。

↓今すぐ『ロッキー』関連作を見る↓

『クリード/チャンプを継ぐ男』は
無料登録後もらえるポイントで鑑賞可能。

まとめ

以下、本記事のまとめになります。

・本作に直結しているのは『クリード/チャンプを継ぐ男』と、『ロッキー4/炎の友情』のため、2作品を観ておけば本作を楽しめる

『スポンサーリンク』