『さよならくちびる』公開日はいつ?いつまで公開されるのか公開期間についてまとめ

秦基博、あいみょん奇跡の音楽映画『さよならくちびる』。

人気ミュージシャンが楽曲を手掛けたということもあり、みたい!と思っている人も多いのではないでしょうか。

 

本記事では、

・『さよならくちびる』の公開日

・いつまで公開されるのか

・公開期間の目安

・キャストは誰か

以上について記載していきます。


目次

『さよならくちびる』予告動画+あらすじ

予告動画

あらすじ

インディーズで人気の女声ギター・デュオの「ハルレオ」は、突然解散を決めた。

デュオのレオとハル、付き人のシマ。

解散までの全国ツアーの道中で少しずつ明らかになるハル・レオの秘密、感情とは__?

『さよならくちびる』公開はいつまで?

『スポンサーリンク』


『さよならくちびる』の公開日は2019年5月31日

あまりヒットしなかった映画でも、

1か月ほどは平均として公開されるため、6月31日頃までは公開されると見積もってスケジュールを組みましょう。

また、『さよならくちびる』は『君の名は。』で有名な新海誠が監督をつとめた作品なので、公開が伸びる可能性はあります。

公開が伸びた場合、7月上旬ほどまで公開される可能性もあると思います。

ただ、公開日の平均は大体1か月なので、公開期間が延びることはその映画がヒットしない限りはめずらしいです。

通常の映画はもともと公開期間が決まっている作品を除いて、打ち切りになるもので2週間で公開が終了します。

打ち切りにならない映画は大体1か月弱~続いても2か月ほどで放映が終了となるケースが多いです。

しかし、ロングランとなった場合はまた別の話なので……何か月も上映が続いたりする場合もあるので一概にどのくらいだ!とはいえないです。

スケジュールを立てる上で、

自分の見たい映画が超ヒットしそうかどうか、マイナーなのかどうかはあらかじめ確認しておいた方がいいでしょう。

ちなみに過去ロングランとなった作品は、

・『この世界の片隅に(600日以上公開)』

・『タイタニック(430日以上公開)』

などなど……

直近のロングランだと、

『ボヘミアンラプソディ』が11月9日に公開され、5か月ほど経った今でも上映されている映画館があります!

※あくまで目安になるため、絶対ではありません※

公開期間の目安

公開終了日についてはみなさんが暮らしている地域にもよります。

どこの映画館で鑑賞をしようとしているのか今一度確認してから、

その映画館のホームページを観て公開予定を確認するのが確実です。

目安としては、

公開されている映画が一日に何回放映されているのかまず見てみます。

みたい映画が1日に1回しか放映されていない場合は、公開終了日が迫っていると考えてよいでしょう。

逆に、1日の放映回数が多い際は、まだ公開期間に幅があると思っていいと思います。

大抵の映画館のホームページには、公開終了日が迫っている作品については注意書きや、公開終了間近といった書き方がされているはずなので、その注意書きを確認してもいいと思います。

キャストは誰? 配役についてまとめ

『スポンサーリンク』


以下、主要キャストについて記載します!

レオ:小松菜奈

『さよならくちびる』でデュオの片割れ「レオ」を演じるのは「小松菜奈」さん。

女優、ファッションモデルとして活躍する小松菜奈さんの主な映画の出演作品は、

『渇き。』『バクマン。』『溺れるナイフ』、『坂道のアポロン』など。

ハル:門脇麦

デュオの片割れ「ハル」を演じるのは女優の「門脇麦」さん。

主な出演作品には『愛の渦』、『二重生活』、『止められるか、俺たちを』など。

シマ:成田凌

二人のローディ(付き人)「シマ」を演じるのは俳優、モデルとして活躍する成田凌さん。

主な出演作品は『逃げるは恥だが役に立つ』『コードブルー』『わろてんか』など。

豪華キャストが出演しているので要チェック作品ですね!

挿入歌、楽曲について

今作『さよならくちびる』はインディーズ音楽にもスポットが当てられた作品。

もちろん楽曲が挿入されており、

本作の挿入歌の作詞・作曲をあいみょんさん、

ハルレオが歌う主題歌プロデュースを秦基博さんが務めています。

挿入歌や主題歌のタイトルはまだ公表されていないので、明らかになり次第、更新します!


さよならくちびる (徳間文庫)

まとめ

以下、本記事のまとめになります。

・『さよならくちびる』公開日は2019年5月31日

・映画公開期間は大体1か月なので、『さよならくちびる』は6月31日までは公開される可能性が高い。

・公開期間が伸びた場合、長ければ7月上旬まで

公開がいつまでかについては映画館にもよるため、各々鑑賞しようと思っている映画館のホームページをみるのが確実

(本記事のソース:https://eiga.com/movie/89403/)

『スポンサーリンク』