徹底ネタバレ『シャザム』結末とヴィランの正体と名前、タイトルの意味考察などまるっとまとめ

スポンサーリンク


DCコミックス原作で実写映画化された『シャザム!』。

『スーパーマン』など同じくDCコミックス原作作品を鑑賞している人は気になっている人も多いのではないでしょうか。

本記事では、

・『シャザム!』結末

・ヴィラン(7つの大罪)の正体と名前

・タイトルの意味

・結末までの詳しいネタバレ

以上について記載していきます。


目次

※ネタバレ記事のため注意※

『シャザム!』予告動画+あらすじ

予告動画

あらすじ

ある日、謎の魔導士からスーパーヒーローの力を与えられた少年ビリーは見た目が中年男「シャザム」に変身できるようになった。

ビリーは悪友フレディとスーパーマンの力を試して悪乗りしながら遊びまわっていたが、魔法の力を狙う科学者「Dr.シヴァナ」にフレディをさらわれてしまって__?

見た目は大人、中身は子供の痛快コメディ

『シャザム!』結末について

『スポンサーリンク』


映画『シャザム!』の結末は、無事にシャザム率いるヒーローがヴィランを倒して街の平和を守る形でハッピーエンドを迎えました。

この手の映画によくあるパターンのお決まりラストなので、安心して鑑賞できます!

ただ、エンドロールの後に、

今作のヴィラン(悪役)が牢屋の中で人ならざる者から悪事へ加担するよう誘われていたため、不穏な空気が残っていないというと嘘になります。

『シャザム!』の次回作があるとすれば、

今回ヴィランとして悪行を重ねたドクター・シヴァナが登場することになるでしょう。

ちなみに、DCの実写映画作品の次回作は『バーズ・オブ・プレイ』で、前作は『アクアマン』となっています。

※結末までの詳しい流れについては本記事の下の方に記載してあるので気になる方はチェックしてみてください!※

ヴィランの正体や七つの大罪の名前について

この段落では、今作に登場したヴィランと、悪事を働いてしまう原因である七つの大罪(悪魔)について記載します!

『シャザム!』の悪役(ヴィラン)は誰?

今作『シャザム!』の悪役はドクター・シヴァナという中年男性。

彼は少年時代から父と兄に虐待をされて育った人物で、幼少時代にシャザムの力を与える魔術師に誘拐された過去があります。

しかし、純真な心を持っていなかったシヴァナは魔術師のテストに受からず、力をもらえませんでした。

この経験から、力を得ることだけを考え続けたシヴァナは、魔術師に会うために研究を重ねます。

そして見事に魔術師のもとにいく方法を見つけ出し、魔術師の静止を振り切って七つの大罪の力をその眼に宿してしまいます

力を手に入れたシヴァナは、七つの大罪の悪魔にそそのかされるまま、魔術師が見つけた真の勇者(シャザム)を殺そうと行動に出るのでした。

七つの大罪って? 悪魔の名前とそれぞれの意味について

今作『シャザム!』にはスーパーヒーローの力である「シャザム」を与える魔術師が押さえ込んでいる邪悪な力(悪魔)「七つの大罪」が登場します。

一般的に知られている七つの大罪は、キリスト教の西方教会、おもにカトリック教会における用語。

広くは、人間を罪に導く可能性があると見なされてきた欲望や感情を指すもののことを言います。

七つの大罪は

傲慢、憤怒、嫉妬、怠惰、強欲、暴食、色欲

それぞれ対応悪魔が存在しますが、

映画『シャザム!』では悪魔の名前が直接出てくることはなかったので下記はご参考まで!

・傲慢:ルシファー

・憤怒:サタン

・嫉妬:レヴィアタン

・怠惰:ベルフェゴール

・強欲:マモン

・暴食:ベルゼブブ

・色欲:アスモデウス

タイトルの意味と、シャザムの6つの能力について

今作『シャザム!』のタイトルの意味についてなど、大それたことを段落名にしてしまっていますが……

正直に言うと大したこといえないです汗

と、いうのも、本作のタイトル『シャザム!』はヒーローの名前そのものだからです汗

そのまんますぎるので考察する必要もないです……

これといって書けることはないのですが……

あえていえるのは、

主人公ビリーにスーパーヒーローの力を与えた魔術師の名前が「シャザム」だったということでしょうか。

魔術師の名前を唱えればヒーローになり、

ヒーローの状態から再度名前を唱えることで元の状態にもどるという仕組みになっています。

また、映画自体ではあまり詳しく描写されませんでしたが、シャザムには特別な能力が6つあって、6人分のスーパーパワーが宿ることになっています。

6つの力はそれぞれ下記の通り。

1つ目:シャザムのS、ソロモン(Solomon)の叡智

卓越した映像記憶能力、知力を発揮できる力。

2つ目:シャザムのH、ハーキュリーズ(Hercules)の剛力

名前の通り強大なパワーのこと。パンチで壁を粉々にできたり、大きなものを持ち上げたりできる能力。

3つ目:シャザムのA、アトラース(Atlas)の体力

そこなしのスタミナ能力。食事や睡眠、呼吸などの必要がなくなり、宇宙空間でも生きられる力で、物理的な攻撃にも耐えられます。

弾丸がきかないのもこの力のおかげ。

4つ目:シャザムのZ、ゼウス(Zeus)の全能

稲妻の力。精神的な能力を高めて魔法の呪文や攻撃に抵抗する力のこと。

5つ目:シャザムのA、アキレス(Achilles)の勇気

勇敢さの根源。

精神的な攻撃に対して対抗できる能力のこと。

6つ目:シャザムのM、マーキュリー(Mercury)の神速

超人的なスピードのみなもと。この力で飛ぶことも可能。

 

以上の通りですが、今作では最終的にグループホームで暮らす6人がそれぞれ能力を受け継いだように思われました。

しかし、どのヒーローも1つしか能力がある感じではなかったので、1人1人は6つの力をもってはいるけど、その中でもきわめて強い能力が1つだけあるということかもしれません。

『シャザム!』結末までの詳しい流れ

※以下は本作『シャザム!』の最初から最後までの詳しいネタバレになります※

後継者探し:ヴィランの誕生

1974年クリスマスの夜、

祖父の家に向かうため、父の運転する車に兄と乗っていた幼いドクター・シヴァナは、占い玉で遊んでいると父に祖父の家ではおもちゃは禁止だと注意をされた。

父、兄から虐待まがいの扱いを受けていたシヴァナはいつか二人を見返してやろうと思うも、逆らうこともできない日々を過ごしていた。

そんな彼が乗る車が突然、異空間につながり、運転をしていたはずの父、兄はいなくなってしまう。

窓は凍り付き、パニックになるシヴァナだったが、車が停車して彼は車から降りることにした。

降車してみると、そこはみたことも来たこともない不気味な洞窟につながっていた。

シヴァナが洞窟を進んでいくと、7つの気味の悪い石造と6つの玉座がある空間に行きついた。

玉座の1つには、1人の魔術師が座っていて、シヴァナが到着するなり魔術師は彼の名前を言い当て、スーパーヒーローとしての力を与える後継者を探している旨を彼に話すのであった。

シヴァナはその言葉に能力がもらえるものと思ったが、7つの石造による誘惑にその心を揺さぶられ、魔術師に「純真な心をもっていない」と判断され、力を与えられることはなく戻されてしまう。

シヴァナはもとの車に戻され、何事もなかったかのようになるも、「ボクはできる!」といって洞窟に戻ろうと車が走行中にも関わらず扉をあけようと手を懸けた。

そんなシヴァナを止めようとシヴァナの兄は彼を叱責、父は二人の言い争いに気を取られ、対向車線にはみ出してトラックとぶつかりそうになってしまい、ハンドル操作を誤る。

このことが原因で車は激しくスピンし、事故寸前で停車。

死にかけたことを叱責されるシヴァナだったが、先ほどあったことを信じてほしいと二人に訴えかける。

しかし、当然ながら彼の話が信じてもらえることはなかった。

停車している車に、運悪く車が突っ込んできたことで父は車外へ投げ出され、兄はシヴァナのせいでこうなったのだと彼を責めるのであった。

悪ガキ「ビリー」は家出常習犯

時は現代。舞台はフィラデルフィア。

とある店に1台のパトカーが停車した。

警察官を呼び出したのはビリーという少年だった。

彼は泥棒がいるとほらを吹いて警官を店に閉じ込め、パトカーにあった警官の昼食を拝借するいたずらを実行した。

絵に描いたような悪ガキ「ビリー」は、幼い頃遊園地で母とはぐれ、置いてけぼりをくらい、そのまま捨てられてしまったかわいそうな過去をもつ少年だった。

彼は自分を捨てた母を探し続け、同じ名前である女性の家を訪ねる日々を過ごしていた。

過去に何度も里親から逃げ出していたビリーは、最後のチャンスといわれてグループホームを行っている新しい親の元にしぶしぶ連れていかれるのであった。

グループホーム先、個性的な新しい家族

不本意ながらも連れていかれたグループホーム先には、個性的な兄妹がそろっていた。

ヒーローオタクのフレディ、

しっかり者のお姉さんメアリー、

おしゃべりでハグ好きのダーラ、

ゲームオタクのハッカー少年ユージーン、

体の大きな筋トレ趣味の巨漢ペドロ。

5人の義兄弟が一度にでき、

フレディからはスーパーマンやバッドマンなどのグッズをみせられて話しかけられるも、ビリーは積極的に仲よくしようとはしなかった。

魔術師の力を手に入れるために(シヴァナ)

30年以上たった現代でも、幼い頃の出来事に憑りつかれていたシヴァナは、魔術師に会うことだけに力を注ぎ、自分と同じ経験をした人物の証言を集めていた。

そしてついに、魔術師に会うための文字と並び、回数を解き明かし、扉に古代文字を刻むことで幼少期に召喚された洞窟につながる道を形成することに成功する。

扉を介して魔術師の元へいったシヴァナ。

魔術師はシヴァナのことを覚えていたが、年を取り、弱っていたこともあり、七つの石造の力を抑え込めずにシヴァナにヴィランの力を取られてしまった。

力を手にしたシヴァナは、魔術師を吹き飛ばして颯爽と去って行くのであった。

シャザム!といえ!

グループホームで暮らすことになったビリーは、義兄弟とともに学校へ登校した。

しかし、学校でもなじもうとしないビリー。

一方的に話しかけてくるフレディを厄介だと思っていたビリーだったが、フレディが親がいないことでいじめられているところを助けたことで不良に追われることになり、電車に飛び乗ってなんとか難を逃れた。

座席に座り一息ついたビリーだったが、突然稲妻が電車に走り、窓が凍り付いてしまう。

シヴァナが経験したような出来事がビリーにも起こり、ビリーはびくびくしながらも降車、魔術師がいる洞窟へ足を踏み入れることになる。

洞窟へいったビリーは、魔術師に出会い、魔術師から名前を言い当てられ、さらには勇者になるように命令される。

ビリーはそれを拒否し続けるも、半ば強引に杖を握らされ、シャザムと唱えるように指示されて、その名前を唱えることになってしまう。

シャザムとビリーがいった瞬間、ビリーは大人の男に姿を変え、ムキムキマッチョのスーパーヒーローへと変貌を果たすのであった。

フレディとともにシャザムの力を試す

力を与えられたビリーだったが、電車内に戻されてもシャザムから戻ることができずに周りから白い目で見られながら降車することになった。

スーパーヒーローの衣装で街を歩くことになったビリー。

夜になってしまい、家ではビリーが家でしてしまったと思われていて、両親から心配されることに。

しかし、ビリーはシャザムの姿からもとのビリーの姿に戻る方法がわからず帰ることができない。

ビリーは仕方なくヒーローオタクであるフレディに助けを求めることにした。

フレディはシャザム=ビリーの事実を最初は信じていなかったものの、シャザムの力を目の当たりにして大興奮。

力を試す途中で女性からマージンをもらい、そのお金でビールを買おうとコンビニへ。

大人の姿だからこそビールを買えるだろうと考えた二人はコンビニのビールコーナーで品定めをするが、コンビニ強盗が入ってきて、その力を発揮することになる。

強盗はビリーが話しかけたことで持っていた銃を発砲するも、ビリーはシャザムの力によって弾丸を弾き飛ばした。

強盗を撃退したビリーたちは念願のビールを購入し飲むものの、口に合わずにスナック菓子などを買い直した。

帰宅と変身方法について知る二人

ビリーたちは悪い奴はもう寝ているだろうから家に帰ろうと、シャザムの恰好からもとの姿に戻れないまま、家に帰ることにした。

こっそりと部屋に戻ろうとしたものの、音を立てたことで両親が気づかれ、二人は末っ子のダーラの部屋に謝って入ってしまう。

ダーラにスーパーヒーローの姿を見られたビリーは良い妹なら黙ってられるよといって誰にも話さないように口止めする。

その過程で「シャザムととなえたらこの姿になった」といったことで、シャザムと口にすることでヒーローの姿になれることが判明した。

幼い頃からの復讐を果たすシヴァナ

力を手に入れたシヴァナは、兄と父が経営する会社の会議に乗り込んだ。

シヴァナの言葉を聞こうともせずに会議からつまみ出そうとする役員たちに、シヴァナは占い玉を兄に投げ渡し、「つまみだせるかきいてみて」と提案した。

兄が不服そうな顔をするとシヴァナは能力を使って兄を軽々と持ち上げ、窓から兄を投げ捨てて容易に殺してしまう。

一瞬で恐怖に包まれた役員会議。

シヴァナは誰も逃げないようにカギをかけていたため、一人も逃げることができず、さらに、シヴァナからは7つの石造から出てきた悪魔が宿っており、自由に悪魔を呼び出して能力を発揮させることができるのであった。

悪魔を召喚したシヴァナは、父以外のものを全て殺し、最後に父を食い殺させて今までの自分へのひどい扱いの復讐を果たした。

そんなシヴァナに、7匹の悪魔は「シヴァナと同等の力を持つ勇者がいる。やつを殺さなければお前はやられてしまう」とささやき、シヴァナをシャザムにけしかけることに成功するのであった。

学校をさぼって力を試す二人、後、痴話げんか

一方ビリーとフレディは学校をさぼってシャザムの力を試すことに明け暮れていた。

動画投稿サイトにシャザムがテストする様子を投稿し、シャザムは国民的な人気を得ていった。

しかし、学校でフレディが自分本位でシャザムの力を利用したことからビリーはフレディと喧嘩してしまう。

単独で活動するようになったビリーは大道芸をするようにイナズマを起こしてマージンをせしめる。

そこへやってきたフレディと、再度言い争いになったビリーは「俺は一人でやれる」といって再度稲妻を起こし、その稲妻によって遠くのバスがパンクを起こし、橋から落ちそうになってしまう。

橋から落ちるバスを素手でキャッチしたビリーは、何とかバスに乗っていた民間人を救うことに成功。

テレビのインタビューを受けるも、駆け付けたフレディと何度目になるかわからない言い争いをする。

フレディとケンカ別れしてしまったビリーは、彼を殺しにきたヴィランシヴァナに出会い、その命を狙われて追い詰められてしまう。

ショッピングモールへ逃げ込んだビリーは大衆の中、逃げるためにシャザムと唱えて元の姿に戻り、難を逃れる。

しかし、逃げる途中で助けを求めたフレディがビリーを探しにきたことで、フレディはビリーをあぶりだすための人質としてシヴァナに誘拐されてしまうのであった。

本当の母親の行方

フレディがつかまったことを知らないビリーは帰宅するも、学校をさぼっていたことを両親から叱責され、さらにはシャザムとフレディの姿を映したニュースを見た義姉弟たちにその正体がばれてしまう。

ビリーは命を狙われたことからシャザムにならないと誓った。

そんなビリーは、ビリーが探している母親がどこにいるのか突き止めた弟のユージーンから資料をもらい、母親のもとへ向かうことにした。

母がすむアパートを訪れ、念願の再会を果たしたビリー。

母とハグをしようとするも、母親からは拒絶され、故意的に捨てたのだと明かされてビリーは悲しみに暮れる。

そんなビリーにフレディの携帯から連絡が入り、義兄弟たちがシヴァナにつかまったことを知ったビリーは再びシャザムになって自宅へ急ぐのであった。

囚われる義兄弟たち

シヴァナに囚われた義兄弟たち。

悪魔に命を脅かされる彼らを救うため、シャザムの姿になったビリーが駆けつける。

シャザム到来に、シヴァナはシャザムの力をよこせと、再度洞窟に来るよう彼に提案した。

兄弟たちを救うために、ビリーはこれを承諾。

シヴァナとともに能力を授けられた洞窟へ移動し、能力をとられそうになるものの、兄弟たちが追いかけ来て、助けられる。

ピンチを何とか打破したビリー達はもとの世界に戻り、遊園地に逃げ込んだ。

シヴァナも逃げ込んだ先に気づいて追いかけてきて、このままでは家族を守れないと、ビリーは再度シャザムに姿を変えてシヴァナを迎え撃つ。

シヴァナとの戦い

シヴァナとの戦いの途中で、兄弟たちはシヴァナは目から悪魔を全てだしたときだけ普通の人間にもどることを発見する。

ビリーがシヴァナに勝てるようにシヴァナから悪魔を引きずり出そうとする兄弟だったが、それぞれ悪魔につかまってしまい、危機的な状況に陥ってしまう。

兄弟をネタにして能力を差し出すようにビリーはシヴァナに脅迫される。

杖を握り、シャザムと唱えろと脅されるも、隙をついてビリーはシヴァナから杖を奪い取る。

そして、魔術師がいっていた6つの玉座の話(兄弟たちがまっているなど)を思い出し、6つの力は6人でわけられるのではないかと予想し、6人で杖をもち、シャザムと唱えさせるのであった。

6人のスーパーヒーロー誕生

兄弟たちがシャザムととなえると、稲妻が落ちてきて、それぞれ大人の姿になり、兄弟たちはスーパーヒーローの能力が与えられた。

形勢は逆転するも、遊園地に残っていた民間人の危機から5人は民間人の安全の確保へ、ビリーはシヴァナを迎え撃つことになる。

ビリーはシヴァナの中に残っている1匹の悪魔を引きずり出すために悪魔を挑発し、シヴァナを普通の人間にすることに成功。

普通の人間となったシヴァナから悪魔の力が宿った瞳を抜き出し、ビリーと兄弟たちは街を救うことに成功し、民衆から喝さいを受け、街は平和を取り戻した。

後日、洞窟にて

後日、シヴァナから取り出した悪魔の力を封印するため、6人は秘密の洞窟に足を運んでいた。

あるべき場所に瞳を戻すと、崩れ落ちていた悪魔の石造が元に戻り、見事、悪魔を封印することに成功する。

それぞれの玉座が並ぶ洞窟は、6人の秘密基地として使うことにするのであった(完)

エンドロール後の特別な映像についてネタバレはこちらからどうぞ!

まとめ

以上が『シャザム!』の結末やタイトルの意味、七つの大罪についてなどまるっとネタバレでした。

同日公開の映画だと『キングダム』があったのでそちらに流れちゃった人も多そうですが、今作もかなり面白かったので、気になっている人はぜひチェックしてみてください!

ではでは、映画を観るよ!という方も、やっぱりやめておこうかなという方も、良い映画ライフをお過ごしくださいませ!

『スポンサーリンク』


スポンサーリンク