『オーシャンズ8』デビーのもう一つの目的って何?宝石を盗むのは本当の目的じゃなかった?

2018年8月10日にオーシャンズシリーズ最新作『オーシャンズ8』が公開されました。

本記事では、『オーシャンズ8』で、デビーが企んでいたもう一つの目的についてまとめていきます。
※ネタバレありのため注意※

目次
『オーシャンズ8』予告動画+あらすじ概要
デビーたちは何を盗み出したの?
もう一つの目的はなんだったの?動機はなに?
目的達成のキーとなった人物は?
まとめ

『オーシャンズ8』予告動画+あらすじ

~予告動画~

~あらすじ~

前作までの主人公、ダニー・オーシャンの妹であるデビーは、5年と8か月の服役を経て刑務所から出所したが、出所時には面接官に二度と犯罪はしないと誓っていたにも関わらず、出所直後から次々と盗みを重ねていった。

デビーはメットガラというファッションの祭典で展示される宝石を全て盗み出すという計画を立て、多くの仲間に協力を仰いだが、彼女の目的は単に宝石を盗み出すことではなくて__?

~オーシャンズ8制作の概要~

『スポンサーリンク』


盗みのプロが力を合わせて大きな獲物を狩るというのは前シリーズまでと変わらない展開の映画『オーシャンズ8』。

ただ、男性メインだったオーシャンズシリーズが最新作では女性メインとして制作されています。

これは、前作の『オーシャンズ13』の公開直後に、監督をつとめたスティーブン・ソダーバーグが「ジョージ・クルーニー(オーシャンズシリーズの主人公ダニー役)がオーシャンズ13を以てダニー・オーシャン役を卒業したいといっているので次作の製作はないだろう」と口にしたことから、14はないことが判明していたためです。

しかし、2015年10月に『オーシャンズ』シリーズの女性版の製作が進んでいることが明かされてから、本作の公開が待ち望まれてきました。

要は、男性版はもうおそらくないけども、女性版はまだまだつくりますよと、そういったことだったんですかね( `ー´)

女性版が『オーシャンズ8』で、男性版の始まりが『オーシャンズ11』なので、女性版のリブート作品に続編があるとすれば『オーシャンズ9』、『オーシャンズ10』と続いていくのではないかと予想できます。

デビーたちは何を盗み出したの?

デビーたちの目的の一つで、映画最大のヤマはアンハサウェイ演じるダフネが身に着けている宝石「トゥーサン」を盗み出すことでした。

「トゥーサン」はカルティエ所有のダイアモンドネックレスで、50年間金庫に眠っていた高額宝石です。

この宝石と、トゥーサンを身に着けたダフネが出席するファッションの祭典「メットガラ」に展示されるすべての宝石をデビーたちは盗み出すことに成功します。

実際、デビーたちが協力がして盗み出したのは「トゥーサン」が主で、展示されている宝石を盗み出したのはデビーと、ルー、アミータ、(前作までに登場していたイエン)ですが、デビーの本当の目的は宝石を盗み出すおとではありませんでした(詳細は次の段落)

もう一つの目的はなんだったの?動機はなに?

『スポンサーリンク』


『オーシャンズ8』の主人公であるデビー・オーシャン(サンドラ・ブロック)は物語冒頭ですでに刑務所に入った状態です。

刑務所から服役を終えて出てくるところからストーリーは始まり、デビーは仲間を集ってファッションの祭典メットガラに展示されるすべての宝石と、メットガラの祭典に出席するダフネ(アン・ハサウェイ)が身に着けるネックレスの「トゥーサン」を盗み出す計画を実行に移します。

これが映画最大の目的かと思われていましたが、映画中盤でデビーの本当の目的が明らかになります。

それは、デビーがムショに放りこまれて服役するきっかけとなった、かつての恋人(?)「クロード・ベッカー」をはめ返すことでした。

デビーは10年前にビンゴを行っていた際に画商をしていたベッカーと組んで詐欺を働くことになり、一緒に行動をともにすることで彼を信頼し、いいように騙されてすべての罪を擦り付けられて刑務所に入ることになりました。

デビーは刑務所で服役した5年8か月と12日間、ずっと彼をはめ返す計画を練っていました。

それが宝石泥棒をして、その罪をすべて彼にきせること。

映画ではうまいこと宝石を盗み出し、すべての罪をベッカーにきせてスカッとする終わり方をしています。

目的達成のキーとなった人物は?

ベッカーをはめるためにはダフネ(アン・ハサウェイ)の存在が必要不可欠でした。

ダフネは最初はメンバーに入っていませんでしたが、デビーたちの目的に唯一気づき、その頭の切れの良さからデビーに協力を仰がれ、ベッカーがダイアを盗み出した犯人に仕立て上げることに尽力しました。

具体的にはデビーがあらかじめ仕込んでいたダイアをベッカーの隙をついて目立つ場所に置き、次の日に警察を呼ぶといった感じです。

ベッカーをはめる計画に協力したということでダフネは報酬の山分けに加わり、およそ50億の大金を手に入れることに成功しました。

誰一人として欠けることができなかった宝石泥棒計画ですが、裏にはかつての恋人をはめ返すというデビーの目的もあって映画としてとても面白かったです。

まとめ

以下、本記事のまとめになります。

・デビーの本当の目的はかつての恋人(?)クロード・ベッカーをはめること。

・ベッカーをはめるのに欠かせなかったのはダフネの活躍が必須だった。
『スポンサーリンク』


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です