『クワイエット・プレイス』続編はあるの?エンドロール後に予告動画はあった?特報についてまとめ

2018年9月28日に『クワイエット・プレイス』が公開されました!

「音を立てたら即死」というキャッチフレーズからドントブリーズを連想された方も多いのではないでしょうか。

新体感サバイバルホラーと銘打っていることから、ぜひ観たいという人も多い作品かと思います。

本記事では、そんな『クワイエット・プレイス』は続編があるのか、エンドロール後に何か映像はあったのかについてまとめていきます。

『スポンサーリンク』


※ネタバレありのため注意※

目次
『クワイエット・プレイス』予告動画+あらすじ概要
エンドロール後に何か映像はあった?どんな映像?
続編はありそう?
まとめ

『クワイエット・プレイス』予告動画+あらすじ

~予告動画~

~あらすじ~

音に反応して人間を襲う「何か」に支配された世界。

滅亡の危機に瀕しながら、「決して音を立ててはいけない」というルールを守り、生き延びている家族がいた。

会話には手話を、歩くときは靴は使わずはだしで、道には砂を敷き詰めて、彼らは静寂の中で決して音を立てない生活をしていた。

しかし、そんな一家を想像を超越する恐怖が襲う__

エンドロール後に何か映像はあった?どんな映像?

『スポンサーリンク』


どんな映画でもエンドロールの後に特別な映像が流れることがあります。

それは次回作の予告であったり、映画本編に関係のある映像であったり、NG集であったりと様々。

『クワイエット・プレイス』でもそういった予告や特別映像が流れるかと期待していましたが、エンドロール後には何か映像が流れるということはなく、館内が明るくなってしまいました。

おまけ映像もないので、離席したいという方はエンドロールが始まったら離席してしまって問題ないでしょう。

ただ、エンドロールはおどろおどろしい感じのBGMとともに流れていくので、映画の余韻に浸りたい人は館内が明るくなるまで離席せずに映画を楽しむとよいかもしれません。

関連記事
『クワイエット・プレイス』年齢制限はある?子供と観るなら何歳くらいからがおすすめ?

続編はありそう?※ネタバレありなので注意※

エンドロール後の映像は何もありませんでしたが、『クワイエット・プレイス』は続編製作が決定し、公開年も決まっている映画です。

続編は2020年5月15日に全米公開されるため、日本での公開はそれ以降になるでしょう。

今作の『クワイエット・プレイス』は全米公開直後から絶賛評を集め、世界興収3億3260万ドルの大ヒットを記録。

近年に公開された『IT それが見えたら終わり』を超えていることからも日本でも非常に注目度が高い作品です。

現時点では、ハリウッド・レポーターによるところ、『クワイエット・プレイス』で主演を務めたクラシンスキーが現在、続編の脚本を執筆しているのだといいます。

続編では再びクラシンスキーがメガホンを取ることになるのか、別の監督が引継ぎをするのかは明らかになっていないため、また続報があり次第、こちらの記事に更新いたします。

関連記事
『クワイエット・プレイス』何かの正体は?容貌や地球に来た経緯についてまとめ

まとめ

以下、本記事のまとめになります。

・エンドロール後には映像はないものの、続編はある。

・続編公開は2020年5月15日に全米で行われるため、日本はそれ以降に公開される見通し
『スポンサーリンク』


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA