ネタバレ『アス(US)』結末や伏線の意味考察など矛盾点、ラストまでの流れについてまるっとまとめ

スポンサーリンク


ゲットアウトのジョーダンピール監督がおくる映画『アス(US)』。

早くから注目されている作品なので、

映画を観たい!!という方も多いはず。

『スポンサーリンク』


本記事では

・『アス(US)』結末(ラスト)はどうなったの?

・矛盾点の考察

・伏線の考察

・ラストにいたるまでの話の流れ

・映画の感想

・キャストは誰か

以上について記載していきます。


目次

※ネタバレの記事なので注意してください※

『アス(US)』予告動画+あらすじ

予告動画

あらすじ

夫ゲイブ、娘のゾーラ、息子ジェイソンとともに幸せな日々を過ごしていたアデレイトは、家族で夏休みを過ごすため、幼少期に住んでいたカルフォルニア州サンタクルーズの家を訪れていた。

しかし、旅先で不気味な偶然に見舞われ、アデレイトは過去のトラウマがフラッシュバックするようになる。

アデレイトはこのことが起因して、

家族の身に何か恐ろしいことが起こるという妄想を次第に強めていくようになってしまう。

そんな中、彼女の前に自分たちとそっくりな家族「わたしたち」が現れて__

『アス(US)』結末(ラスト)はどうなったの?

『スポンサーリンク』


映画『アス(US)』では、

ウィンストン家(4人家族)のもとに自分とそっくりの家族が現れ、ウィンストン家は彼らと対峙することになります。

一家の母であるアディ(アデレイト)は、

小さいころサンタクルーズの浜辺にある遊園地でドッペルゲンガーにあったことがトラウマになっており、サンタクルーズの浜辺に家族でいくことをおそれていました。

しかし、父のゲイブがビーチに行きたいといったことで浜辺を訪れてから、妙な偶然が重なり、アディはドッペルゲンガーに襲われると危惧します。

その夜、アディの予想通り、ウィンストン家にそっくりの家族=ドッペルゲンガーたちが現れて襲撃されることになります。

ドッペルゲンガーたちに襲われることとなったウィンストン家一同は殺されかけますが、最終的にはドッペルゲンガーたちを返り討ちすることに成功。

映画中盤では世界中にドッペルゲンガーが現れ、本物たちが続々と殺されていっていることが判明しますが、ウィンストン家一同は生き延びることができました。

しかし、映画ラストでは母アディの衝撃の過去が明らかになります。

母アデレイトはドッペルゲンガーだった?

一家が合流して車で移動する最中、運転していたアディ(アデレイト)は過去に何があったのかきちんと思い出しました。

幼いころドッペルゲンガーにあって怖い思いをしていたと思っていた記憶は間違いで、

実は、

彼女は幼いころ地下で暮らしていた影側の人間であり、ひょんなことから地下に長く続くエスカレーターを上り、地上にいた本物のアデレイトに出会います。

地上で暮らすアデレイトを見つけたドッペルゲンガーのアデレイトは、彼女を気絶させて地下へ連れていき、本物のアデレイトが着ていたTシャツを奪って地上へ行きます。

そして、地上で本物のアデレイトの両親と会ったドッペルゲンガーのアデレイトは本物に成り代わり、地上での生活を手に入れたのでした。

この過去が暴露されたことによって、

なぜ彼女が浜辺で迷子になったときから話せなくなったのかがわかります。

迷子になって帰ってきたアデレイトは本物のアデレイトに化けたドッペルゲンガーのアデレイトだったからです。

(生まれた時から地下でテザード(ドッペルゲンガー)として生きてきたアデレイトは言葉を話せなかったはずのため)

本物になりかわったアデレイトは、その後言葉を学び、何があったのか両親に聞いたりして徐々に地上での生活に順応。

結婚して子供も設けて幸せになって影であったことを忘れてしまったのではないでしょうか(映画を鑑賞した人のとらえ方は何通りもあるのでこれが正しいというわけではないです汗)。

彼女が「ずっと狙われている気がする」といったのはなりかわってしまったことへの何かしらのうしろめたさ(テザードに感情はないとなっていますが…)があったのではないでしょうかね……

矛盾点はあった?個人的な考察について

この項目では作品の矛盾点について個人的に考察していきます。

結構、あげ足をとるというか……

ふつうは気にならないどうでもいいことも取り上げていたりするので、

『アス』自体が大好きで矛盾点なんてないだろう!と思う方は閲覧を控えていただけたら幸いです(;・∀・)

記憶はどうなっているのか

映画ラストでは、

主人公であるアデレイトが過去にあった出来事はすべて本物のアデレイトの記憶であり、地上で長らく暮らしていたアデレイトは実は地下で生まれ、地下で育ったドッペルゲンガー(テザード)であったことが判明します。

「あぁなるほど! こ、こわ!」と一瞬思ってしまいましたが、アデレイトはまるで本物のアデレイトの体験を実体験したかのようなリアクションを劇中とり続けていました。

ゲイブに過去の経験を泣きながら話したり、

浜辺にいきたがらなかったりと、ドッペルゲンガーであることを自覚していたのであればおかしい言動が多々。

実際にドッペルゲンガーが攻めてきて彼らを見たときも恐怖し、影の存在を知っていた人間のそれとは思わず、地上で生まれ育ったような人間のリアクションでした。

とてもではないですが自身がドッペルゲンガーと自覚している人間のリアクションとは思えません。

もしアデレイトがドッペルゲンガーであることを自覚していたのであれば、

そこまで浜辺に対して恐れなかったはずですし……

自身が入れ替わった本物のアデレイトの復讐を恐れたのであれば、ゲイブに泣きながら「襲ってくるかもしれない。帰りましょう」と促すようにいうのではなく、もっと強気に出たのではないでしょうか。

これらのことを考えると、劇冒頭から流れていた過去の記憶はドッペルゲンガーであるアデレイトが本物のアデレイトの記憶を自分のものと思い込んでいるだけなのだとは予想できます。

アデレイトは幼いころ地上へ出てきたドッペルゲンガーですが、両親や周りの言語を覚えて話せるようになり、過去の地下での記憶は都合がいいように捻じ曲げてしまっていたのでしょう。

ドッペルゲンガーからしたら地上でいい暮らしをしている人間がいたと分かった場合、また地下へ戻りたいとは思いませんし、地下で本物が暮らしていると記憶しているのは怖くてたまらないことでしょうからね……

個人的に記憶についてはちょっと解釈が難しかったですが、実際のところどうなんでしょうか……

管理人は理解力が乏しいので一回見ただけじゃわからなかったため、レンタルが始まってから再度みてみようと思います。

なぜ自ら火だるまに? 火と息子の関係性について

息子ジェイソンと、その影であるプルートは、つねに火について執着があるように思えました。

ジェイソンは火のつかないライターで火を起こそうとする手品(なのかな?)をずっとしていますし、プルートは顔下半分が焼けたのと、劇終盤に自ら炎に身を投じて死んでしまいます(ここでは死なずにジェイソンとなりかわったとする説もあり)。

また、プルートだけは武器のはさみを持っていないのはなぜなのか、それも不明。

おそらく何らかの意図があるのだとは思いますが……

管理人には解けず。

あと、ガソリンをつないで罠をはっていたのに気づかれちゃって爆発しなかったのに自ら死に向かっていったのも個人的には謎でした。

矛盾点というよりは解釈できなかった部分です……

なんでしょうかこれ……絶対意図があるのは確かなんですが、なぜなのかわからないです……

火って何か意味があるんでしょうね……

地下がきれいだったのは政府が関与しているからなの?

レッド(本物のアデレイトだが地下暮らしだった人間)は、劇終盤、アデレイトと対峙する際に地下の教室で黒板に落書きをしています。

この教室にたどりつくまでに、アデレイトは地下へたどり着いてこぎれいな(なんだろうこれ)地下道にたどり着きます。

この地下道にはたくさんのうさぎがいて、糞もちらかっていなければ目立った汚れはありません。

血だまりとか……そういうホラーにありがちな汚れもなし。

なので、誰かが掃除しているのは絶対なのですが……

地下の人間はみんなあんな感じ(言葉も話せないし普通じゃない感じ)なので、掃除が普通にできるとは思えません。

じゃあテザードを作り出した政府?秘密組織?が介入しているのか?

というと、テレビで誰も対策を講じていなかったところ、そうでもなさそう……。

じゃあなぜ地下があんなにもきれいなのか……

うさちゃんを食べて暮らしていたのならもっと何か……汚れがあってもおかしくないのでは。

みたところ腹掻っ捌いて皿からもりもり手で食べていたっぽいので……

その手で壁とか触ったら純粋に落ちない汚れとか付きそうと思ってまう……( ゚Д゚)ツッコンダラオシマイヤ

全然退化していないのはなぜなのか

根本ではありますが、何世代にもわたってテザードが地下で生活をしてきたのであれば、日の光を浴びていないことになるはずです。

そうであるとすれば、長年の地下生活で目はもちろん、姿かたちが人間からは離れた別の生き物のようになっているのが普通ではないでしょうか……(退化するほど時間たってないだけなのかもしれないですが……)

こんなあら捜ししたら作品がなりたたなくなるのでやめたほうがいいのですが、すごく気になってしまってしまい。。。( ゚Д゚)オイオイ

政府や秘密期間などが関与して彼らに日光浴でもさせていたのならまた話は別ですね。

退化しないにせよ、日の光を浴びていないのであれば体格がそのままというのはおかしいですよね……

骨も穴だらけになりそうですし……こつそしょーしょーですよ……こつそしょーしょー……

そもそも食物や衣服はどう工面していたのか

これもあらさがしです……すみません。

地下の人間の食料がうさぎだけというのはかたよりすぎているので、別に何か食べ物があったのは間違いないです。

アメリカの使われなくなった廃線に出るのはネズミやゴキブリくらいではないでしょうか。

それ食って地上と同じ数の人間が何世代にもわたって暮らしていくなんて難しいのではないかと勝手に思ってしまったり。

ただ、ゴキブリとかネズミって大量発生するので食料に関してはこれで脱せなくもないでしょうか。

しかしのかかし。

衣服は、地下で作るとか、材料の調達とかもあるでしょうし、どうしようもないですよね……

まさか言葉を話せないテザードの中にも裁縫マスターがいるとかでしょうか……

ちょっと無理があるので何かしら地上からの介入があるのでしょう。

はさみとおそろいの衣装はどこから……?

そうこれ。これもくそみたいなあらさがしですが、個人的にキャパオーバーでした。

はさみと衣装に意味があるとしても、地下の人間がおそろいの衣装やはさみを手に入れるのは困難なはず。

この金のはさみや赤い衣装っていったいどこから……

やはり裁縫マスターが存在したのか…?!( ゚Д゚)ソレハナイワ

地上の人物と運命をともにするのは……なぁぜ?

おそらく劇中に説明があったのだとは思います(もしくはわかりやすく察せる伏線があった)。

ですが、管理人は地下の人間と地上の人間が同じもの同士で結婚して同じ子供を設けるのは解せませんでした。

こんなこといったら映画の根幹が狂うので何もいわないのが正解なことは重々わかってはいるのですが、別に地下は地下で違う人間とくっついていいのではないかと……

いや、むしろ同じ数の人間が地下で暮らしているのならそうなるのが普通、のはず(劇中で地上の人間と同じように暮らしていたみたいなことを言っていたような気がしますが、地上に出ていないのに地上の様子がわかるのっておかしくないかという矛盾もあり)。

地上でアベックができれば地下でも同じもの同士のアベックができるなんて……

それも、地上での動きとほぼ同じ動きを地下でもしているなんてちょっとおかしいですよね……

どこに何があるかなんて地上と地下で違うはずなので、同じ動きなんてできっこないのですが……

いやはや、確か劇ラストくらいで入れ替わられちゃったアデレイトが人間が複製をつくることに成功したけど、体は2つにして、魂は分けられなかったうんぬんをぬかしていたので、DNA的なもので同じものとくっつきたくなるとか、そういう込み入った事情があるのかもしれません。

レンタルが開始されたらもう一度、じっくりみてみたいと思います。

何かいっていたような気がするんですよね……。

伏線の意味について

この項目では映画『アス(US)』の伏線を、管理人が拾えた分だけ拾っていきます。

意味も解釈できる範囲でしていくので参考になれたら幸いです……( ゚Д゚)

※順番は思いだした順なので時系列順ではなく不同です※

迷子になってから話せなくなったということは……

劇中盤でしょうか。

アデレイトは過去に迷子になってから話せなくなってしまったという過去の回想シーンが流れます。

これはラストにつながる重要な伏線で、話せなくなったのではなく、話せなかったのというのが正解。

迷子になった最中、アデレイトは地下のテザードのレッドと入れ替わってしまったからです。

地上のアデレイトと入れ替わったレッドは地上のアデレイトの両親に育てられて言語を学び、大きくなり、次第に記憶をすり替えて過去のアデレイトのトラウマを自分のものとしたのでしょう。

11という数字とエレミアのお話

劇中では11という数字が何度か登場。

劇冒頭と浜辺に訪れた際のシーンで出てくるおじさんが持っている紙は「エレミア書11章11節」で、ドッペルゲンガーの一家がウィンストン家を襲った時刻も「11時11分」。

関係ないかもですが、アデレイトが通報したのも911で「11」が出てきます。

エレミア書11章11節の内容は、

エルサレムの人々が神の教えを聞かなかったことから神に災いを下されるといった内容で、災い=ドッペルゲンガーの襲撃を意味するものと推測できます。

また、テザードを作り出しておいて捨てたことに対して災い(復讐)が下るのも、エレミア書11章11節の内容を踏まえているのではないかとちょっと深追いしてしまいますね。

いやはや、細かいところまでよくできています……

友人宅の「テイラー一家」

これは伏線でもなんでもないので書きたいだけですごめんなさい( ゚Д゚)オイオイ

友人宅のテイラー一家は、白人の家族です。

よくあるこれまでのアメリカ映画では、黒人が真っ先に殺されることが多かったですが、この映画では黒人は一人も死にません。

逆に白人のみ殺されていきます。

同監督作品の『ゲット・アウト』は人種差別にスポットが当たった作品でしたが、今回はスポットがこれにあたっていないにせよ、映画製作やパターンに対しても、黒人を殺さないパターンをいたところを見ると黒人をないがしろにすることに対して何かメッセージがありそうですね。

手をつなぐ人々:アデレイトのTシャツに描かれた「ハンズ・アクロス・アメリカ」とは何か

地下でも地上でも、アデレイトは手をつないた人間が描かれたTシャツを着ていました。

これはハンズアクロスアメリカといって、1986年に行われたある運動を指しています。

ハンズアクロスアメリカのもととなったのは、飢餓に苦しむアフリカを援助しようとして大物歌手が集結し、ヒットソング「ウィー・アー・ザ・ワールド」を世の中に送り出した歴史的大イベント。

この運動の翌年にアメリカ国内の飢餓や貧困、ホームレスを助ける運動として企画されたのがこの「ハンズ・アクロス・アメリカ」です。

これは10ドル払って列に加わって手をつなぎ、西海岸と東海岸を結び、アメリカをつなごうとしたもので、多くの寄付金を集めることに成功はしました。

しかし、10ドルを払って運動に参加するものの多くは中級以上の階層で、実際には売名行為や自己満足が多かったのだとか。

心からの善意からでも売名からでも、

どちらにせよ、

この運動は一過性のもので、

今でもホームレスはアメリカに存在しており、問題を根本から解決するには至りませんでした(一部の貧困問題やALSの認知度の向上などには貢献しているので、決して運動に意味がなかったわけではありません)。

このことは、地下にいたテザード(ホームレスなどの貧困を象徴)の、何もしない地上の人間(中級以上の生活を送る者)に対しての抱腹運動と取っていいでしょう。

地下の人間が地上の者たちを殺していったことから、弱いものでも団結すればいかにいい暮らしをしていてもその生活はすぐに失ってしまうかもしれないことを暗に意味しているのかもしれません。

現代社会でこんな集団殺戮は現実問題あり得ませんが、中流階級以上の人間には、この案に意味していることが恐怖でしかないかもしれないですね。

スリラーについて

劇中、アデレイトはスリラーのTシャツをゲットします。

この後すぐに地下に閉じ込められることになり、アデレイトは文化はこの1986年(迷子になった年)で止まってしまっています。

そのため、彼女がきているワードロープはスリラーのマイケルジャクソンに影響を受けていると感じさせるし、1978年に公開されたホラー映画『ハロウィン』のマイケル・マイヤーズ(ジェイソン)が着ていたジャンプスーツも報復とさせます。

もしかしたら、衣装についてもいなくなった年までに地上で影響を受けた何かに関連して、かなりひねって作られたのかもしれません。

ビーチでアデレイトを襲撃してきたフリスビー

劇序盤、アデレイトは友人夫婦とともにビーチで日光浴をします。

その途中、フリスビーがビーチにひいた敷物の丸い模様を覆うシーンがあります。

この丸い模様をフリスビーが覆うのは、もともとあったもの(地上で暮らしていた本物のアデレイト)を後から来たもの(地下で暮らしていたテザードのレッド)が乗っ取ることを暗に意味し、アデレイトに成り代わったことを忘れてバカンスを楽しんでいるレッドはこれを見て不気味な予感(本物が復讐にくると恐怖)したのでしょう。

アデレイト(レッド)の狂気、ジェイソン目撃

アデレイトは、劇中盤にテイラー夫婦の娘の片割れ(テザード)に襲われ、狂気じみた方法で殴り殺します。

これを息子のジェイソンに見られてしまいますが、普通の人間であれば子供に人を殺したシーンを観られた場合それなりのリアクションがあるはず。

しかし、アデレイトはまるで何事もなかったかのように狂気をターゲットから引き抜き、行くわよとジェイソンの手を引きました。

ジェイソンはこれを目撃した際、表情をこわばらせていたようにもとれたので、もしかしたら狂気じみた母親の行動にこのときから何か感づくものがあったのかもしれません。

息子ジェイソンはママンの秘密に気づいちゃったの?

息子ジェイソンは本物のアデレイトに誘拐され、最終的にアデレイトになりかわって育ったレッドい助けられます。

おそらくですが、ジェイソンは誘拐された際に本物のアデレイトから母親であるレッドの過去(地下で作られたドッペルゲンガーであること)について聞いてしまったのではないでしょうか。

実際、レッドがロッカーから助けた際のジェイソンはなんだか驚いた様子で、さらに手をにぎるようにいったレッドに対してなかなか手を差し出そうとはせず、ぎこちなかったように思えます。

さらに、劇ラストでは車内でレッドはいぶかしげに自分を眺めるジェイソンに不気味に微笑みかけました。

自分の正体に気づいてしまった息子に対して、黙っておくように暗に意味するほほえみだったのかもしれません。

※息子ジェイソンはどこかしらでいれかわっていて影である説もありますが、管理人自身はジェイソンは入れ替わっていない説を採用して記載しています※

なぜうさぎなのか

劇中、うさぎが大量に、登場します。

ほんと、いやってくらいでてきます(笑)。

これは伏線でも何でもないですが、監督であるジョーダン・ピールはうさぎが大嫌いみたいですね。

だから食わせたのか。いやいやいや、多分違いますが( ゚Д゚)

うさぎはたくさん産むしすぐに増えるので、放っておいて増えてしまったことに対して責任を取らない人間に何か皮肉めいたメッセージがあるのかもしれません。

管理人の映画の感想

同監督の『ゲットアウト』が好きで公開日に見てきた次第ですが、いやはや朝からの回がなく、午後の微妙に怖い時間から見る羽目になってしまいました。

上映されている劇場も少ないし、地元にはないしで悲しいです……。

R15指定ともあってめちゃくちゃに怖いものと予想していましたがそこまで怖くなかったのでそのあたりは肩透かしでした。

ただ、よくねられた脚本やメッセージ性などは考えれば考えるほど面白い作品なので見てよかったと心から思えました。

個人的には『ゲット・アウト』のほうが好みではありましたが、間違いなくあたり映画です。

ちょっと怖いものが苦手な人にはおすすめしませんが、気になっているのであればぜひ劇場へ足を運んでみてください。

1度見ただけでは理解しきれない部分も多々あったので、もう一度劇場へ足を運ぶ機会があればいってみたいです。

レンタルが始まるのは3か月~半年くらいのはずなので、開始したらちゃっかりかりて見直したいと思います。

そのくらいは完成度がたかかったですよ!

しかし、上記しましたが、解せない部分も多々あったので、レンタルで見直してそのあたりを解決できたらいいなぁなんて思ったりしています。

主演のルピタ・ニョンゴもがっさがさの声が怖かったり、みんな無表情で何考えてんのかわからないあたり怖かったり、ちょいちょい他にはないのかな?と思える描写もなくはなかったのでぜひ見てみてくださいませ。

ラストまでの話の流れ(ネタバレ)

冒頭「使われなくなった数千キロにも及ぶアメリカの地下廃線」

アメリカの地下には、使われなくなった鉄道が数千キロ以上あるそうだ。

多くの人はそれを知らないらしいが……

ハンズ・アクロス・アメリカをテレビで見る少女

ある少女が、アメリカの運動「ハンズ・アクロス・アメリカ」を中継したテレビ番組を見ていた。

なんとなしに見ていたこの運動の様子は、のちに彼女をある行動に突き動かすのであった。

1986年サンタクルーズ

サンタクルーズの浜辺にある遊園地に母、父、娘3人家族が訪れていた。

娘の誕生日に訪れたという一家。

射的ではスリラーのTシャツを娘は欲しがり、父はそれをプレゼント。

母はなにやらとがめているようだったが、父はビールを片手に何とも思っていないようだった。

迷子のアディ

母はモグラたたきに夢中の父の近くに娘「アデレイト」を見ておくように言い残してトイレに行った。

父はモグラたたきに気を取られているすきにアデレイトは父から離れ、浜辺にあった「ビジョン・クエスト~本当の自分を探そう~」という鏡の屋敷に入り込んでしまう。

屋敷のしかけに恐怖しながら進んでいくアデレイト。

しかし、外で雨が降ってきたせいか、停電を起こしてしまい、あたりは真っ暗になってしまう。

見えるのは鏡に映った自分だけ。

恐怖したアデレイトはゆっくりと後退するが、ふと気配を感じて振り返った。

そこには、自分そっくりの少女の姿があるのであった。

現代。

何年か経って、アデレイトは結婚し、2人の子供をもうけていた。

富裕の層の黒人一家であるウィンストン家(アデレイトが嫁いだ家)は、サンタクルーズへ移り住むために車を走らせていた。

目的地に到着し、新しい家で昼食を食べていた一家だったが、父のデイブがビーチに行こうと言ったことからアデレイトは過去のトラウマを思い出してしまい、一家には不穏な空気が流れるのであった。

ビーチに行きたくないトラウマ

デイブはアデレイトの過去のトラウマを知らなかった。

アデレイトはドッペルゲンガーにあったことがトラウマになっており、あの出来事から話せなくなってしまったことがあった。

浜辺にあったあの屋敷。

どうしても、ビーチには行きたくなかったのである。

しかし、事情を知らないデイブは、息子のジェイソンが祖母が亡くなってショックを受けているから、気分を変えるためにとかこつけて、家族で昼間のうちだけビーチに誘うのであった。

息子を引き合いに出されたアデレイトはこれをしぶしぶ了承。

ビーチにいくことになった。

サンタクルーズのおじさんが掲げるエレミア11章11節

サンタクルーズの浜辺につくとき、救急車に死体がちょうど乗せられるところだった。

何があったのか、死体の胸は刃物で切り刻まれ、その腕には「エレミア書11章11節」と書かれた不気味は段ボールの切れ端が抱かれていた。

その人物はアデレイトが幼いころ浜辺の遊園地で見た男が年を取った姿だった。

テイラー一家

ビーチにたどりつくなり、一家はテイラー一家と落ち合った。

あまり仲がいいとは言えないようだったが、ともに日光浴を楽しむことになり、子供たちはそれぞれ砂浜で遊んでいた。

そして、アデレイトが過去にドッペルゲンガーにあったあの屋敷は、名前が「スーリンの森」と変わっていた。

どうやら鏡を使った屋敷というのは変わっていないようであった。

いなくなるジェイソン

ウィンストン家のジェイソンは、テイラー家の双子の姉妹に変わった子と呼ばれていたが、一人で遊んでおり、トイレに行きたくなって離席した。

そしてトイレから出てきたとき、ジェイソンは妙な男を目撃した。

右手から血を滴り落とし、手を広げる男が背を向けて立っている。

ジェイソンはそれをいぶかしげに見るのであった。

嫌な予感

一方アデレイトは妙なことが重なって起こっていることに気づき、さらに、ジェイソンが姿を消したことでパニックになりかけてしまった。

すぐに家に帰ることになったが、自宅についてもアデレイトは何かにおびえているようだった。

心配になったデイブは、アデレイトに「大丈夫」かといかけた。

そんなデイブに、アデレイトは過去のトラウマについて話し、ずっとドッペルゲンガーに狙われている気がして、近づいてきている気がすると話すのであった。

訪れる災い

デイブは最初アデレイトの話を信じていなかった。

しかし、自宅の前に不審な4人の家族が手をつないで立っているのに気づき、追い払おうと声をかけてもびくともしなかったことから恐怖を覚えた。

子どもたちもまた、不審な4人組に恐怖し、アデレイトにしっかりと抱かれて彼らがいなくなるのを祈るばかりであった。

警察に連絡するも、到着には14分もかかるらしかった。

デイブは彼らを追い払うために野球バッドを手に外に出るも、4人はそれぞれ分かれてちらばり、一番大きな男の影はのしのしと一直線に玄関へ歩いてくるではないか。

デイブは恐怖で扉を閉めるが、その瞬間、さきほどの男が扉を押し破ろん勢いで体当たりしている衝撃音が響き渡った。

家族は恐怖に包まれ、4人が分かれたことで2階の窓から入られることを危惧した娘のゾーラは2階へ鍵を閉めにいった。

鍵は無事に閉められたが、二階の窓近くに生えている木を人間ではないスピードであがってくる影を見てゾーラは震え上がった。

侵入者は自分たちと瓜二つ。目的は何か

鍵はすべて施錠したため、侵入されることはないと思われた。

しかし、スペアを外に置いていたことで、男が家の中に入ってきてしまう。

同時に、窓ガラスはとがったはさみで割られ、わらわらと家族を囲って4人の侵入者が家の中に入り、一家を座らせた。

そして、入ってきた侵入者の顔をみるなり、一家は凍り付いた。

侵入者はまさに、ウィンストン家そっくりの姿かたちをしていたからだ。

違うのは、侵入してきたドッペルゲンガー4人はおそろいの赤い服を着ていることくらいだった。

押し黙る家族に対して、アデレイトにそっくりの女が昔話をしはじめた。

その話は、地上で生きるアデレイトにそっくりな少女が、幸せに育ったアデレイトとは全く逆の、不幸せな人生を送る話だった。

そして地下で暮らすドッペルゲンガーは地上のアデレイトを憎むようになったというではないか。

デイブは彼らに何が欲しいか震えながら問いかけたが、答えはなく、ドッペルゲンガーの男が奇声をあげるだけだった。

何者だと聞いたデイブに、女のドッペルゲンガーは「アメリカ人だ」と答えるのであった。

別れての行動

女のドッペルゲンガーはアデレイトに手錠で机に自分の手をつなぐように命令した。

それに従ったアデレイトだったが、ドッペルゲンガーの男は無抵抗のデイブを殴り、外へ引きずり出していった。

また、娘のゾーラに女のドッペルゲンガーは「走れ」といい、ゾーラは一人で逃げることに。

そんなゾーラを追いかけるのはゾーラにそっくりの少女のドッペルゲンガーだった。

また、息子のジェイソンは、ドッペルゲンガーのジェイソン(プルート)と遊ぶように言われ、二階の部屋に行くことになった。

残されたアデレイトは、自身のドッペルゲンガーと対峙することになった。

子供部屋のジェイソンとプルート

ジェイソンは入ると内側からは開けられない部屋に車を挟んだ状態でドッペルゲンガーであるプルートと入り込んだ。

プルートは言葉を発せず、ただうなり声をあげるだけだったが、火に執着があるようで、暗いクローゼットの中でも相手が見えるようにマッチを擦ってジェイソンに何かするように迫っているようだった。

ジェイソンは母に「マジックを見せてあげなさい」といわれたことを思い出し、日ごろから練習していた火のつかないライターを手に出した。

最初はそれを使ってうまくマジックを披露し、プルートの気を引いていた。

プルートはマジックが終わるとマスクを取ったが、プルートの鼻から下はやけどのあとで悲惨な状態だった。

また、プルートは自分ではマジックができないことに癇癪を起しそうになっていた。

そんなプルートに恐怖を覚えたジェイソンは、火のつかないライターから火が出たように見せてプルートを驚かせ、そのすきをついて自分だけ扉をでてプルートを中に閉じ込めることに成功した。

デイブ

一方、デイブはさきほどバッドで片足を砕かれて全力で逃げることができなくなっていた。

自身のドッペルゲンガーにデイブは気絶させられ、ごみ袋に入れられて今日買ったボートに乗せられてすてられるところだった。

寸前で目を覚ましたデイブは、ごみ袋を破き、エンジンが止まったのを直しにいったドッペルゲンガーのすきをついてバットで殴り、川へ落とすことに成功。

その瞬間エンジンがついて自身も川へ投げ出されてしまったが、難を逃れたように思えた。

しかし、停船した船に乗ろうとしたデイブは、後ろからドッペルゲンガーにはさみで殺されそうになってしまった。

エンジンはたたけば動くことがあると知っていたデイブは、はさみを後ろから突き立てられる中、思い切り頭をエンジンにたたきつけ、エンジンを起動させることに成功。

ドッペルゲンガーはスクリューに巻き込まれてチリとなった。

プルートを助けに行くドッペルゲンガーの女

その頃、プルートはジェイソンに閉じ込められて獣のような声を発し、ドッペルゲンガーの母に助けを求めていた。

ちょうどはさみでアデレイトを切りつけようとしていたドッペルゲンガーは、プルートの声を聴いて二階へ移動。

その間にアデレイトは手錠を鉄製の棒で外し、ジェイソンと合流することに成功した。

直後、二人は自身のドッペルゲンガーに追われることになり、外へ駆け出した。

車に乗ろうとしたが、キーがなく、乗ることはできなかったが、家まで逃げ走ってきた娘のゾーラがかけより、父のデイブ以外は合流を果たす。

3人は走り出し、ボートの船着き場にたどりついた。

タイミングよくデイブがボートで乗り付け、家族はボートに飛び乗り、難を逃れることに成功。

さすがのドッペルゲンガーたちも水の中を追いかけてくることはなかった。

テイラー一家

一方、友人のテイラー家の前にも妙な集団が現れていた。

妻のキティはこれを恐れて夫に外を見るようにいうが、夫は最新のセキュリティを信用しきっており、全く気にしていないようだった。

双子の娘二人も二人の会話を聞いて二階から顔を出した。

その時、双子そっくりのドッペルゲンガーが双子の後ろに現れ、キティは悲鳴を上げた。

双子は瞬く間にはさみで殺されてしまい、また、キティ自身も近くに迫った自身のドッペルゲンガーに首を切られ倒れこんだ。

夫も夫のドッペルゲンガーに切られたようで、地面に付しており、キティが這いながら彼に近づこうとするも、もう息はしていなかった。

死にきれなかったキティは最新鋭のAIに「警察を呼んで」というが、「ファック・ザ・ポリス」をかけるだけ、キティも無残にドッペルゲンガーに殺されてしまうのであった。

たどり着いた先

テイラー一家を頼り、ウィンストン家は彼らの家を訪れた。

しかし、テイラー家はすでにドッペルゲンガーに乗っ取られていた。

玄関の戸をたたいたアデレイトはドッペルゲンガーの男に家に引き込まれていく。

デイブはこれを助けようとしたが、子供たちを逃がして眼前に迫る男を引き寄せようと音を鳴らしてその場を離れることにした。

子どもたちの奮闘

子どもたちは逃げろといわれるも、母を助けるために家の中に入ることにした。

姉のゾーラはゴルフクラブを、弟のジェイソンは置物を手に階段を上がっていく。

すると双子の片割れが襲撃してきたが、ゾーラがゴルフクラブで応戦し、双子の片割れは華麗に二階からヘッドショットされて一階へ叩きつけられるのであった。

また、残された片割れもせめてきたが、これもゾーラがゴルフグラブでフルボッコにし、撃退。

家に残るドッペルゲンガーは母のキティだけとなった。

キティのドッペルゲンガー

キティのドッペルゲンガーにとらえられたアデレイトだったが、子供たちが助けにきたことでこれを撃破することに成功した。

どうやら、ドッペルゲンガーたちは人間と同じように死ぬようだった。

また、父デイブも船にドッペルゲンガーをおびき寄せて撃退し、なんとか家族はまた合流。

家族会議となった。

メキシコに行く?

その場にとどまれば考えを読まれて殺されると予想したアデレイトは、家族を連れて海岸沿いを走ってメキシコに避難しようといった。

デイブには反対されるが、アデレイトの強い主張によってこれは却下され、一同は海岸沿いへテイラー家の車を使っていくこととなった。

ゾーラのドッペルゲンガー

くるまを運転するといって聞かなかったため、ゾーラが運転をすることになった。

しかし、車に乗り込んだ瞬間、家族の前にゾーラそっくりのドッペルゲンガーが再度現れた。

ゾーラはそれをひき殺すことに成功するが、ゾーラのドッペルゲンガーが死ぬ様子を見に行ったアデレイトはドッペルゲンガーをあやすように口を鳴らすのであった。

いざ、メキシコへ

海岸に移動する最中、ドッペルゲンガーたちに殺された人々の死体が数多く転がっていた。

世界中でドッペルゲンガーが現れ、本物を殺していっているようだった。

アデレイトたちはようやく海岸にたどり着いたが、1台の車が炎上しているのを目にして息をのんだ。

炎の中にあったのはウィンストン家の車だったからだ。

きっとドッペルゲンガーがいるに違いない。

そう思った一同の前に、ジェイソンのドッペルゲンガープルートが現れた。

プルートを殺そうとアデレイトは鉄の棒を持って車外へ出るも、プルートは罠をしかけていただけで、また、罠は起動せずに燃えている車に手を広げて身体を十字にして後ろ向きの飛び込み、火だるまに。

罠だと気づいた一同は外へ出ていたが、ジェイソンはプルートがまるこげになるのに一同が気を取られている隙にアデレイトのドッペルゲンガーに誘拐されてしまった。

地下へ

アデレイトは娘とデイブを置いてジェイソンを連れ去ったドッペルゲンガーを探すことにした。

彼女が入り込んだのは、過去のトラウマであるあの屋敷だった。

屋敷から、アデレイトは地下につながる部屋を発見し、つながる道をまるで覚えているかのように突き進んでいった。

時期に、一本の下りしかないエスカレーターに差し当たった。

アデレイトが下りていくと、そこには大量のうさぎと、長く続く地下通路があった。

地下通路には無数の部屋が併設されており、その部屋の一つに、自分そっくりのドッペルゲンガーがいた。

直接対決

アデレイトは自身のドッペルゲンガーに息子の居場所を聞いた。

しかし、ドッペルゲンガーは答えず、

自分たちも人間なのにと、心の声を漏らすのであった。

彼女は、ドッペルゲンガーは昔作られたクローンであるが、心をもらえず、地下に捨てられたのだという。

何世代にもわたって続いた地下生活だったが、あの夜、地下と地上はつながったのだと彼女はいった。

そう、アデレイトが幼いころあの屋敷で出会ったのはやはり彼女だったのだ。

アデレイトはしかし恐怖することなく、ドッペルゲンガーに襲い掛かった。

殺さなければ殺されると思ったからだ。

ドッペルゲンガーは華麗にそれをよけながら少しずつ彼女をはさみで切りつけていくが、結局はスキを突かれてアデレイトに殺されてしまうのであった。

ドッペルゲンガーを手錠で絞め殺すアデレイトは、地下の人間が出す奇声をその喉元から出すのであった。

ドッペルゲンガーは自分。

ロッカーにいれられていたジェイソンを助けたアデレイトは、地上で二人と合流し、地上に乗り捨ててあった救急車を運転して避難することになった。

そして車内でアデレイトは、過去にあった本当のできごとを思い出す。

アデレイトは、幼いころ地下で悲惨な暮らしをしていた。

クローンとして心を持たない生活だ。

しかし、エスカレーターをみた少女はそこを上がり、ある少女に出会った。

自分とそっくりの少女。

アデレイトは、その少女の首を絞めて失神させ、地下へ連れ帰った。

そして、少女がきていたスリラーの服を着て、地上へ上がったのだ。

アデレイトは地上の人間ではなく、地下で生まれたレッド(クローン=テザード)だったのだ。

すべてを思い出したアデレイトだったが、少し表情を変えるだけ、何事もなかったかのように運転を続けた。

しかし、そんなアデレイトを助手席にのっているジェイソンはいぶかしげに見つめる。

何かを知ってしまったようなジェイソンに、アデレイトは不敵な笑みを返すのであった。

キャストは誰? 配役についてまとめ

『スポンサーリンク』


以下、主要キャストについて記載します!

アデレイト・ウィルソン/レッド:ルピタ・ニョンゴ

ゲイブ・ウィルソン/アブラハム:ウィンストン・デューク

キティ・タイラー:エルザベス・モス

(引用:https://eiga.com/person/20999/)

ジョシュ・タイラー:ティム・ハイデッカー

ゾーラ・ウィルソン/アンブラ:シャハディ・ライト・ジョセフ

ジェイソン・ウィルソン/プルートー:エバン・アレックス

(引用:https://eiga.com/person/316811/)

ベッカ・タイラー:カリ・シェルドン

リンジー・タイラー:ノエル・シェルドン

ノエルとカリは双子の姉妹で共演しています!

豪華キャストが勢ぞろいしているので要チェック作品ですよ!

まとめ

以上が『アス(US)』について結末はどうなったのか、伏線や考察についてまるーっとまとめでした。

まだまだかききれていませんが、見ごたえのありすぎる映画だったので、気になっている方はぜひ劇場へ足を運んでみてくださいませ。

ではでは、映画をみるよー!という方も、そうではない方も、良い映画ライフをお過ごしくださいませ。

『スポンサーリンク』


スポンサーリンク