ミニチュア原反の作り方【ミニチュアハウスを作ろう!】



 

 

ミニチュアハウスのパーツである原反を今回は作っていきます。

※原反はこの記事では反物のことを指します※

早速ですが以下が作り方です!

ミニチュアハウスの一部、原反の作り方

全体像は以下の通り!

この写真でいう下半分にある白い棚に立てかけてあるものと、白い棚に入っているものが

今回作る原反です。

↑拡大図。

材料一覧

・バルサ板(4センチ×1.5センチ)

原反の芯になる部分です。

原反ではちょっとしか使いませんがカットしやすく重宝するので一つあってもよいかと思います。

ジョイフル本田やホームセンターで安価で買えます

・好きな布(横7センチ、縦8センチ)

バルサ板を包んで原反の模様になる部分です。

ミニチュアハウスで主に目に入る部分なのでハウスの全体像を考えたときになじむ布をチョイスしましょう。

少ししか使わないので端切れでも問題ないです。

・ボンド(適量)、両面テープ(適量)

バルサ板と布をくっつけたりするために使います。セロハンテープはすぐ取れてしまうのでNG。

・英字新聞(なくてもおk)

原反にリアリティを持たせたい人はほんとに少しでいいので用意しましょう。

 

以上。これだけ!!(笑

作り方手順

まずバルサ板に英字新聞を両面テープで張り付けます。

この工程は原反をちょっとでもリアルにしたい方向けなので

そこまでこだわらないという方はスキップです!

布を縦8センチ、横7センチでカットします。

丁度真ん中あたりに両面テープを張ります。

バルサ板が少し出るように合わせて布の両端を織り込むようにして

両面テープに貼り付けます。

 

真ん中に少しだけ両面テープを残す形で

織り込むと後でしっかりバルサ板を接着できるのでいいので

少しだけ両面テープは残して織り込むようにしましょう。

バルサ板が少し出る感じで!↑

端っこがちゃんと中に入るように織り込んでから

くるくる巻いていきます!

↑こんな感じで。

真ん中まで巻いていったらはがれてこないように

両面テープを張るといいです。

なくても大丈夫ですが、心配な方はつけましょう。

最後まで巻いたあとは巻き切る前に布の端っこにはみ出ないくらい

ボンドを塗って手できゅっと抑えてはがれてこないようにして完成です!

たくさん作って背景を変えるとこんな感じ!

カントリーが好きやミニチュアハウスを作りたいと思っている方は

ぜひ!

誰でも簡単につくれちゃうのでおすすめです!

 




Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です