『シュガーラッシュオンライン』鑑賞前に前作はみた方がいい?予備知識が必要なのかまとめ

『シュガーラッシュ』といえば2012年に公開され人気を博したディズニー映画作品。

大ヒットした映画のため、

続編公開を待ち望んでいた方は

ぜひ今作『シュガーラッシュオンライン』を観なければとわくわくしているのではないでしょうか。

本記事では

・シュガーラッシュオンライン鑑賞前に前作を観た方が良いのか

・必要な予備知識

以上について記載していきます。

『スポンサーリンク』


※ネタバレを含まないように言葉は濁してあります※

!公開日についてはこちらから!

!前作シュガーラッシュみるならU-NEXT


目次

『シュガーラッシュオンライン』予告動画+あらすじ

予告動画

あらすじ

今度の舞台はインターネット!

舞台は人間たちが知らないゲームの裏側の世界。

ヒーローになれない悪役ラルフと、レーサーになれないひとりぼっちの少女ヴァネロペ。

二人の友情と冒険を描いた、ディズニー懇親の一作。

『シュガーラッシュオンライン』だけ見ても楽しめる?

映画が公開されてから詳しくリライトしますが、

前作を観ておいた方が今作をより楽しめるのは間違いないと思います。

主要キャラクターの「ラルフ」と「ヴァネロペ」の関係性やゲームの特性なども前作を観ておいた方がわかりやすいはずです。

今作で前作のあらすじが流れる可能性もあるので、

予備知識がゼロでも話についていけるとは思いますが

もし前作のあらすじがなかった場合は意味が分からない描写も多少はあると思います。

今作の内容にもよるので一概には言い切れないのですが

今作を劇場へ観に行く方は前作を見ておくに越したことはないでしょう。

ちなみに、前作『シュガーラッシュ』を観るのであれば、

無料トライアル中に解約することでお金がかからずに動画を視聴できる「U-NEXT」がおすすめ。

詳細は下記↓

『シュガーラッシュ』は無料登録後にもらえるポイントで視聴可能

知っておきたい情報は?予備知識は必要?

『スポンサーリンク』


個人的に必要かなと思う予備知識について以下にてご紹介。。。

※前作のネタバレが大半なので、ネタバレをみたくない方は前作を見てからご覧ください※

!前作シュガーラッシュみるならU-NEXT

前作について知っておきたいこと

ラルフについて

シュガーラッシュ、シュガーラッシュオンラインの主人公。

1980年代のレトロアーケードゲーム「フィックス・イット・フェリックス」の悪役

なんでもこわしちゃう怪力の持ち主で、ヒーローであるフェリックスの妨害をすることを仕事として生活。

『シュガーラッシュ』でのラルフの働き

『シュガーラッシュ』では悪役を演じることに納得しておらず、フェリックスのようなヒーローになりたいと思い、ヒーローの証であるメダルを手にするため他のゲーム世界へと旅立ちました。

フィックス・イット・フェリックスを出たラルフは「ヒーローズデゥーティ」でメダルを獲得しましたが、脱出ハッチにサイバグとともに誤って乗り込でしまいます。

発射した脱出ハッチで「シュガーラッシュ」の世界へたどり着いたラルフ。

ラルフが連れてきてしまったサイバグは、映画ラストまでに繁殖して大量発生。

シュガーラッシュの世界を喰いつくそうとしますが、ラルフがサイバグを一斉駆除できるビーコンの代わりとなる火山噴火を起こしてサイバグは一掃されます。

ヴァネロペとはシュガーラッシュの世界で出会い、最初はいがみ合っていましたが、境遇が似ていることから徐々に親しくなり、ヴァネロペとともにシュガーラッシュの世界を救うことに成功。

シュガーラッシュでの出来事をきっかけに、ヴァネロペのヒーローとして悪役になる道を選び、冒頭では納得していなかった悪役としての立場を心の底から受け入れることができました。

ヴァネロペについて

シュガーラッシュ、シュガーラッシュオンラインのヒロイン。

9歳のレーサーで少々毒舌ですが、根はやさしい明るい女の子。

『シュガーラッシュ』でのヴァネロペの働き

前作『シュガーラッシュ』では体を構成しているプログラムに青いノイズが入ることで正式なプレイヤーではないとされ、他のキャラクターからのけ者扱いされていました。

ラルフのメダルを取り、手作りのレースカーで次のレース予選に出場する権利を得たヴァネロペでしたが、キャンディ大王の妨害を受けてラルフと一緒に作ったレースカーをラルフに壊されてレースに出場できなくなってしまいます。

その後、キャンディ大王に捕らえられますが、フェリックスの力を借りてレースカーを治したラルフに助けられ、レースに出場。

キャンディ大王を抜いて一位に踊り出ますが、後ろから来たキャンディ大王に妨害されピンチに。

キャンディ大王は実はほかのゲームから来たターボというキャラクターで、シュガーラッシュのプログラムを書き換えた悪の親玉でした。

ヴァネロペはターボを自身のバグを利用してかわしますが、サイバグの大量発生でレースは中断され、バグであるヴァネロペは他のゲームに避難できずに再度ピンチになります。

ラルフがサイバグを一掃するためにコーラ火山を噴火させてシュガーラッシュの世界は救われ、ヴァネロペもゲームオーバーにならずにすみます。

同時に、火山とともに消滅しそうになったラルフをヴァネロペは助け出し、お互いを救う形で物語はハッピーエンド。

ゲームをリセットしたヴァネロペは本当は自身がシュガーラッシュの皇女であることを知りますが、みんなから選挙で選ばれた大統領になると宣言したうえでレーサーとして生きることを決意。

騒動が収まってからは正式なプレイヤーキャラクターとして復帰を果たし、人気キャラクターへと昇進しました。

ラルフとヴァネロペの関係性

ラルフは悪役ということからのけ者扱いされ、

ヴァネロペはバグを起こすことからのけ者扱いされているという似た境遇にありました。

メダルの取り合いをすることから出会いこそ最悪でしたが、

お互いの境遇を知るにあたり徐々に親しくなり、映画ラストでは大親友になります。

『シュガーラッシュオンライン』予告で大親友といっているのは前作での出来事から続いていることです。

シュガーラッシュについて

1997年に日本からリリースされた設定のレースゲーム。

レースコースや舞台も全てお菓子でできた世界。

ヴァネロペがいるのもこの世界で、映画のタイトルとなったゲームでもあります。

つづりは「Sugar Rush」。

日ごとにゲームに登場するキャラクターが異なっていて、ゲームセンター終了後に次の日のレースに出場できるキャラクターの予選レースを毎日行っています。

シュガーラッシュのモデルは実在のゲームである『マリオカート』。

悪役お悩み相談会

『シュガーラッシュ』冒頭とラストに登場する悪役キャラクターの集まり。

実在するゲームと『シュガーラッシュ』オリジナルゲームの悪役が悩みを打ち明けるといった会で、ラルフは積極的に参加していません。

参加した悪役たちはラルフと同じように悪役という運命を嘆いてはいるものの、身分を受け入れることでゲーム社会で適応でき、人生が楽しくなるとお互いを慰め合うことが目的になっています。

会場は『パックマン』のモンスターたちがいる、ゲーム中心に位置するアジト。

ターボする

映画『シュガーラッシュ』ではキャラクターが他のゲームに入り込み、ゲームの進行を邪魔する行為は禁止されています。

この行為のためにゲームが故障していると認識され、撤去されることになる可能性があるからです。

この行為はターボという人物が最初に起こした行為であることから「ターボ」すると表現されています。

ちなみに、シュガーラッシュでヴァネロペやラルフを妨害するキャンディ大王はターボが化けていた姿でした。

他のゲームのアイテムを持ち出す行為

他のゲームのアイテムを持ち出す行為は、ターボ同様に禁止されています。

ただし、管理は厳重ではなく、監視を行っているサージ・プロテクターに見えないようにすれば簡単に密輸密輸出が可能。

実際、ラルフもパックマンで手に入れたサクランボを持ち出し、Qバートに半分あげています。

ゲームオーバーの定義

シュガーラッシュ内のキャラクターたちは自分のゲームの中で死亡した場合、何度でもよみがえることができます。

ただし、他のゲームで死亡した場合、自分のプログラムが存在しないという理由から二度ともとに戻ることができません。

『シュガーラッシュオンライン』ではどういう定義となるのか見どころです。

キャラクターの死の定義

ゲームのキャラクターはコンセントを通じて外部移動ができます。

そのため、ゲームの終了や撤去イコールキャラクターの死(デリート)ではありません。

ゲームがなくなったキャラクターはターミナルで失業者として仕事を待ち続ける形になります。

映画『シュガーラッシュ』ではQバートやその仲間がそれにあたり、映画ラストではラルフのゲーム「フィックス・イット・フェリックス」で雇われ、活躍することになります。

前作『シュガーラッシュ』を視聴する方法

前作『シュガーラッシュ』を実際に観て確認したい!

という方は無料トライアル期間中に動画を見て解約することでお金が一切かからない

U-NEXTがおすすめです。

↓今すぐ『シュガーラッシュ』を見る↓

無料登録後もらえるポイントで鑑賞可能。

まとめ

以下、本記事のまとめになります。

・『シュガーラッシュオンライン』は前作『シュガーラッシュ』を見ておいたほうがより映画を楽しめる。

『スポンサーリンク』