『十二人の死にたい子どもたち』怖い?面白いの?評判や感想、口コミをまとめてみた

人気SF小説作家「沖方丁」が現代を舞台に描いたミステリー小説「十二人の死にたい子どもたち」。

杉咲花はじめ、キャストが豪華という点からも観たい!という人も多いのではないでしょうか。

本記事では

・『十二人の死にたい子どもたち』は怖いのか、面白い映画なのか

・評判や感想口コミ

以上について記載していきます。

『スポンサーリンク』


※ネタバレなし記事です※

!ネタバレ記事はこちら


目次

『十二人の死にたい子どもたち』予告動画+あらすじ

予告動画

あらすじ

ある日、12人の未成年が安楽死を目的として廃病院の密室に集まった。

「みんなで死ねば、怖くないから」という理由で。

しかし、集まった密室には13人目の生暖かい死体があり、

殺人鬼が集まった12人の中にいることが判明。

死にたいけど、殺されるのはイヤな子供たちは、

安心して死ねるのか、それともおびえながら殺されるのか__。

『十二人の死にたい子どもたち』は面白い?怖いの?

『スポンサーリンク』


個人的な管理人の感想は下に記載しますが、

まずはTwitterの声を集めさせていただきました。

Twitterの評判

面白いか否かは見た人によりけりですが、思ったよりも怖くなかったという人が大半の様子。

実際観てみましたが、ホラー要素は皆無に近かったので

純粋にミステリーといっていいのではないかと思います。

近年公開された『スマホを落としただけなのに』はホラー要素満点の映画でしたが、

同じミステリージャンル、原作小説の映画として比べると、

今作はホラー要素0といっても過言じゃないかと。

評判や感想、口コミについて

予告編と全然違います(良い意味で)

試写会にて十二人の死にたい子どもたち、略して「十二死、しにたい12」を観賞させて頂きました。

全体的にはサスペンス感が漂っていて、
思ったよりも怖くなかったです。
でもヤバかったです。

子どもたちのそれぞれ自分の死にたい理由が明らかになっていくのが面白かったのと、推理のシーンもあるため推理が好きな方にも楽しめると思いました。

俳優としてのキャリアがあり、
演技の実力を持っているきちんとした俳優、
女優陣しか居なかったのが印象的です。

若手だからといってバカには出来ません。
原作との差異もほとんど感じられませんでした。

杉咲花と黒島結菜の二人がヤバかったです。
そして、シリアスな展開が続きますが、
11番の金髪JKが、イエーイイエーイ卍卍って感じで面白かったです!「吉川愛(吉田里琴)」

(引用元:https://eiga.com/movie/89811/review/)

管理人感想

映画自体はかなり楽しめました。

語彙力ないですが一言で面白かったです。

ただ、あっと言わされるような展開はなく、

結末も何となく読めてしまいました。

言動とか見てたら大人なら大体は読めちゃうんじゃないかと思います。

原作を読んだほうがゆったりと自分のペースで進めていけるので

伏線もじっくり拾えて楽しいかもしれないですね。

小説はおそらく、サトシが自殺者たちを思いとどまらせている存在だということも気づかせないようにうまく描写しているはずですし。

映画だけでも十分楽しめますが、人を選びそうです。

あと、ホラー要素があるのでは?と勝手に思っていましたが

怖いシーンは全くないです。

近年の作品では同じミステリージャンルとして『スマホを落としただけなのに』があげられますが、

今作はそれに比べたらホラーシーンは皆無といっていいでしょう。

スマホは結構ぐろっちーシーンとか怖い描写、

恐怖をあおるすさまじい演技などなど、

予告から抱いていた予想を覆すものがありましたが、今作はホラー要素なしです!

忌避している人は安心して観に行って問題ないでしょう。

ホラーではなく、ジャンル通りのミステリーなので、

推理できるなら小さい子でも楽しく鑑賞できます。

直近の作品だと個人的には

『ミスター・ガラス』や『TAXi5』、『マスカレードホテル』の方が面白かったかなといった印象です。

ミステリーなら『マスカレードホテル』か『十二人の死にたい子どもたち』か迷ってもいいかもしれませんね!

原作小説について

今回実写化された『十二人の死にたい子どもたち』は「沖方丁」原作の同名小説がもとになっています。

原作を楽しみたいという方はネットでも購入できるので下記から詳細をどうぞ!

Amazon


十二人の死にたい子どもたち (文春文庫)

楽天

 

まとめ

以上が『十二人の死にたい子どもたち』の評判や感想、口コミについてちょこっとまとめでした。

個人的には面白かったですが、傑作とまではいきませんでした。

もちろん、人によって感想は変わるので気になっている方はぜひ劇場へ足を運んでみてください!

ただ、予告通りというわけではない映画なので、ホラー要素のある映画が見たいと思っている人は肩透かしかもしれません。

ではでは、劇場へ映画をみにいくよ!という方も、DVDレンタルを待つぜ!という方も、良い映画ライフをお過ごしくださいませ!

『スポンサーリンク』