ネタバレあり『貞子』矛盾やつっこみ所が満載!過去作映画とのつながりなど考察や、感想をまとめてみた

スポンサーリンク


ついに!

リングシリーズ最新作『貞子』が公開されました!

 

ハリウッドまで進出した貞子さんはもはや国民的アイドルでしょうか(笑

今作は彼女にスポットが当たった作品の可能性が高いことからも、注目を集めています。

劇場へ足を運ぶぞ!という方も多いのでは?

 

本記事では、

・映画『貞子』矛盾点(つっこみどころ)

・リングシリーズとのつながり(リンク)

・作品について考察と感想

以上について記載していきます。


目次

※映画結末などネタバレ記事のため注意!
鑑賞後にご覧ください!※


貞子が出演するホラー映画『リング』シリーズは現在U-NEXTで無料で一気見できます!

みたい!という方はぜひこちらから詳細へどうぞ!

『貞子』予告動画+あらすじ

予告動画

あらすじ

撮ったら、死ぬ。

その呪いは、ある一つの動画から始まった。

この映画、容赦ない__。

(参考ソース:https://sadako-movie.jp/)

『貞子』矛盾点について考察

『スポンサーリンク』


あくまで個人的な意見になりますが、

今回映画が公開された『貞子』の矛盾点について私的な考察をこの段落ではまとめます!

と、その前に、結末などのネタバレをしておかないと矛盾の意味の解釈がなかなかできないので、最初にネタバレをざっくりさせていただきますね!

ネタバレしてほしくない!という方は『貞子』鑑賞後にまたみに来てくれたら幸いです!

以下、簡単にネタバレとは言いますが……

映画尺を文字に起こしているのでちょっと長くなります(;・∀・)

映画『貞子』起承転結を簡単にネタバレ

起:ヒロイン茉優と、謎の少女

心理カウンセラーの秋川茉優は、

患者である「倉橋雅美」の状態が良くなってきていることに安堵しながらも、彼女からの執拗な好意に戸惑いを抱いていた。

そんな折、茉優は弟である「秋川和真」がネット動画配信にはまったことが原因でプログラマーの専門学校をやめ、路頭に迷っている旨を知ってしまう。

悩みが絶えない彼女は、日々をうつうつと過ごし、思い悩んでいた。

そんな中、茉優が務める病院に5人もの死者を出した沼田団地火災事件の生き残りの少女が入院してくる。

少女は母親である祖父江初子が人知れず産み落とした隠された子供であり、名前すらなく、火災のこともショックから忘れているようだった。

しかし、死者が出たこともあり、警察の聴取を少女は受けることになってしまう。

カウンセラーである茉優が付き添う中、

少女は聴取を受けるが、

聴取にこたえようとしない少女は部屋にあったおもちゃの砂場を睨みつけた。

茉優が少女の見つめる先を見ると、

砂場のおもちゃが砂に埋もれていくところだった。

まるで少女が動かしたように見えた茉優は怯えるものの、そのことに気づいているのは茉優だけのようだった。

承:消えた弟と呪いの動画

茉優は少女のことにおびえながらも、

少女が実の母からクローゼットに閉じ込められて虐待されていた不遇を知り、同情するようになった。

また、少女は、茉優が話していないにも関わらず、茉優に触れただけで茉優が施設で育ち、一人孤独な日々を過ごしてきたことを察知した。

このことに茉優は驚きながらも、

少女が母親から「貞子と呼ばれていた」旨を聞いてその名前に不信感を抱く。

一方、ネット動画配信にはまっていた弟の和真は、再生回数の伸び悩みに焦りを覚えていた。

和真は動画配信のサポーターである会社員の石田から「心霊スポットは注目が集まりやすい」と聞き、数日前に起こった団地火災の地が心霊スポットとなっていることを知った。

彼は沼田団地の現場まで足を運び、不法侵入した上に現場をカメラで撮影、おそろしいものを記録したその動画をネットにアップしてしまった。

そして和真はこの動画を撮った直後、石田に「もっとすごいものがとれる。俺は見たんだ」と謎の発言を残したまま、音信不通になり、行方をくらませてしまった。

転:貞子、動き出す

和真と連絡が取れない石田は心配になり、姉である茉優に連絡を取った。

茉優は石田のことを和真から聞いており、ネット動画配信の世界に足を踏み入れた原因が石田にあり、弟がいなくなったのは石田の責任もあると彼を叱責する。

しかし、石田は責任を感じるものの、何もできることはないと茉優を残し去って行った。

茉優は和真を探すべく、石田から聞いた動画を見てみることにした。

そこには髪の長い女の姿が映ったおそろしいものが記録されていた。

この動画に対して何かあるのではないかと不安になりはじめた茉優だったが、病院から帰宅する際、嫌な予感がして、日ごろ茉優が使っているカウンセリングルームを覗いてみることにした。

すると、そこには今まさにカウンセリングルームのカギをあけようとしている担当患者の倉橋の姿があった。

手には花があり、その花は毎日倉橋が不法にカギを持ち出して部屋に侵入し、飾っていたものであることが明らかになった。

驚いた茉優は事情を聞こうとするが、花を整えるために持ってきた倉橋の鋏をみて怯えてしまい、このことで倉橋を刺激、倉橋は茉優に襲い掛かる。

しかし、寸でのところで倉橋は動きを止めた。

驚いて茉優が振り返ると、そこには団地火災で生き残った少女の姿があった。

少女は眼力で何かできるのか、倉橋を見つめると、倉橋は怯えたようにその場にへたりこんでしまう。

そして少女はその場に倒れこんだ。

倒れこんだ少女に茉優はかけよるが、その後ろでは一点を見つめて怯える倉橋がいた。

倉橋は、広間にあるテレビが砂嵐になるのを見た。

そして、その砂嵐はある井戸を映し出し、その井戸から髪の長い女が出てきた。

その女はテレビから抜け出してきて、倉橋の眼前の迫った。

倉橋は悲鳴を上げ、これに驚いた茉優も女の姿を確認、二人から逃げるために少女を抱えて歩き出すが、茉優は女に腕をつかまれて失神してしまった。

すぐに茉優たちは他の医師によって見つけられるが、倉橋は錯乱状態になり、さらに、少女は意識不明の重体になってしまった。

しかし、茉優は倉橋が黒髪の女をみて「貞子」と呼んだのを昨夜確認しており、倉橋から事情を聞くことにした。

倉橋は高校時代、友人が呪いのビデオで死んだこと、それが貞子によることを茉優に聞かせた。

そして、弟のことを聞いた倉橋は、弟は貞子に呪い殺されると告げるのであった。

結:ラストで貞子、ドアップで素顔を観客にさらす

和真を救うには、彼がどこにいるのか知らなければならない。

茉優は彼の動画から、

和真の行方を追っていた石田とともに、伊豆大島に和真がいることを突き止めた。

伊豆大島にある祠は、

漁師たちの魂を鎮めるために建てられたものとされていたが、

現地にいた老婆の話によると、

間引かれた子供の魂を集めるため、

また、そこにすくった怨霊「貞子」にその魂をくらわせるためとのことだった。

恐ろしい事実に震える二人だったが、

夜になると和真が貞子にさらわれてしまうことは動画を見てわかっていたため、祠を探すために洞窟へと足を踏み入れた。

そして、洞窟の中で祠を見つけ、貞子が赤ん坊のころに母親に捨てられた過去を茉優は知ってしまう。

間引かれた子供の魂が集まる地に捨てられ、生き残ってしまったために貞子に特殊な能力が宿ったと知った茉優は、どうにかして彼女から逃れるため、和真をさがした。

そして、和真がうずくまっているところを発見し、連れ帰ろうとするも、奥にあった水辺に倉橋から自分を助けてくれた少女がなぜかいるのを見つけてしまう。

間引かれた子供たちの魂によって少女が沈んでいくのを見た茉優は、これを止めるために少女を抱き上げ、救い出すことに成功。

外に取り残されてしまっていた石田も駆け付け、和真を連れて外に出ようとするが、水辺から貞子が上がってきて茉優はピンチに。

これを助けるため、和真は貞子に水辺に引きづりこまれてしまった。

和真を失った茉優は後日、精神疾患を患い、入院していた。

そして、その病室に、髪の長い女「貞子」が現れるのであった。

矛盾点を一つずつ拾っていくよ!

ざっくりストーリーのネタバレをしたところで、矛盾だと思ったところを個人的にピックアップしていきます!

七日間の呪い設定はどこにいったの?

貞子が登場する『リング』シリーズでは、

呪いのビデオや動画を見てしまったものは7日後に必ず死んでしまう呪いがかかるという設定がありました。

ビデオみたら七日で死にます!というのが醍醐味の貞子さんなんです。

しかし、呪いのビデオ……いや、動画を見てから7日で死ぬという設定は今作にはないみたいです。

というよりも、呪いの動画をみたら死ぬというわけではなく、撮ったら死ぬとか、呪われたら死ぬに改変されている様子。

弟に関しては不法侵入して撮ってしまったから、貞子さんから出演料として命を取られた感じ(実際は和真も茉優も親から捨てられた貞子と同じ幼少時代を過ごしたから殺された設定)ですが、倉橋は何も撮ってないのでこれには該当しません。

撮ったら死ぬというキャッチフレーズなのですが……

どうやらそうでもないみたい、というかない、です!

意味なく大量に人を殺すこともあった貞子さんですが、結構作為的に殺すようなところもあったので……今作ではそういったものはないのかなぁ……

一見、貞子と同じような幼少時代を過ごした人物が引き寄せられるようにして呪われるように思えましたが、前述通り倉橋はこれに該当しないと思うので……

倉橋の過去はあまり語られなかったため、

彼女が親から捨てられたのであればまた別の話ですね……

過去に倉橋が登場したリングシリーズでは、『リング1』『リング2』でも親から捨てられたといった描写はなかったので、過去に貞子と関わったから殺されたってことかもしれませんね……

説明についてはちょっと尺が足りなかった感じですかね!

リングシリーズ見ていない方からしたら「?」な登場人物になりそうですな……

貞子って海辺の怨霊だったっけ?

これについてはかなりあいまいなのですが……

伊豆大島出身という設定は『リング』の貞子さんと同じのはずなので問題はないです。

ただ、今作で出てきた水辺? 貞子が登場したあの水のあたりって井戸なんでしょうか……?

確か、『リング』シリーズの貞子さんが出てきた井戸はもうちょっと森というか林の中にあったイメージだったのですが(実際ビデオの井戸から出てくる貞子さんも、木の葉をかき鳴らしてくるし)……

今作『貞子』では崖っぷちというか海岸付近に水辺があって、そこにすくった怨霊こそが「貞子」みたいな描かれ方だったんですよね……

いやいやいやいや、海坊主かよ(笑

あれ、井戸はどうなっちゃったの?

これもちょっと気になりました。

おそらく、海岸にあったあの水たまりがもともと井戸だったんだと思うのですが……

井戸っぽい感じがあまりなかったんですよね。

洞窟の下から空を仰いだ景色は、

貞子が井戸のふたを閉められるあのシーンから比べても大差ないですが、いやいや、様変わりしまくってて場所すら違うところみたいに錯覚してしまいました。

貞子も初登場から大分経っているので、お引越ししたくなっちゃったんですかね……

そもそもこれ本当に同じ場所なのでしょうか。

間引かれた子の魂を食らうために貞子も来ちゃったとかでしょうか。

貞子を封印しているとかいってましたし……

封印されてたのって井戸ですよね確か……

もっかい全部見直すか……

倉橋氏、なんで死んだの……

本作『貞子』では、

カウンセラーの茉優ちゃんに固執するおばさんの倉橋さんが登場。

この倉橋さん、かなりなキーパーソンで、

黒髪の女性が貞子であること、

貞子が人を呪い殺せること、

貞子の母と父のこと、

などなど……貞子の出生から呪いに関してまぁまぁ詳しく知っちゃってます。

実はこの倉橋ってキャラクターは『リング』、『リング2』に登場した人物なので、一連の流れを知っているのはわかります。

ただ、なんで死んだのかちょっとよくわからなくて。

真相にたどり着いた人って大半死んじゃってるので、それで殺されたんでしょうか。

確かこの倉橋はビデオは見てなかったような……

過去にビデオ見ちゃっていたとしても、7日で死ぬはずなので、その設定が死んでいたとしても過去作で死んでしまっていないとおかしいです。

今作で登場させたのであれば、不遇な人生を送ってきたという設定を付随させるべきだったんじゃないかなぁと思います……

幼少期一人ぼっちだったとか。確かそういう描写なかったと思うんですよね……

いやはや、ご都合がよろしい。

貞子、どうやって生き残ったの?

劇中で、貞子は母親に捨てられたところを茉優が目撃して、明らかになっています。

ここで生き残って、さらに父親に殺されたという解釈でOKなら問題ないかもですが……

そもそも赤子の状態で捨てられたのにどうやって生き残ったのか謎です。

全くそのあたり描かれていないので……

初見の人はちんぷんかんぷんかもしれません。

常識的に考えてしまうと、

さむそうな洞窟の中であかちゃん一人で生き残るなんて不可能なので…。

過去に間引かれた怨霊が育ててくれた(もののけ姫かよ)とか、親に捨てられたことを恨んだその恨みで生き残ったということでしょうか……

赤子で生き残るって幽遊白書の飛影しかできませんからね…

この辺り本当に解釈しきれませんでした。

細かい設定がありそうなので、何回も映画みないとだめそうですね…。

純粋に弟を助けてあげて!

弟和真をわざわざ伊豆大島まで助けに行った茉優と石田。

茉優は必死に貞子に引きずりこまれる弟を助けようと抱き着いて離れようとしませんでしたが、これを石田が引き離してしまいます……

弟から姉ちゃんをたのむ!といわれたから、とか、

貞子に茉優ごとひきづりこまれちゃうかもしれないから、とか、

色々と理由は考えられるのですが……

間の置き方がちょっと雑で、映画を実際に観ていると「いや、石田さんいまのタイミングで助けられたんじゃ……」と思わなくない描写が多々……

弟に突き飛ばされて(あんまり強く突き飛ばしてはないと思われる)ひるんでいたにしては、二人を助けに来るまでに時間がたちすぎなところがあったので、描写についても雑じゃないかなぁと思ってしまい……

このあたり矛盾してるなぁと。

石田が頭をぶつけるとかする描写をはさんでいたらありだったとは思います……

そもそもこれ、石田いらなくない?とか思っちゃったり。。。

結局パパは関係してなかったの?

『リング』、『リング2』では貞子の父親が貞子を井戸に落とした経緯とか、彼女の父親が色濃く関係してくるような描写があったような気がしていたのですが……

今作『貞子』では倉橋がちょろっと父親が井戸に貞子を落として殺したというだけで、これといって絡んできません。

彼女の話から、父親が貞子を殺したと思われていましたが……

映画終盤では貞子は母親が捨てていったとされていたので、直接父親が殺した描写はないようでした。

赤子を母親がすてて、その赤子がいきていて育ち、さらにそこを父親に殺されたってことでしょうか。

過去作は18歳くらいになった貞子が殺されていたので……

過去作とのリンクがあまり見つけられないというか……

深く考えてしまうと矛盾が出てきてしまいますね……

伊豆大島いきなりドンキーすぎない?

過去の作品を通してみている人なら伊豆大島が突然出てきても問題なく呑み込めますが、本作『貞子』では特に伏線がない状態でいきなり「伊豆大島」が登場します。

少女が同じ不遇を受けたから貞子を呼び起こしてしまった。という設定のようですが、ちょっと無理ないでしょうか……

少女が伊豆大島にいった過去があるとかならまだしも…

遠く離れた土地にいる女の子が、たとえ同じ待遇を受けて育ったにしても脈絡がなさすぎです。

初見の人にとってはいきなりすぎのように思えました。

あくまで個人的にですが(;・∀・)

映画『リング』シリーズとのリンク、つながりはある?

今作『貞子』は、

過去作品『リング』シリーズとは、

伊豆大島とか、

貞子に関わると呪い殺されるとか、

うっすらなつながりはありますが、

すべてつながっているというわけではありません。

しいて言うのであれば、

今作に登場した倉橋という登場人物は『リング』、『リング2』に登場するので、

前のシリーズを観ていない人にとっては降ってわいたようなキャラクターといっていいかもしれません……

あと、伊豆という貞子出生の地に関しても同様です。

色濃いリンクというものはないですが、

今作を観るのであれば予備知識として『リング』『リング2』あたりは抑えておいて損はないと思います。

『貞子』感想

久々の貞子ちゃん作品ということもあり、めちゃくちゃ楽しみにしていました!が、

いやあ、正直にいうと怖くはなかったです!(笑

ホラー映画を見まくっているため、この手の映画に慣れちゃってしまったというのもあるかもしれませんが……

違和感を覚えるところが多かったせいか、怖さに集中することができませんでした。

単純に笑えてしまうところもありましたし(怖さと笑いは紙一重です(;´Д`)

リングシリーズを全部見てきた人にとってはやっぱり1作品目の『リング』が一番怖いんじゃないかなぁ……

同じ監督さんなのですごく期待していたのですがちょっとだけ残念です。

あと、最後の最後のカットで貞子の顔全体を映しちゃったのも個人的にはマイナスでした……

目元だけだから怖かったのに全部映すとは……

監督的には「おなじことをしているといわれたくなかったから」らしいのですが、賛否両論ありそうですね。

謎解きについても、1作目にあるような丁寧な描き方がされていなかったので、尺が全然足りていない感じでした。

現代に合わせすぎた感じがあったのと、効果音の使い方が変わったんでしょうか……

どーんとかきぃいいいとか、ホラー独特の音がなかったような気がします。

ホラー映画って結構びくっと体を動かして驚いちゃったりするのですが、今作ではそれがなく……

多分効果音の問題かなぁ……

色々と楽しみにしていた映画なので、期待値が高すぎたのかもしれません。

普通に初見の人なら

純粋なホラー映画として楽しめるんじゃないかなぁとは思います!

貞子が登場するリングシリーズを無料で一気見!

今回映画が公開された映画の主人公であり、長い黒髪が特徴の怖い怨霊「貞子」が出演する映画は、

・『リング』

・『らせん』

・『リング2』

・『リング0バースデイ』

・『貞子3D』

・『貞子3D2』

以上の6作品。

同ホラージャンル『呪怨』でおなじみの悪霊とコラボしちゃう『貞子VS加椰子』もいれると7作品あります。

最新作『貞子』が公開されたこともあり、全作品を一気見したい!という方もいるのではないでしょうか。

上記7作品は、すべて動画配信サービスのU-NEXT」で無料視聴することができます

月額制のサービスのため、

通常は月々1990円かかりますが、

U-NEXTでは登録してから31日間は無料でサービスを受けることができます!

無料期間中に全作品をタダで一気見して、解約してしまえば一切お金はかかりません

タダで上記7作品をみられる上、他アニメやドラマも満喫できちゃいます!

また、他のVODでは登録後に何か特典がついてくることはありませんが……

U-NEXTの場合、登録後に600円分のポイントが贈与されるため、

通常は有料でしか観られない映画や、アダルトチックなものももらったポイントでみることができちゃいます!

登録するだけで600円分もらえるというのはあり得ない破格のサービスなので、ぜひチェックしてみてください。

※無料期間中に解約すれば一切料金はかかりません※

貞子が出演する映画の配信期間は2020年3月27日までです!

映画に関してもU-NEXTは優秀ですが、

漫画や雑誌の見放題作品も非常に多く、もちろん、そちらにもらったポイントをかけることもできます!

読みたいけど書店にいって買うのが恥ずかしい本なども、ポイントを使ってU-NEXTでよめちゃったりするので、そういった意味でもおすすめです。

他のVODと比べると配信されている動画数やコミック数、サービスが充実しているので、ぜひチェックしてみてくださいね!

!今すぐU-NEXTをはじめる!

まとめ

以上が『貞子』についてネタバレや矛盾、考察、感想まとめでした。

あくまで個人的な意見なのでそうじゃないだろ!という意見もあると思いますがご勘弁を汗

面白い映画ではありますが、

ホラー映画が大好きで日ごろから見ている人にとってはそれほど怖くはない一本かもしれません。

映画のリンクもなくはないので、ぜひ『リング』、『リング2』くらいは抑えてからいってみてくださいね!

ではでは、映画をみるよ!という方も、やめておくわ!という方も、良い映画ライフをお過ごしくださいませ!

『スポンサーリンク』


スポンサーリンク