『チャイルド・プレイ』最新作は「狂気病棟」ネタバレビュー





2017年11月、呪いのチャッキー人形でおなじみの洋画『チャイルド・プレイ』最新作が日本に上陸しました。

今回のチャッキーの殺しの舞台はなんと「精神病棟」。これまでに登場した人物が再登場し、チャッキーもなぜか増殖してたくさん出てくる出血大サービス映画。

『チャイルド・プレイ』のファンはぜひ精神病棟で暴れるチャッキーを観てみましょう。

予告とあらすじ

『チャイルド・プレイ~誕生の秘密~』で登場した車いすのニカはチャッキーとの闘いの後、精神病院に入院していた。

病院で治療を受けていたニカだったが、担当医がセラピーと題し持ってきたチャッキー人形が次々と病院内の人々を殺していき事態は急変。

追い込まれたニカはチャッキーのことをよく知る『チャイルド・プレイ』第一作目の主人公アンディとともにチャッキーに挑むことになる。

チャッキー複数体で大暴れ

今作ではアンディを苦しめていたチャッキーが前作までの作品でラストにアンディに銃で撃たれたこともあり、

頭だけ(しかも3分の1くらい銃で吹っ飛ばされた状態でボロボロ)で登場します。

(画像は顔を火であぶられるバーニングチャッキー)

映画中でアンディに火で顔をあぶられたりと、かなり残酷な拷問をチャッキーは受けていますが、その状態でも急に声を上げたりしてチャッキーはアンディを驚かせます。

しかし、頭だけのチャッキーはいくら殺人鬼が宿っていようとその状態から誰かに危害を加えることはできません。

そのため、この状態のチャッキーがどのようにして主人公たちを追い詰めていくのか観ている側が疑問を抱いたところで、「俺は一人じゃない」とかなんとか意味深なことをチャッキーがつぶやきます。

この言葉を証明するように頭だけのチャッキーではないチャッキーが、前作に登場した車いすの女性ニカが入院している病院に精神病を克服するという名目で送り込まれます。

送り込まれた段階で「うわ、これ動き出す奴だ」と観客は思いますが、期待を裏切らずに送り込まれたチャッキーが動き出して次々に人を殺していきます。

とりあえずグロい!

どうやら精神病院に送り込まれたチャッキーは頭だけのチャッキーと考えていることが連動しているっぽく、とりあえずニカを殺すことを目的に邪魔者を殺していくわけですが、まぁとりあえず殺し方がグロいです。

舞台が精神病院なので人形が動き出したとか変な発言をすると狂ったと思われるわけで、ある患者はチャッキーを見て発狂してしまい、暴れたことによって医師たちにストレッチャーに縛り付けられ、病室(なぜか天井がガラスでできている)にとりあえず安定するまでと放置されてしまいます。

その際にチャッキーが入ってきて上のガラスを空気ボトル?を破裂させることで割り、そのガラスがまぁうまいこと患者の首をすっぱり跳ね飛ばします。

跳ね飛ばされた首はまるでボールのようにごろごろ転がっていって、きられた首の断面からは大量の血液が。

そんな感じでかなりグロテスクな表現がきれいな映像で演出されるため、グロい映画が苦手な方やチャイルドプレイを始めてみる人は控えたほうがいいと思います。

 

 お決まりのパターンに笑えてしまう

私はこの映画を一作目からみているので惰性で観ましたが、もはや恐怖はないです。

どの映画でも1作目を超える作品はなかなか生まれないもので、この映画も例外ではなく、怖いというよりも殺され方がグロいといったほうがしっくりくるというかなんというか……。

一作目はチャッキーの動きや表情などが独特で何とも言えない恐怖を感じられましたが、今作では「いやいやいや、さすがにないわー」というほど血が出たりありえないところでチャッキーが増えちゃったりなんかもうお決まりのパターンしかなく笑えてきてしまいます。

シリーズをずっと見てきている人は惰性で楽しめてしまいますが、これだけ見るという人は「は? なにこれ」となりかねないので注意です。

おなじみのキャラクターがたくさん出てくる

今作では前作までのキャラクターがたくさん出てきます。

アリスも出てくるしチャッキーに魂を売ったあの人も登場します。

また、今作の終わりではニカにチャッキーが乗り移って頭だけのチャッキーを助けに行くといったところで

終わるため、続編がある可能性を秘めて終了となります。

これ以上続かないでほしいくらいある意味面白い映画になってしまったので次が出たら惰性でみるか悩むところですが、

きっと出たらまた観てしまうと思うのでその際はまたレビューを書こうと思います汗

オススメ度

55/100

初見の人には20くらいのオススメ度です。

惰性でみているといった感じで観ましたが、今までの作品のキャラクターが出てくるというだけで

怖くもないしびっくりもしないし何を見せられているのかもはやわからない映画です。

しかも前髪を切られているチャッキーも登場してなんで髪切られているのかすらちょっとよくわからなかったりと

別に着目しなくてもいい要素もいくつか出てくるので映画に集中できなかったりします。

チャッキーがなんかかわいくみえてしまったりも人によってはするみたいですし……。

もはやホラー映画ではないです。

今までの惰性で観るのならいいですが新しく見始める、チャイルドプレイ自体を初めて見る人は

今作ではなく第一作目を見ましょう。



フォローいただけたら幸いです!

『チャイルド・プレイ』最新作は「狂気病棟」ネタバレビュー” に対して1件のコメントがあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です