『クワイエットプレイズ2』みる前に予習したほうがいい?前作をみて復習すべきなのか予備知識についてまとめ

スポンサーリンク


音をたてたら”超”即死。

2018年に公開された大ヒットホラー映画『クワイエットプレイス』の第2弾『クワイエットプレイスPARTⅡ』。

早くから注目されている作品なので、

映画を観たい!!という方も多いはず。

『スポンサーリンク』


本記事では、

・『クワイエットプレイスPARTⅡ』これだけみて楽しめる映画なのか

・続編をみる前に前作をみて予習したほうがいいのか

・初見者にも1本で理解できるのか

・必要な予備知識はあるのか

・前作「クワイエットプレイス」をタダで見る方法はあるのか

以上について記載していきます。


目次

『クワイエットプレイスPARTⅡ』を観る前に前作見て予習したほうがいい?

2020年5月に公開される『クワイエットプレイスPART2』は、PART2とタイトルにある通り、2018年に公開された映画『クワイエットプレイス』の続編になります。

続編を観るにあたり前作を復習しておくべきか迷っている方や、

今作が気になるけど前作を観ていないし続編だけで理解できるか不安な方も多いのではないでしょうか。

結論としては、『クワイエットプレイスPARTⅡ』は、前作『クワイエットプレイス』を観ておいたほうがいいです。

詳しく書くとネタバレになるので書けませんが、今作を楽しむために重要な要素が前作では多く描写されています。

そのため、前作をみていないと前作の伏線や、出てきた登場人物、登場人物がどうなっていたのかがわからず、続編を楽しめない可能性があります。

前作1本で一度映画のきりのいいところまでおわって、今作がそのスピンオフとかだったら1本で楽しめるのですが、前作ではきれいに話がおわっていません。

そもそも『クワイエットプレイスPARTⅡ』は前作からの続きものになっているので、続編を十分楽しみたいのであれば前作を観るのは必須です。

前作公開から2年も経ってないので、内容を覚えている人はみなくても大丈夫です!

ただ、

・前作をみたけど詳しく覚えていない方

・前作を観ていない初見だよー!という方

上記の方はいきなり続編を観るとちんぷんかんぷんになる可能性があるので、できるだけ前作を観てから続編を観るようにするといいと思います!

ちなみに、前作の映画『クワイエットプレイス』は、U-NEXTAmazonプライム会員で完全無料鑑賞できます

今ならどちらも無料お試し期間がついてくるので、お得に予習したい方はぜひ利用してみてください!

⇒今すぐU-NEXTで『クワイエットプレイス』を無料鑑賞する!

U-NEXT公式ホームページは下記から!

※無料トライアル期間中に解約すれば一切料金はかかりません※

Amazonプライムだと時期によって無料でみられない時もあるので、個人的にはU-NEXTがおすすめです!

Amazonプライムの公式ホームページは下記から!

前作『クワイエットプレイス』は無料でみられるのか

今回5月に公開される『クワイエットプレイスPARTⅡ』は、前作として2018年に『クワイエットプレイス』が上映された続編映画になります。

続編は前作から話が繋がっているため、続編を観る前に前作の復習は必須です。

また、初見の方は前作をチェックしておいた方が続編を十分楽しめるので、時間に余裕がある方は前の作品をあらかじめ鑑賞しておきましょう。

前作の『クワイエットプレイス』は、動画配信サービスで鑑賞できます。

U-NEXTAmazonプライム会員のお試し期間利用で無料鑑賞できるのでお得に映画を観たい方はぜひ登録してみてください!

U-NEXT、Amazonプライム会員どちらも初回登録につき31日間の無料登録期間が付与されるので、この期間中に「クワイエットプレイス」を観て解約すれば一切料金はかかりません。

お金をかけずに映画をお得に観たい方はぜひ利用してみてください!

U-NEXT公式サイトは下記からどうぞ!

Amazonプライム会員は詳細下記から!

※Amazonプライムでの配信状況は時期によって変化する可能性があります。

詳しくは公式ホームページでご確認ください※

初見者にも易しい?これ1本で楽しめないの?

前述のとおりではあるのですが、前作から話自体が繋がっているので、続編一本では初見者が置いてきぼりを食らう可能性が高いです。

どうしても見る時間がない!という方は下記にネタバレありで何があったのか簡単に前作の概要を記載するのでチェックしてみてください。

【ネタバレあり】前作『クワイエットプレイス』簡単な概要

予告動画の下からネタバレになります。

ネタバレされたくない方は注意してください!

予告動画

結末を含めた概要

音に反応する「何か=正体不明の化け物」の襲来によって人類は滅亡の危機に瀕した。

息子を一人失くしながらもなんとか生き延びてきたリーの一家は、身重の妻エヴリン、ミミに障害を持つ長女リーガン、息子のマーカスとともに何かから逃れながら、「絶対に音を出してはならない」というルールを守り、ある家に拠点を置いて生活していた。

しかし、ひょんなことから何かに追い込まれた家族は、エヴリンが陣痛を起こしたことで家族全員が何かに殺される危機に瀕する。

エヴリンは何かが迫る中、何とか無事に子供を出産するが、一家の大黒柱であるリーはリーガンとマーカスを守るためにおとりになり、犠牲になったように思われた。

のこされたエヴリンたちは生まれた子供を箱に隠しながら何かから逃げ、地下室へと追い込まれる。

打つ手なしかと思われたその時、リーガンが何かが苦手とする周波数?を出せる補聴器を使ったことで何かはダメージを受け、弱った何かをエヴリンは護身用に持っていたショットガンで撃ち、見事撃退に成功。

映画は1体の何かを倒し、打開策を見つけた?と思われたときに終了する。

押さえておきたい点【予備知識】

以下、1作目である『クワイエットプレイス』の押さえておきたい点=予備知識について記載します。

ネタバレありなので注意してください。

父親は死んだのか

1作目のラストで一家の父であるリーは、リーガンとマーカスを守るために何かをひきつけようと大声を出し、何かに殺されたように見えました。

しかし、次回作=第2弾の予告動画ではリーが登場しており、さらにキャストにもリーを演じたジョン・クラシンスキーの名前があります。

つまり、リーが何かしらの状況で登場することがわかります。

前作を観る限りは、明らか死んだようにしか見えなかったのですが、何かによって襲われるリーが、切り裂かれてむさぼりくわれるといった直接的な描写はなかったので、そういった意味では生死がはっきりとは描かれていませんでした。

なので、もしかしたらどうにかして生き残ったリーが登場するか、過去にあった出来事としてリーが誰かの回想で登場するかのどちらかだと思います。

死んだか死んでいないかは続編を観てからのお楽しみですかね……

リーガンの補聴器

長女リーガンは耳に障害を持っていて、リー特製の補聴器を使っています。

しかし、あまり性能はよくなかったみたいで、リーガンはリーに何度も修理してもらっているようでした。

この補聴器ですが、1弾のラストで何かを撃退するのに大活躍してくれる機械として使用されます。

どうやら何かが苦手とする周波数を出しているようで撃退できたようですが、次作ではどのようにこの補聴器が活躍するのか見どころの一つじゃないかと思います。

生まれた子供の運び方

前作ではエヴリンが劇終盤に子供を産みますが、この子供は次作でも箱に入れて隠すようにして移動するようです。

ちょっとちょっと! 赤ちゃん泣いたら終わりなんじゃないの?

と思う方も多いと思いますが、この赤ちゃんなぜかステルス性なので泣きません(笑

次作ではギャン泣きして何かをひきつけるいい盛り上げ役になる可能性もありそうです。

何かについて

クワイエットプレイスでは正体不明の生き物を何かとして呼んでいます。

呼び方についてこれといって呼称があるわけではない(クリーチャーとかそういう呼び方もないです)ので、「何か」という単語が出てきたらこの映画シリーズでは化け物と考えていいと思います。

この化け物=何かは、おそらくですが宇宙から来た生命体(劇冒頭に映った新聞の切り抜きで推測可能です)で、目は悪いものの音には敏感。

足音でさえ聞きつけて音を出した生き物をすかさず捕まえ、食い殺してしまうとんでもない化け物です。

ただ、映画での撃退方法が補聴器の周波数を合わせて弱ったところをショットガンがどーん!だったので、この程度で殺せてしまう生き物によって人類が滅ぼされる一歩手前まで追い込まれるのはちょっと考えさせられてしまいます……

ショットガンが致命傷なのは間違いないので、覆っていた肌が固いということも考えづらく、そんな柔い肌の怪物を世界の軍がどうにかできなかったのかという矛盾はありますね……

次作ではこういった矛盾を回避するような設定が組み込まれているはずなので期待しましょう。

『クワイエットプレイス』は矛盾点が多い作品?

クワイエットプレイスは、いろいろと矛盾点が多いという点でも有名な作品です。

実際に管理人は公開直後この映画を見に行きましたが、突っ込みどころが多かったのは事実だと思いました。

口コミとかを観る前に「これおかしいでしょ」と察しの悪い管理人でも気づいてしまったくらいなので、常人は思うところが1つはある映画だと思います。

ただ、スピード感やスリルなどはある映画なので、勢いに任せて楽しめちゃうために評価は高いです。

作品の矛盾については下記記事にまとめているので気になる方はぜひどうぞ。

関連記事
『クワイエットプレイス』矛盾点が多かったのでまとめてみた

『クワイエットプレイスPARTⅡ』予告動画+あらすじ

以下、クワイエットプレイズ続編の予告とあらすじを記載しておきます!

予告動画

あらすじ

公式から発表があり次第更新いたします。

キャストは誰? 配役についてまとめ

『スポンサーリンク』


以下、主要キャストについて記載します!

エヴリン:エミリー・ブラント

リー:ジョン・クラシンスキー

リーガン:ミリセント・シモンズ

マーカス:ノア・ジュプ

その他、脇を固めるキャスト陣

・キリアン・マーフィ

・ジャイモン・フンスー

豪華キャストが勢ぞろいしているので要チェック作品ですね!

まとめ

以上が『クワイエットプレイスPARTⅡ』を観る前に前作『クワイエットプレイス』を観たほうがいいのか、初見者は一本でも楽しめるのか、必要な予備知識はあるのかについてまとめでした。

いかがだったでしょうか。

絶対に前作を観ないと次作は楽しめない!というわけではないですが、前作をみておいたほうが伏線や登場人物について理解できて楽しめるのは間違いないので、時間に余裕がある方はぜひ前作をみてから次作『クワイエットプレイスPARTⅡ』をご覧になってみてください!

劇場公開は2020年5月なので、楽しみに待ちましょう!

ではでは、映画をみるよー!という方も、そうではない方も、良い映画ライフをお過ごしくださいませ。

『スポンサーリンク』


スポンサーリンク