徹底ネタバレ映画『七つの会議』黒幕は誰?結末や八角の正体や進退はどうなったのかまるっとまとめてみた

スポンサーリンク


野村萬斎主演の『七つの会議』。

池井戸潤原作、キャストが豪華ということもあり観たいという人も多いのではないでしょうか。

本記事では

・『七つの会議』会社の裏に隠された事件の全容

・主人公八角の正体、たくらみ

・事件の黒幕

・結末

・それぞれ登場人物の進退

以上にについて記載していきます。

『スポンサーリンク』


ネタバレ記事なので注意※


目次

『七つの会議』予告動画+あらすじ

予告動画

あらすじ

中堅メーカー「東京健電」の営業一課で万年係長の八角民夫は、「ぐうたら社員」。

トップセールスマンで八角の年下である課長「坂戸」からは、なまけぶりを叱責されるも、八角はひょうひょうとした毎日を送っていた。

ある日、社内でパワハラ騒動が問題となり、

坂戸が異動処分になったことで坂戸の代わりに原島が新しい課長として一課に着任する。

しかし、そこには想像を絶する秘密と闇が隠されていて__。

会社の裏に隠された事件全容について

『スポンサーリンク』


映画『七つの会議』では主人公八角が務める東京建電営業一課である事件が起こります。

映画終盤までこの事件の真相は明かされません。

このある事件の概要は、一課長である「坂戸」がコスト削減のために今まで契約していたねじ六のねじよりも安く製造してくれるトーメイテックと契約、

実はトーメイテックのねじには耐久性に問題がありました。

しかし、その耐久性には目をつぶって、お金儲けをするためにコストを削り、そのねじを使った製品が鉄道や飛行機に使われ、市民の安全が危険にさらされるというものでした。

この事件に対して八角(野村萬斎)や北川(香川照之)がいろいろと画策するわけですね……

主人公八角の正体、たくらみ

映画『七つの会議』では八角に関わった人物が次々に異動させられ、舞台の東京建電からいなくなります。

八角に関わり異動させられた人物は八角の上司である営業一課長の「坂戸」、営業部長北川に一課からカスタマー室に異動させられた「佐野」、経理部課長代理の「新田」の3名。

このうち、八角がパワハラと訴えたのは坂戸のみ。

佐野と新田は八角の怪しい行いについて追及した結果、異動させられました。

このことに対して八角が何か悪だくみをしていたように思えましたが、違いました。

上記の通りですが、トーメイテックへ発注先を変えたことでねじの耐久性に重大な問題があることが発覚し、八角がこれに気づいて坂戸が異動になるようにパワハラで訴えたのでした。

他の二人はトーメイテックのねじの真相にたどり着きそうになったがゆえに、真相を知る前に異動された形です。

そのため、異動させられた佐野と新田は全く事情は知りません。

八角自体は不正をただすため、証拠を集めたり奔走していた人物で、悪だくみはしていませんでした。

事件の黒幕

一社員にすぎない坂戸が一人でこんな大それた改ざんを行うとは考えられなかった八角。

色々と調べていくと、坂戸はトーメイテックの社長から直接、データ改ざんの依頼を受けたことが判明します。

さらに、このトーメイテックの社長は坂戸や八角が務める東京建電の社長「宮野」を野球部時代の先輩に持っていてコネクションがありました。

宮野はねじを変える前、3年に続いてノルマ未達成であったことから焦り、どうにかして利益を上げられないかと考えた末、かつて世話をした現トーメイテックの社長にデータ改ざんを依頼

トーメイテックの社長には、もしねじの件が公になったら坂戸から依頼があったとして関係がないといっておけと口止めをしていました。

そのため、坂戸がすべての責任を負わされそうになりましたが、八角や、彼の周りにいた人物たちの活躍によって社長の画策であったことがあらわとなります。

しかし、これは社長だけの責任ではありませんでした。

社長は、20年前東京建電の製造部に務めていました。

製造部は、製品の開発や部品の開発につとめる部です。

20年前はちょうど八角や北川(八角の同期で現営業部長)が営業課長として切磋琢磨していた時代で、さらに、彼らの上にはゼノックスから派遣された梨田がいました。

梨田の指示で、北川は当時、データ改ざんをしなければならない事態に陥り、この件について梨田はばれなければいいと、強権的な態度をとり続けていました。

この事件は明るみに出ることはなく、問題の製品は新しい製品に新調されて事なきを得ました。

このことで梨田は出世し、北川は手を汚しただけで製品が新調されるまで、いつあの製品が問題を起こしてもおかしくないと、日々怯え続けるのでした。

その当時、製造部で梨田の指示のもと部品の製造に携わった現社長「宮野」はこのデータ改ざんに気づいていましたが、梨田は利益を上げるには犠牲はつきものとした強硬的な態度を変えませんでした。

当時、北川が手を汚したあの製品で莫大な利益を上げる結果を残したデータ改ざん。

今回の事件は、同じような改ざんを私(宮野)ができれば、3年ものノルマ未達にはならないのではないかと考え、ねじの耐久性をいじることに踏み切ったのでした。

すべては梨田が当時作り上げた悪い成功事例が招いたことでした。

なので、元凶を作ったのは梨田ということで間違いないでしょう。

映画の結末

ゼノックス社長である御前様を迎えての会議「御前会議」ですべてが明るみになり、八角はリコールの会見をすべきであると社長「徳山」につめよります。

しかし、「リコールするとはいっていない」と徳山はもみ消すと主張し出て行ってしまいます。

このままではねじが使われたシートが入っている鉄道や、航空機によって死者が出る可能性があるとして、耐え切れなくなった八角。

20年前、彼は梨田が課したノルマを達成するために必死になって営業を行ったことで、ある老人を間接的に殺してしまいました。

この件もあり、八角は今回の不正からは逃げないとし、北川が見つけたねじ(証拠)をもとに内部告発を起こし、事件は白日のもとへさらされることになりました。

登場人物たちの進退、末路

この項目ではさらーっと末路だけ記載します。

詳しく人物について知りたい方はこちらからどうぞ!

八角民夫(野村萬斎)

本作の主人公で内部告発をした人物。

営業一課に残り、一緒に残った一課長「原島」を支える。

北川(香川照之)

営業部長だった北川は会社を退職して実家の薔薇園を継ぎました。

エンドロールではばらをむしゃむしゃして観客を笑顔にした人物。

坂戸(片岡愛之助)

ねじのデータ改ざんを行った人物。

総額2000億円の賠償金の一部を返すように言い渡されたものの、

告発によって個人での返済は行わなくて済んだ。

浜本(朝倉あき)

課長補佐てきな働きをしていた女性で、社内環境を整えようとドーナツの無人販売を行っていた人物。

寿退社したいといっていましたが実は経理部の新田と不倫していました。

騙されていただけの彼女は会社を退社する前に何かやり残そうとドーナツ屋を企画。

会社を辞めた後は東京建電にドーナツを売り来るドーナツ屋になりました。

原島(及川光博)

坂戸が異動させられて代わりに営業一課長になった原島。

八角の周りの人間が次々と異動させられたため、浜本とともに調査。

真相にたどり着いた人物。

八角とともに営業一課に残り、会社を支えることになった。

社長:宮野(橋爪功)

ねじの件が公になり、逮捕。

副社長村西(世良公則)

ねじの件には全くのノータッチで、飛び火を食らった人物。

営業一課を別に、新設された会社を任された。

ゼノックス社長:徳島

すべての責任を梨田に擦り付け、そのままゼノックスの社長を続けている。

原作小説について

半沢直樹同様に、本映画には原作があります。

原作は池井戸潤の同名小説。

ドラマ化されたこともあり、知名度も高い作品です。

映画化を機に、お手に取ってみてはいかがでしょうか。

Amazon


七つの会議 (集英社文庫)

楽天

 

まとめ

以上が映画『七つの会議』の徹底ネタバレでした。

いかがだったでしょうか。

内容とキャストが濃すぎてまとめきれていませんが、ちょっとでもお役に立てたのであれば幸いです!

映画は半沢直樹同様にかなりどんでん返しがあって面白い映画でした。

2月のおすすめですかね!

機会を作れるという方はぜひ映像で見てみてください!

ではでは、映画を観に行くよという方も、そうではない方も、良い映画ライフをお過ごしくださいませ!

『スポンサーリンク』


スポンサーリンク