『アス(US)』怖いの?評判や評価はいいのかなど感想やレビューまとめ

スポンサーリンク


ゲットアウトのジョーダンピール監督がおくる映画『アス(US)』。

早くから注目されている作品なので、

映画を観たい!!という方も多いはず。

『スポンサーリンク』


本記事では

・『アス(US)』は怖いのか

・感想やレビュー、評価はいいのか

以上について記載していきます。


目次

『アス(US)』予告動画+あらすじ

予告動画

あらすじ

夫ゲイブ、娘のゾーラ、息子ジェイソンとともに幸せな日々を過ごしていたアデレートは、家族で夏休みを過ごすため、幼少期に住んでいたカルフォルニア州サンタクルーズの家を訪れていた。

しかし、旅先で不気味な偶然に見舞われ、アデレートは過去のトラウマがフラッシュバックするようになる。

アデレートはこのことが起因して、

家族の身に何か恐ろしいことが起こるという妄想を次第に強めていくようになってしまう。

そんな中、彼女の前に自分たちとそっくりな家族「わたしたち」が現れて__

『アス(US)』は怖いの?

『スポンサーリンク』


※あくまで個人的な意見になります汗※

管理人個人的には、そこまで怖くはありませんでした。

同監督作品である『ゲット・アウト』は、

本作『アス(US)』と違って年齢制限がない映画で、人種差別や人間の欲望といったものを今までにない切り口で描いており、めちゃくちゃ怖かったのですが……

『アス(US)』は年齢制限が設けられていたものの、個人的に『ゲット・アウト』より恐ろしいと思う表現はありませんでした。

『アス(US)』はドッペルゲンガーが主題となる映画(諸説ありますが汗)で、もう一人の自分が現れた時、人はどうするのか、どのように感じるのか、その恐怖を体験できる作品です。

R15ということもあり、

流血表現や首切りといった過激な描写が見受けられるのかとびくびくしていましたが、血液は出るものの、スプラッター映画ほどひどい描写はなし。

具体的にはのどもとをばっさり切るという描写はありますが、見慣れてしまっている人や、よくホラー映画を観ているという方には全く怖くはないと思います。

ただ、ホラー映画やスリラーものを好んでみておらず、全く耐性がないという方は怖いと感じるかもしれません。

実際に後ろの席で見ていた若いカップルは館内が明るくなった瞬間「やばい」やら「怖かった」やらを連発していたのでとらえ方は人による様子。。。

ストーリーとしては、さすがジョーダン・ピール(監督さん)といった感じでよくねられた脚本に従って伏線が張られて物語が進行。

考えれば考えるほど奥が深い映画で十分楽しめました。

怖い怖くないは人それぞれなので個人的に「めちゃくちゃに怖かったよ!」と断言はできませんが、ホラー映画になれていない方は普通に怖いと思います。

ただ、

かなりよくできたお話でとても面白い映画なので、「気になっているけど怖いんだったらやめよう」と思っている方もぜひ一度見ていただきたい作品です。

もちろん、ジョーダンピール監督作品『ゲットアウト』もおすすめですよ!

『アス(US)』のみんなの感想、レビューと評判

私だけの意見だと心もとないのでみなさんの意見をツイッターから拝借。。。

賛否両論ですね……

ちょっとほかのサイト様も見てみた感じはぱっくり意見がわかれているみたいです。

私個人としてはゲットアウトのほうが好みではありましたが、アスも良かったですよ!

キャストは誰? 配役についてまとめ

『スポンサーリンク』


以下、主要キャストについて記載します!

アデレート・ウィルソン/レッド:ルピタ・ニョンゴ

ゲイブ・ウィルソン/アブラハム:ウィンストン・デューク

キティ・タイラー:エルザベス・モス

(引用:https://eiga.com/person/20999/)

ジョシュ・タイラー:ティム・ハイデッカー

ゾーラ・ウィルソン/アンブラ:シャハディ・ライト・ジョセフ

ジェイソン・ウィルソン/プルートー:エバン・アレックス

(引用:https://eiga.com/person/316811/)

ベッカ・タイラー:カリ・シェルドン

リンジー・タイラー:ノエル・シェルドン

ノエルとカリは双子の姉妹で共演しています!

豪華キャストが勢ぞろいしているので要チェック作品ですね!

まとめ

以上が『アス(US)』は怖いのか、感想や評価、レビューについてまとめでした。

個人的には結構面白い映画だったので、気になっている方はぜひみてみてくださいませ。

ではでは、映画をみるよー!という方も、そうではない方も、良い映画ライフをお過ごしください!

『スポンサーリンク』


スポンサーリンク