『クワイエット・プレイス』矛盾点と考察、みんなのレビューをまとめてみた

スポンサーリンク


2018年9月28日に『クワイエット・プレイス』が公開されました!

「音を立てたら即死」というキャッチフレーズからドントブリーズを連想された方も多いのではないでしょうか。

新体感サバイバルホラーと銘打っていることから、ぜひ観たいという人も多い作品かと思います。

本記事では、そんな『クワイエット・プレイス』での矛盾点と考察、みなさんのレビューについてまとめていきます。

『スポンサーリンク』


※ネタバレありのため注意※

『クワイエット・プレイス』予告動画+あらすじ

予告動画

あらすじ

音に反応して人間を襲う「何か」に支配された世界。

滅亡の危機に瀕しながら、「決して音を立ててはいけない」というルールを守り、生き延びている家族がいた。

会話には手話を、歩くときは靴は使わずはだしで、道には砂を敷き詰めて、彼らは静寂の中で決して音を立てない生活をしていた。

しかし、そんな一家を想像を超越する恐怖が襲う__

矛盾点と考察

『スポンサーリンク』


作品には矛盾がつきもの。制作過程で伏線が回収しきれなかったり、描き切れなかったりいろいろとあるようで致し方ないと思いますが……鑑賞者は観ていて気になるものですよね。

一応、矛盾点を列挙する前に……保険をかけておきますが、この記事では作品の粗探しをしています。

この映画が好きで、「絶対批判されたくない」とか、「マイナスな意見はみたくない」と思っている人は閲覧を控えていただければ幸いです。

作品の矛盾は矛盾ですが、以下に書かれているのはうがった見方をした粗探しなんでね(;・∀・)

あと、考察とか偉そうなこと書いてますが、考察はあってないようなもんです( ゚Д゚)オイオイオイ

では、さっそく気になった点を列挙していきます_(:3」∠)_

どうやって宇宙人はきたの? 大気圏突破したのに無事でいられたのって不思議じゃない?

人類を滅亡へと追いやっている何かは隕石とともに地球にやってきたことがわかります(冒頭で出てくる新聞で理解できます)が、そもそも宇宙人的何かが隕石とともに落下したこと自体ちょっと不思議です……

大気圏突破してきたわけで、隕石自体燃えまくっているので生命体が生きているのってなんだか納得しかねる気が……

ちょっと無理ありますよね。あと、ああいう姿をしているのにどうやって全世界に生息域を拡げていったのか謎。

海を超えない限り島国には行けないし……かといって泳げる容姿していないし……

そんなこと考えていたら楽しく映画なんて見られないんですけどね……

まぁ冒頭から気になりはしましたよね_(:3」∠)_

冒頭の並び方おかしくない?

一家は冒頭である薬屋?お店で長男の薬を持ち出します。

それから帰るときに長女が末っ子が持っていたロケットの電池を抜いてパパには秘密だからと言って手渡し(電池を末っ子の手の届くところに置いたところが気になったりしましたが置いておきます汗)

一家は調達が済んだため、お店から帰りますが、帰るときの並び方がちょっとおかしい気が……しました。

そもそもですが、あぶなーい何かがいる世界で食料やらなんやらを取りに行く際に家族で出ていくのは……まぁ納得せざるを得ないかもしれません(子供をおいていくと音立てて殺される可能性が高いから)が、父親⇒母親⇒長女⇒末っ子の順番に並んで帰るってなんかおかしくないですかね……

危ない世界なのだからこそ、できるだけ親の目が届くところに子供を置いておくものなんじゃないでしょうか。

自分が親なら絶対母親と父親の間に子供たちを並ばせて帰ると思いますが……

まぁ、設定上、末っ子を早々に殺さないと恐怖を演出できないところがあるため、この並び順になった可能性が高いですが、音を立てたら即死という世界設定なのにも関わらず、音を立てそうな子供を、音が出そうなものがたくさんあるところに放置して薬を探している時点で、鑑賞者的には「なんだかなぁ」と思うところはあったはず。

いやはや、思った以上に矛盾点が多い……粗探しというより気になった点を挙げているだけですがかなり多い……

音立てちゃいけない状況下で妊娠ってどないなってるん?

これは大半の方が鑑賞時に思った疑問ではないでしょうか。

なんで子供作ったん?! 何かが襲来する前に子供ができちゃっていたならまだしも、何かが襲来してきて、音を立てたらしぬよ!ってわかった状況下で子供を作る夫婦って……いかがなものでしょうか。

普通の神経だったら考えられないです……。

だって赤ちゃんって泣くのが仕事だから!!

演出や盛り上がり所として仕方ないとしてもこれはさすがにないでしょ!!

だったら最初から、何かが襲来してくる前に妊娠していたって設定にしておいた方が良かった気がとてもします。

つめが甘すぎますよ、気になりますよ……!!

むむむ、なんで電気通ってるの?!

何か襲来から一年以上たっていて、主要都市やらなんやらといろいろと壊滅状態の世界が設定されているはず……なのに、なんで電気通ってるんだろ……

もしかしたらこれが一番謎だったかもしれません。

1年以上ですよ? 1年以上……

父親が電気系の職についていたとしても、普通に考えて壊滅状態の世界で電気が普及しているのってどう考えてもおかしいです。

だってこの家族以外壊滅状態に等しいっていう世界設定のはずですからね!

途中でよくわからない老人が出てきましたがほとんど人類滅亡なんでしょ! そうなんだよね?!

補聴器って武器になるの?

長女がつけていた補聴器が一発逆転の道具、武器として最後に使用されますが、そもそも補聴器が武器になるという時点で無理があるような気がします。

襲ってくる何かの弱点が周波数というのは容姿や能力をみて納得できますが、補聴器は聞くための道具、補聴器具であって音や周波数を出す機械ではないはず。

父親が間違えちゃったのかな……??

私が補聴器について知識がないので、これについては詳しく言及できませんが、補聴器って周波数を出す道具なんでしょうか……いや、そうかもしれません。きっとそうなんだろう……

いやはや、でも、思いつきで話を作って盛り込んだのが悪かったのか……弱点の設定があまりにもお粗末な感じがしてなりません。

いやいやいや、こんな細かいこと気にしなければいいだけの話なんですがね!

あんだけ苦しめてきた何かの弱点が補聴器かーい!ってなったの私だけでしょうか……つらい。しかも最後ショットガンでドーンってそりゃないでしょ……

人類滅亡しかけてるのにショットガンって……だったら隕石から出てきて捕食され始めたときに軍隊の重装備でどうにかできたんじゃないですかね……

だってショットガンで殺せるんでしょ? 補聴器で弱っていたとしても、たかが周波数でしょ?

耳が痛い!ってひるんだところにズドーンって何かで攻撃すれば人類滅亡せずにすんだんじゃ……

滝のそばでなんで暮らさないの?

ごめんなさい。これいっちゃおしまいでしょうね。

滝のそばでは滝の音の方がうるさいからお話ができちゃうし音を立てても大丈夫なんですよね!

だったら滝のそばに家建ててくらせばみんな幸せ最高ハッピーエンド!なんじゃないでしょうか!!

そんなこといったらこの話自体つくれなくなっちゃいますがね!!

そんなところにくぎ打ってある理由って……

映画の中盤?かな……終盤にさしかかるところでしょうか。

母親が洗濯物の入った袋を、階段にひっかけちゃって、釘がビッと上を向いて出てくるシーンがあるんです。

そもそもですが、音をたてちゃいけない世界で、階段にものをひっかけてしまった場合……みなさん、普通は階段の下まで行って横着せずにゆっくり、音をたてないように外すと思うんですよね……

しかしこのお母さまは違う! 袋が引っ掛かった瞬間、音が出る可能性があるにも関わらず、横着にも引っ掛かった袋を力づくで引っ張り上げちゃうんだわこれが!

なんで?! 危ないよ!! だってもし衝撃で物が落ちて大きな音が鳴っちゃったらどうするの?

ちょっとした音にも反応をする何かが近くにいるのにこの描写はいかがなものかと……

あと、この突き出た釘に気づかず、踏みつけてしまうシーンはかなりというかとてつもなく痛々しかったので個人的にマイナス。。。

この描写好きな人は好きだと思うんですけど……もう痛い目に遭うのが分かり切っていたのでいつどうなるのか怖くて仕方なかったわけですよ。それが制作者の狙いなんでしょうが完全にはまっちまいました。

釘が出るまでの過程に納得できないのはさておいてね!!

最後に叫ぶ意味あったの?

最後の最後でお父さんが長男長女を助けるために大声をあげて何かをひきつけ殺されるシーンがありますが……

いや、マジか。と。

なんか、その前に花火で何かを引き付けるシーンがあったので……音がたつ何かを遠くに放るとか……

他にもいろいろとあったのでは……。

いや、仕方ないんです。だって、ここでお父さん殺したら盛り上がるから。

ストーリーの盛り上がり的には仕方がなかったんだと思います。

でも……やっぱり一言いいたいところはありますよね……。

ショットガンで倒せる相手に人類が追い込まれるってどういうことなの?

うっかり上述してしまいましたが、何かにはショットガンで最後とどめをさします。

もちろん、ショットガンは最後に使っただけで弱らせたのは補聴器なんですけど……

いや、まぁ……補聴器ってそれもどうなのと思うところありますが、ショットガンでとどめをさすのっていかがなものでしょうか……。

てか、音をたてちゃいけない状況でショットガン近くに置いておくってマジか。

ショットガンが護身用であるにしても、やっぱりショットガン以上の武器がある現代においてショットガン程度でとどめをさせる敵なら、もっと早くに全滅させることができたんじゃないでしょうか……

いうまでもなく、人類が何かをです。

あ、あの、ここまで批判的に言っておきながらあれですが、色々と矛盾点が気になる作品ではあるものの、そんなに気にしなければ十分楽しめる良作なのは確かなので、観に行く価値はあるかと思いますよ!!

驚くシーンも多かったのでびっくり系のホラーが好きな人は必見かと思います。

映画『クワイエットプレイス』は動画配信サービス「U-NEXT」で配信中です。

無料トライアル期間中に動画を見て解約すればお金を一切かけずにフル視聴できるのでおすすめ。

詳細は下記から↓

配信状況:2020/10/5まで

関連記事
『クワイエット・プレイス』年齢制限はある?子供と観るなら何歳くらいからがおすすめ?

みんなのレビューまとめ

以下、みんなのレビュー、感想を列挙します。

まとめ

以上が『クワイエット・プレイス』の矛盾点やレビューについてまとめでした。

いかがだったでしょうか。

普通に過ごしていてクリーチャーと出会うことはおそらくないと思いますが、絶対に出くわさないとは言い切れないので撃退用に補聴器持ち歩きましょうかね。あ、もちろん周波数が出るやつで。

続編も2020年にあるということなので楽しみに待ちたいと思います。

ではでは、皆さん良い映画ライフを!

『スポンサーリンク』


スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA