2018年12月公開映画『グリンチ』声優は誰が担当するの?

『グリンチ』といえば2018年12月に公開されるイルミネーション制作の最新映画を思い浮かべる人が多いのではないでしょうか。

本記事では最新映画『グリンチ』の声優は誰が担当するのか紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク


※項目をタップで詳細へ※

目次
『グリンチ』とは
『グリンチ』過去作品について
声優について
まとめ

『グリンチ』とは

予告動画

『グリンチ』映画情報

『グリンチ』とは、『ミニオン』や『SING』、『ペット』を制作したことで有名なイルミネーションが手掛けた最新作の映画。

公開日は2018年12月で、日にちについての詳しい公開情報はなし。

緑色の、見た目からパンチのあるキャラクターが主人公で、その名はグリンチ。

彼は幼少期にあったある出来事からひねくれてしまい、村のはずれの山奥に一人で暮らしています。

彼が出て行った村はフーヴィルといって一年に一度訪れるクリスマスを楽しみに、そしてどの村よりも盛大に祝うことで有名なきれいな村。

グリンチはクリスマスも人間も大嫌いなため、フーヴィルからクリスマスを奪ってしまおうと計画を立ててなんちゃらこんちゃらと、そういったお話です。

悪役が主役の映画のように思えますが、グリンチは根っからの悪ではなく、理由があってひねくれたわけであって本当は心の優しい人間です。

グリンチがどのようにひねくれたのか、ラストまでにグリンチの性格がどう変わっていくのかが見どころになりそうですね。

関連記事↓
映画『グリンチ』グリンチってなに?グリンチの正体について

『グリンチ』過去作品について

グリンチは原作が絵本の作品です。

絵本のタイトルは「HOW THE GRINCH STOLE CHEISTMAS!」で、ドクター・スースが原作者。


【HOW THE GRINCH STOLE CHRISTMAS! – PARTY EDITION (グリンチ:パーティー・エディション)】 DR.SEUSS (ドクター・スース) 洋書絵本(古本) <1985(57)年>

英文表記なので、英語が堪能な方しかすべて理解するのは難しいかもしれないですが、グリンチのもととなったのは上記絵本になります。

イラストはイルミネーションが手掛けるグリンチより少し悪そうですね。

また、グリンチは一度2000年に映画化された作品でもあります。

ジム・キャリーがグリンチ役を演じたことで有名なこの作品は、絵本『グリンチ』を原作として制作された実写映画。

全身緑色の毛でおおわれた怪人グリンチが人々からクリスマスを奪おうと作戦を企てますが、ある女の子と出会って考えをかえるのか否か……そんな話です(雑かよ)

グリンチ [DVD]

グリンチ (吹替版)

声優について

声優についてはまだ公開されている情報は現時点でありません。

情報が公開され次第、追記します。

以下は実写映画で起用された声優さんになります。

グリンチ:山寺宏一

シンディ:大谷育江

ルー:江原正士

ベティ:小宮和枝

マーサ:駒塚由衣

市長:佐々木勝彦

ナレーション:高嶋政伸

※グリンチの声は大泉洋さんに決定しました!※

まとめ

以上がグリンチの公開されている情報についてまとめでした。

まだ公開されていない情報については公開され次第、更新していきます!

ではでは、グリンチを観に映画館へ足を運ぶという人も、そうではない人も、好い映画ライフをお過ごしください!
スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA