『ヘレディタリー継承』続編はあるの?エンドロール後に予告動画はあった?特報についてまとめ

2018年11月30日に『ヘレディタリー/継承』が公開されました!

全米を凍り付かせた悪夢と銘打っているこの映画、

割とレビューの評価もいいことから楽しみにしているという方も多いのではないでしょうか。

本記事では、

・『ヘレディタリー/継承』には続編があるのか

・エンドロール後に何か映像はあったのかについてまとめていきます

『スポンサーリンク』


※ネタバレありのため注意※

『ヘレディタリー/継承』予告動画+あらすじ

予告動画

あらすじ

祖母エレンがなくなったグラハム家。

過去のある出来事により、母に対して愛憎交じりの感情を持っていた娘のアニーも、夫、2人の子どもたちとともに淡々と葬儀を執り行った。

しかし、祖母が亡くなった喪失感を乗り越えようとするグラハム家に奇妙な出来事が頻発。

最悪な事態に陥った一家は修復不能なまでに崩壊してしまうが、亡くなったエレンの遺品が収められた箱に「私を憎まないで」と書かれたメモが挟まれていた。

家長である祖母の死をきっかけに、さまざまな恐怖に見舞われる一家を描いたホラー。

エンドロール後に何か映像はあった?どんな映像?

『スポンサーリンク』


どんな映画でもエンドロールの後に特別な映像が流れることがあります。

それは次回作の予告であったり、映画本編に関係のある映像であったり、NG集であったりと様々。

『ヘレディタリー/継承』でもそういった予告や特別映像が流れるかと期待していましたが、エンドロール後には何か映像が流れるということはなく、館内が明るくなってしまいました。

今どきの映画では珍しいですが、暗い感じの映画なので、NG集とかあったら場が和んで面白いなあと思っていましたが、おまけ的な映像もないので、離席したいという方はエンドロールが始まったら離席してしまって問題ないでしょう。

続編はありそう?※ネタバレありなので注意※

実際に映画を鑑賞してきましたが、

物語中で継承されるものは継承されてしまい、

バッドエンド(取り方によってはハッピーエンド)を迎え、物語は完結しています。

物語が完結しているという点から考えると続編はないでしょう。

製作されているという噂や製作陣からの続編に関するコメントもないため、続編制作の話は現時点でないと考えて良いと思います。

ただ、継承というタイトルから考えてしまうと今作で継承された人物の下の世代に継承できなくはないので、続編を作れないということはないと思います。

もし、続編の情報があった際はこちらの記事に追記しますね!

まとめ

以下、本記事のまとめになります。

・エンドロール後には映像はないものの、続編が作れないわけではないため、続編が制作される可能性はある。

・現時点(2018/12/04)での続編制作の話はない

『スポンサーリンク』