映画『ピーターラビット』でビアがノリノリで聞いていた曲名は何?

こんにちは、Kazuです。
映画『ピーターラビット』では挿入歌がたくさん使用されています。
その中の一曲であるビアがヘッドフォンをして聞いていた曲について、本記事に載せていきたいと思います。

スポンサーリンク


※目次をタップ(クリック)で詳細に飛べます。

目次
映画『ピーターラビット』について
挿入歌は何曲くらいあるの?
ビアが聞いていた曲の名前は?
アーティストって誰? 販売情報は?
まとめ

映画『ピーターラビット』について

原作が絵本の『ピーターラビット』。

2018年5月に実写映画化され日本で公開となりました。

もふもふのピーターとその兄妹、いとこのベンジャミンに癒されること間違いなしのこの映画、ミュージカル風の歌を登場する動物たちが歌うことが売りの一つ。

食べ物を投げたり、ピーター達の巣穴の隣に越してきたトーマスに理不尽なことをすることから賛否が分かれる映画ではありますが、ギャグコメディ的な要素が多いため子供から大人まで楽しめる映画になっています。

関連記事 ⇒ 【ネタバレあり】映画『ピーターラビット』と原作絵本との違いは?

挿入歌は何曲くらいあるの?

全部で21曲です。(映画のエンディングロールで確認しましたが、もし間違いがあれば訂正します汗)

ミュージカルの歌やラップ、Jポップなど様々な曲が起用されています。

もともと作られていた既存の曲を使用していることが多く、「I Promise You」以外はアレンジが加えられていない様子。

関連記事 ⇒ 映画『ピーターラビット』の劇中歌の名前は?ラップや動物たちが歌っていた曲、挿入歌についてまとめてみた

ビアが聞いていた曲の名前は?

ビアはおそらく原作絵本『ピーターラビット』の作者ビアトリクス・ポターかと思われますが、ビアという名前でピーター達をかわいがる隣人として登場するキャラクターです。

こちらのビアがピーターとトーマスが争っていた際に爆音で音楽を聴いているのですが、その曲名は以下の通り。

曲名:Fight Song

強弱がはっきりしたテンポゆったりめの曲です。

ファイトソングとタイトル付けされているだけあって落ち込んだ時に聞くと元気づけられます。

アーティストって誰? 「Fight Song」が収録された円盤について

アーティストについて

歌っているアーティストはレイチェル・プラッテン(Rachel Patten)。

何だこの美女。歌がうまけりゃ顔もいいとは、神様は不公平だと思ってしまいますな……。

レイチェル・プラッテンはアメリカのシンガーソングライターで1981年5月20日にアメリカのマサチューセッツ州ニュートンセンターで生まれました。

映画『ピーターラビット』で起用された「Fight Song」は2015年にリリースし、人気歌手のテイラー・スウィフトなどの支援も手伝って全米で240万枚以上を売り上げて年間20位を記録しています。

日本でもジャパンホット9位に選ばれるなどしテリリース翌年、来日し、「スッキリ!!」など多くのテレビ番組に出演したことで知名度を上げました。

「Fight Song」が収録された円盤について


ワイルドファイア

曲が収録されたアルバムは上記の「ワイルドファイア」です。
ファイトソングとリミックスも含めて17曲が収録されたアルバムで、レイチェルの歌をたくさん聞きたいという方にはオススメです。

ファイトソングだけがいいんだ!という方は下記のデータ版がオススメ。


ファイト・ソング

まとめ

以上が映画『ピーターラビット』でビアが爆音で聞いていた曲、「ファイトソング」とその歌唱者であるレイチェル・プラッテンについてでした。

いかがだったでしょうか。また追加情報があった際は追記させていただきます!
スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です