『コンフィデンスマンJP』はドラマをみてから観ないと楽しめないの?予備知識は必要なのかまとめ

スポンサーリンク


長澤まさみ主演のドラマ『コンフィデンスマン』がまさかの映画化!

ドラマを見てきて、

劇場で観るぞー!という方もおおいのではないでしょうか?

 

本記事では、

・『コンフィデンスマンJP』はドラマを見ていないと楽しめないのか

・予知知識は必要か

以上について記載していきます。

※コンフィデンスマンのドラマはFODで無料視聴可能です!

見ていないという方はぜひ!※

まずは無料でお試し!【FODプレミアム】


目次

『コンフィデンスマンJP』予告動画+概要

予告動画

概要

映画化は詐欺ではなかった!

ダー子、ボクチャン、リチャードが日本を飛び出し香港へ。

「世界はダー子で廻っている」をキャッチコピーに、

痛快で壮大なコンゲームをしかける!

『コンフィデンスマンJP』ドラマを見ていないと内容が理解できないの?おいてかれちゃう?

『スポンサーリンク』


『コンフィデンスマンJP』は、フジテレビのドラマ『コンフィデンスマン』の映画化作品です。

そのため、映画に興味があるけど、

ドラマをみていないので観ようかみないでおくか悩んでいる人も多いのではないのでしょうか。

実際映画を観てみましたが、

映画自体はドラマをみていないとついていけないわけではない映画に仕上がっていました。

初見でも十分楽しめる映画になってはいるので、ドラマを見るのが億劫だと思っている方は映画だけ鑑賞してしまってもいいと思います。

ただ、ドラマシリーズで登場している人物が映画では多数再登場しているため、映画を存分に楽しみたい人はドラマをみてから映画を観た方がより楽しめていいと思います。

管理人はドラマを見ていて映画に興味を持ち、劇場に観に行った人間なのでドラマは10話全てみている状態でした。

ドラマを見ている人はドラマに登場する人物はもちろん、小物や場面なども踏襲しているものが多いのでめちゃくちゃ楽しめると思います!

ドラマがそのまま映画になった感じで思わず吹き出す描写も多々(笑

スクリーンでくず野郎が制裁されるスカッと感を味わいたい人も、ぜひ見てみてください!

コンフィデンスマン無料で見るならFOD

必要な予備知識について

予備知識は必要ありませんといいたいところですが……

映画を心から楽しみたい、または、伏線やドラマとのリンクを感じたい人には予備知識はいらないとはいえません

本作『コンフィデンスマンJP』は、もともとドラマがあって、そのドラマの映画版です。

ドラマ版をみないで映画を観ると、

すくなからず理解できない表現が多少は出てくるので、できる限りドラマをみてから映画をみることをおすすめします。

ドラマ版コンフィデンスマンは、FODで全話無料配信しているので、ぜひ利用してみてください。

ただ、ドラマは10話あるため、

10話すべてを観るのが無理だ!という方もいると思います。

そんな方に、管理人個人が必要かなぁと思う予備知識をこの段落ではまとめます。

ぜひご参考までに。。。

登場人物について

映画『コンフィデンスマンJP』では、ドラマ「コンフィデンスマン」に登場した人物が多数再登場します。

主役3人はもちろんですが、脇役や敵役も多数、ドラマから再登場を飾っています。

ただ、映画ではどんな人物であるのか、ドラマでどういった役だったのかについて深く説明がされません。

そのため、ドラマを見ていない人にとってはちんぷんかんぷんになる可能性があるため、簡単にまとめておきます。

主役の3人:ダー子(長澤まさみ)、ボクちゃん(東出昌大)、リチャード(小日向文世)

ドラマ『コンフィデンスマン』、

映画『コンフィデンスマンJP』ともに詐欺を働く主な登場人物はダー子、ボクちゃん、リチャードの三名。

3人がタッグを組んで詐欺を働くこともあれば、そうじゃないこともありますが……

だいたいこの3人はある程度の信頼関係の上、詐欺を働くグループとして考えてOKです。

それぞれ、

・ダー子が信用詐欺師といわれるコンフィデンスマングループの中心的存在

・ボクちゃんはダー子の幼馴染でまじめで小心者のコンフィデンスマン。

・リチャードは百戦錬磨の腕利きコンフィデンスマン。

ボクちゃん以外の二人は仲間でも平気で欺けるほどの詐欺上手?なコンフィデンスマンなので、映画でもどういった詐欺を働くのか必見です(笑

五十嵐について

ドラマ『コンフィデンスマン』では、

3人の他にも1人コンフィデンスマンが登場します。

腕利きでありながら、ダー子が大好きなぽっちゃり系コンフィデンスマンの名前は「五十嵐」

ドラマでも映画でも気づいたらいたといった存在の五十嵐。

映画でも割と活躍するので、ドラマを見られないという人は頭に入れておきましょう。

ドラマに登場した人物について

『スポンサーリンク』


そのほか、ドラマに登場し、かつ、映画で再登場した人物をざっくりご紹介。

➀赤星栄介(江口洋介)

ドラマ第1話『ゴッドファーザー』に登場した人物で、ダー子たちにしてやられた復讐を映画版で果たそうと構想する人物。

彼とのドラマでのコンゲームについては記事下で詳しく記載します!

➁桜田しず子(吉瀬美智子)

ドラマ第2話『リゾート王編』で登場したあくどい女社長桜田しず子が映画で再登場。
ちらっとしか映らないので必見です。

③城ケ崎善三(石黒賢)

ドラマ第3話『美術商編』に登場したくそおやじ城ケ崎善三もほんのちょっとだけ映画に出演しています。

④こねこの鈴木さん(前田敦子)、やくざの娘矢島理花(佐津川愛美)

第7話『家族編』に出演したダー子の子猫(アシスタント)ちゃん「鈴木さん(前田敦子)」と、リチャードに弟子入りを祈願した元やくざの娘である矢島(佐津川愛美)が映画で再登場。

キーパーソンではあるので、ドラマを見られないという人は念頭に置いておいてもいいかもしれません!

⑤ギンタギンコ(岡田義徳、桜井ユキ)

鈴木さんと矢島とともに第7話で登場したギンタギンコも映画で再登場!
ドラマでもめちゃくちゃ濃ゆい役どころのキャラクターでしたが、映画でもまぁまぁ濃い役で出てきます。

鈴木さんと矢島と同様にキーになる存在なので念頭に入れておいてみてください!

⑥桂公彦(小池徹平)

ドラマ第9話『スポーツ編』に登場したちゃらいIT社長桂公彦(小池徹平)も、映画で再登場。

本当にちょい役ですが、赤星と一緒に出てくるので刮目せよ!です(笑

⑦鉢巻秀男(佐藤隆太)

ドラマ第10話『コンフィデンスマン編』で登場した鉢巻秀男(佐藤隆太)が映画でも登場します。

彼についても桂同様にちょい役ですが、ダー子からコメントが出るくらいはっきり映ってくれます。

ドラマコンフィデンスマンでの因縁の相手「赤星栄介」との過去について

※この項目では、ドラマ「コンフィデンスマン」第1話のネタバレがあります※

ドラマ版「コンフィデンスマン」第1話では、悪役として江口洋介演じる「赤星栄介」が登場しました。

彼は日本のゴッドファーザーで、悪徳財団「あかぼし」の会長として君臨し、いたるところできたない手法を使って金をせしめていました。

ドラマ版第1話に登場した彼は、

第1話でダー子たちにはめられて20億円だまし取られます

この話で赤星はダー子たちにプライドを傷つけられたとずっと恨みに思っており、映画で復讐を果たそうと画策をするキャラクターとして再登場。

かなり物語に大きくかかわってくる人物なので、

ドラマを見ずに映画を観ようと思っている方は、赤星とコンフィデンスマンである3人の間には濃ゆい因縁があると頭に入れておいてくださいませ!

言葉について

ドラマコンフィデンスマン、映画『コンフィデンスマンJP』ともに、作品の中でだけ使われる独特な言葉があります。

別に説明がなくてもわかるといえばわかるのですが!

ここでは作品に入り込みやすいように簡単に記載しておきますね!

おさかなって?

ドラマでも映画でも、ターゲットとなる人物を指してダー子たちがスイートルーム(作戦会議室)でおさかなを発表します。

このおさかなとは、大金を持っているけど少し癖があり、ぎゃふんといわせてもいい人物のことを指しています。

大物を釣り上げるとよくいいますが、

この作品ではその言葉にちなんで、さかな=金持ちを指し、これを釣り上げることで大金をだまし取るという描写がされます。

映画でも「今回のおさかな発表!」とダー子が高らかにターゲット予告するなど、ドラマでお決まりの表現が使われるので、初見の方はちょっと驚いちゃうかもしれませんね!

こねこちゃんって何?

ダー子はドラマでも映画でも「こねこちゃん」という言葉をよく使います。

ドラマを見ていない人は突然「こねこちゃん」という言葉が出てきて混乱するかもしれないので少しだけ解説。。。

こねこちゃんとは、ダー子たちが詐欺を働く際に協力してくれる助っ人(サポーター)のことを指しています。

ダー子たちが大物を釣り上げるために多くの助っ人が必要になり、この言葉が多用されますが、映画でもこねこちゃんという言葉は出てくるので頭の隅にでもいれておいてくださいませ。

余談:小物、場面について

これはちょっとだけ余談です!

ドラマで出てきた小物や場面が再度映画でも登場しているのでちょっとだけおさらいしておきます!

マネー銃

ドラマでお馴染みの、お金(札)が噴射されるマネー銃。

ダー子が両手にもってはしゃぎ倒すのがドラマではおなじみですが、映画でもこのマネー銃は登場します。

ダー子だけじゃなく、マネー銃を片手にあの人物も大騒ぎするので必見?

犬やカエルのオブジェ

ダー子愛用の犬やカエルのオブジェがドラマでは多々スイートルームにて登場。

映画でも節々に出てくるので見つけてみてください!

スイートルーム

ドラマで同じみの作戦会議室こと「ダー子のスイートルーム」。

「Gondorff Hotel」という高級ホテルにあるスイートルームはもはや一同が集結するおなじみの場所でしょうか。

このスイートルームは映画でもしっかり登場しています。

このほかにも、色々とドラマに出てきていて、映画にも再登場するものがあるのでよければ見つけてみてくださいね!

ドラマを見てから映画をみた方が断然楽しめるので、ぜひドラマもみてみてください汗

ドラマ『コンフィデンスマン』を無料でみるなら

『コンフィデンスマンJP』は大人気ドラマ『コンフィデンスマン』の映画化作品です。

ドラマシリーズをみていなくても、

内容についていけなくはないですが……

ドラマシリーズをみてから映画を観た方がより楽しめるので、ぜひ、ドラマをみてから映画館へ足を運んで観てください!

ドラマ『コンフィデンスマン』はFODで無料配信しています!

気になる方はぜひチェックしてみてくださいね!

↓詳細はコチラから↓


※無料期間中にドラマを全話みて解約すれば一切料金はかかりません※

まとめ

以下、本記事のまとめになります。

・『コンフィデンスマンJP』はドラマを見ていなくても楽しめはするものの、ドラマを見てから映画を観た方がより楽しめる作品

・管理人個人としては、できるだけドラマは観た方が良いと思います!

『スポンサーリンク』


スポンサーリンク