『ボヘミアンラプソディ』ジョン役は『ジュラシックパーク』に出演してた子役だった?!

2018年11月9日、世界的人気ロックバンド「クイーン」のボーカルで、1991年に45歳の若さでこの世を去ったフレディ・マーキュリーを描いた伝記映画『ボヘミアン・ラプソディ』が公開されました。

クイーンのファンはぜひとも観に行きたいと思っているのではないでしょうか。

本記事ではそんな『ボヘミアンラプソディ』でジョン・ディーコン役の俳優について記載していきます。

目次

『ボヘミアンラプソディ』予告動画+あらすじ

とりあえず予告とあらすじを記載。。。。

必要ないぜ!という方は手数ですがスクロールを。。。

予告動画

あらすじ

どうやってフレディは、世間の常識や既成概念に逆らい、従来の音楽を打ち破り、地上で最も愛されるエンターテイナーになったのか?

なぜ、愛と孤独、プレッシャーに引き裂かれたのか?

そして崩壊寸前に陥ったバンドを立て直し、永遠のレガシーを確立したのか?

伝説のバンド<クイーン>

彼らの音楽を唯一超える<彼>の物語が今、明かされる__。

11月、悩める者、弱き者に捧げる、ミュージック・エンターテイメント開幕。

ジョン・ディーコン役のジョセフ・マゼロについて

『スポンサーリンク』


『ボヘミアン・ラプソディ』でジョン・ディーコン役を演じ切ったのはジョセフ・マゼロというアメリカの俳優さん。

ニューヨークのラインベック出身。

1983年9月21日生まれで、姉と、俳優として数本の映画に出演した弟(ジョン・マゼロ)がいます。

2018年11月9日に日本公開された『ボヘミアン・ラプソディ』ではQUEENのベーシストであるジョン・ディーコン役を演じ切りました。

『ジュラシックパーク』に出ていた子役ってホント?

ジョン・ディーコン役を演じきったジョセフ・マッゼロは実は『ジュラシックパーク』に出ていたあの子役。。。

ティモシー・マーフィーと同じです。

ティモシーはハモンドの孫として、幼いながらも恐竜について深い知識を持った少年。

車に逃げ込んだところをレクシィに食われそうになってパニックになっていた子です。

ジョセフは子役としてデビューしていたんですね……

まさかあんなに小さかった子役がこんなに大きくなっていたとは……

驚いた人も多かったのではないでしょうか。


ツイッターでもちょろっと声が出ています。

彼は『推定無罪』などほかの映画にも子役で出演していましたが、注目を集めたのはティモシー役の『ジュラシックワールド』

その後、『マイ・フレンド・フォーエバー』のデクスターを演じ脚光を浴びました。

2002、2003年とテレビシリーズ(ドラマ)の「プロビデンス」や「CSI:科学捜査班」にも出演。

2010年『ザ・パシフィック』で主人公の1人であるユージン・スレッジを演じ、再度注目を集めました。

ジョセフ・マッゼロについての公式ページはこちら

楽曲について

『ボヘミアン・ラプソディ』で使用された楽曲が収録されたCDは現時点ですでに発売されています。

これから映画を観るし、復習しておきたいという方はAmazonや楽天から購入を検討してはいかがでしょうか?

Amazon

ボヘミアン・ラプソディ(オリジナル・サウンドトラック)

↓早期購入特典のステッカー付は下記から↓

【早期購入特典あり】ボヘミアン・ラプソディ(オリジナル・サウンドトラック)【特典:ステッカー付】

楽天

 

 

お得に聞きたい方におすすめ

お金をかけずに聞きたい!という方にはAmazon Music Unlimitedがおすすめです。

無料登録すれば上記のサウンドトラックは無料で視聴可能です。

詳細は下記から

※無料トライアル中に解約すればお金はかかりません※

まとめ

以上が『ボヘミアン・ラプソディ』でジョン・ディーコン役を演じた俳優「ジョセフ・マッゼロ」についてでした。

『ボヘミアン・ラプソディ』はQUEENのファンなら楽しめる可能性が高い映画なので、QUEENのファンはぜひ劇場へ足を運んでみてくださいね!

ではでは、映画を観るという方も、そうではない方も、良い映画ライフを!

『スポンサーリンク』


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です