ネタバレ『アイアンマン』ヒューリー出演シーンとアベンジャーズとのかかわりは?あらすじおさらい

2008年に公開された映画『アイアンマン』。

マーベルコミックの実写映画ということもあり、注目が高い作品の一つとして知られています。

本記事では、

・『アイアンマン』予告とあらすじ

・結末までをざっくりおさらい

・出てきたキャラクター総復習

・ヒューリー出演シーンとアベンジャーズとの関わり

以上についてまとめていきます。

マーベル作品最新作を見たいけど過去作を知らない方やアイアンマンをおさらいしたい方の参考になればと幸いです。

『スポンサーリンク』


※ネタバレありの記事です※


目次

『アイアンマン』予告動画とあらすじ

予告動画

あらすじ

巨大事業の社長であるトニー・スタークはアフガニスタンでテロ組織に囚われ、新兵器を作るよう強要された。

しかし彼は新兵器を作る過程で敵の目を盗み、パワースーツを秘密裏に作り、スーツの力によって敵地からの脱出に成功する。

無事に会社へと帰った彼は捕虜経験から自社では兵器を二度と作らないと公表。

同時に、さらなる強化を加えたスーツをまとった彼は「アイアンマン」としてテロ撲滅のため立ち上がるのであった__。

結末までざっくりおさらい

『スポンサーリンク』


巨大軍需産業スターク・インダストリーズの社長トニー・スターク。

彼はクラスターミサイル「ジェリコ」を売り込むためにアフガニスタンにいる親友ローディを訪問した。

しかし、現地でテロリストに襲撃され、捕虜となってしまう。

テロリストからミサイルを作るよう強要されたスタークは、敵の目を盗みパワースーツを開発、敵地からの逃亡に成功する。

スタークは捕虜としての経験と、自社が開発した兵器で罪のない命が奪われていることを知り、軍事産業から手を引くことを会見で発表した。

かねてからスタークのことが邪魔でならなかった副社長オバディア・ステインは軍需産業から得られる利益を惜しみ、スタークの会社を乗っ取る計画を実行する。

スタークが逃げ出したことで彼を恨んでいるテロリストを利用したオバディアは、スタークが敵地で開発したスーツをもとに、パワースーツを開発。

スタークを殺そうとしたオバディアだったが、スタークとの戦いで会社にある巨大なアーク・リアクターにのまれる形で撃退される。

この戦いでスーツをまとったスタークは「アイアンマン」と名付けられ、謎の男が街の平穏を破壊した悪の権化を倒したと報じるが、スタークは後日、記者会見で「私がアイアンマンだ」と公表。

スタークは社長としてだけではなく、スーパーヒーローとしてその名を世界へ知らしめた。

エンドロール後の映像

スタークの自宅に、シールド(S.H.I.E.L.D)の長官であるニック・ヒューリーが侵入し、スタークにアベンジャーズ結成の話を持ち掛ける。

出てきたキャラクター復習

主人公:トニー・スターク(アイアンマン:ロバート・ダウニー・Jr)

軍需産業を主に行っているスターク・インダストリーの社長。

自社が作った兵器で一般人の命が奪われていることを知り、軍需産業から手を引いた。

アイアンマンのスーツを開発し、スーツをまとうことで兵器を悪用する人間と戦う。

ギャンブルや女遊びが好き。

ペッパー

トニー・スタークの秘書。

アイアンマンシリーズのヒロイン。

秘書としての仕事の他に、スタークの身の回りの世話もこなすしっかりもの。

続編にも登場。のちにスタークと交際。

ジェームズ・ローディ・ローズ

トニー・スタークの親友でアメリカ空軍武器開発部の中佐。

正義感が強く実直な人柄。

酒には弱い様子。

続編『アイアンマン2』ではスーツ着用を願望するようになる。

オバディア・ステイン

本作『アイアンマン』の悪役。

トニーの父であるハワード時代から会社を支えてきた人物だが、スタークを陥れ、会社を乗っ取ることを画策していた。

クリスティン・エヴァー・ハート

雑誌ヴァニティ・フェアの女性記者。

テロを憎み、スタークのことをよく思っていなかったが、口説かれて一夜を共にする軽い女でもある。

ブラウン大学を卒業しており、スタークからは「ミス・ブラウン」と呼ばれていた。

ラザ

テロリスト「テン・リングス」のリーダー。

捕虜に対し水攻めしたり石炭を口に放り込もうとしたり、目的を達成するためには冷酷な拷問をもいとわない。

オバディアに見限られ殺害される。

フィル・コールソン

戦略国土調停補強配備曲こと「S.H.I.E.L.D」のエージェント。

ハロルド・ハッピー・ホーガン

スタークの運転手。ボディーガードも兼任するが、小心者。

スターク、ペッパーと親交が深く、愛称である「ハッピー」と呼ばれ、親しまれている。

続編映画でも登場。

ニック・ヒューリー(サミュエル・L・ジャクソン)

シールドの長官。

『アイアンマン』から『キャプテンアメリカ/ウィンターソルジャー』(マーベル映画9作品目)までS.H.I.E.L.D(シールド)の長官として活躍するキャラクター。

ニック・ヒューリー出演シーンとアベンジャーズへのお誘い

本作『アイアンマン』ではシールド長官のニック・ヒューリーが登場する。

彼の登場シーンは本編のエンドクレジット後。

エンドロールが終わってから、おまけの映像で登場した彼は、スターク邸に忍び込み、スタークへアベンジャーズ結成の話を持ち掛けた。

本作時点でアベンジャーズはまだ結成していない

S.H.I.E.L.Dとは

マーベル作品で度々登場する組織「S.H.I.E.L.D」とは、スーパーヒーローを秘密裏に管理する国家組織。

まとめ

以上がマーベル映画1作目『アイアンマン』のネタバレおさらいでした。

本当に簡単なまとめになってしまいましたが、マーベル作品を観る前にちょこっとでも参考になったらうれしいです。

ではでは、良い映画ライフをおすごしくださいませ!

『スポンサーリンク』