【2019年】実際にみて本当に面白かったおすすめ映画を厳選してまとめてみた

こんにちは、管理人のKazuです。

今回は管理人が実際に映画を観てみて、

面白い!と思った2019年の映画を紹介していきます。

邦画や洋画、アニメ、R指定やPGものなど様々なのでご参考までに。

管理人の好き嫌いによりますが、洋画が多めです。

『スポンサーリンク』


※独断と偏見の結果なので注意※


目次

※年齢制限がある映画には注意書があります※

最高に面白かった映画

ミスターガラス(1/18公開)

M・ナイト・シャラマン監督が手掛けた作品。

『アンブレイカブル』、『スプリット』の最終作。

3部作構成の最終章ということもあって、

前編を観ていない方にとっては意味不明な描写が多い作品。

初見殺し、洋画ということもあって好き嫌いがわかれますが、

管理人個人的には衝撃を受ける最高作だったため、

1月中に激推ししたい作品として紹介。

前作『アンブレイカブル』と、

スピンオフ『スプリット』とのつながりが濃く描かれているので、

本作を見る人はぜひ前日譚と関連作を見てからご視聴ください。

アンブレイカブルはU-NEXTで、

スプリットはAmazonプライムで視聴可能です。

映画観るなら<U-NEXT>

アクアマン(2/8)

DCコミックス原作の実写映画作品『アクアマン』

ジャスティスリーグにも登場したアクアマンにスポットが当てられた作品で、動くラッセンと称されてかなり話題になった映画です。

CGもかなりきれいですが、物語も明確でわかりやすく誰でも楽しめます。

びしゃびしゃになりますが、IMAXで観ることを全力でおすすめする映画。

移動都市モータルエンジン(3/1)

公開間近でなぜか上映館が縮小されてしまった映画『移動都市モータル・エンジン』

原作小説の実写映画化作品で、

上映館が少なくなったことから一抹の不安を胸に観に行ったものの、いい意味で予想を覆し最初から最後までワクワクドキドキさせられました。

戦闘シーンも移動都市の動きも圧巻、観ていて飽きません。

映画の舞台は現代から1000年以上もあとのため、

21世紀は古代扱いされていたり、

ミニオンが神になってたり……シリアスだけじゃない、小ネタも挟んでくるSF映画です。

気になっているけど上映館が減ったしと悩んでいる人はぜひ。

面白かった映画

クリード/炎の宿敵(1/11)

ロッキー映画スピンオフ『クリード』の続編

シリーズ好きにも初見にも楽しめる一作。

熱い人間ドラマやボクシング好きにはたまらない作品です。

シルベスター・スタローンとドルフラングレンも同役で登場するので、

なつかしさを感じるのにもうってつけ。

前作『クリード/チャンプを継ぐ男』はU-NEXTで視聴可能です。

マスカレードホテル

東野圭吾原作の同名小説を実写映画化した作品。

連続殺人事件の次の予告が有名ホテルに指定され、

刑事が潜入捜査するも、ホテルには怪しい客がゴロゴロいて……みたいな作品。

ミステリー好きなら外せない作品で、

ミステリー好きじゃなくても読めない展開が多いため

無難に楽しめます。

また、キャストも木村拓哉さん、

長澤まさみさんなど、多くの著名人を起用。

俳優さん目当ての鑑賞もおすすめ

原作あ映画の前日譚、後日談もすでに発売されていることから、

続編も期待できます。

TAXi5

大人気ヒットシリーズ映画『TAXi』の第5作目

脚本はシリーズで一貫してリュック・ベッソンが担当。

前作までの映画同様にコメディ要素が多い作品で笑える描写が多々。

スピード狂の警察官である主人公が上司の妻との不倫で左遷、

左遷された「マルセイユ」では

イタリア強盗団が高級車でやりたい放題。

主人公は犯人逮捕のため、ひょんなことから

ドジでおっちょこちょいなパートナーと手を組むことになり、

シリーズおなじみのタクシーで犯人逮捕を目指す__みたいな話。

シリーズファンはもちろん、初見でも十分楽しめます。

前作までの4作品はU-NEXTで視聴可能。

十二人の死にたい子どもたち

冲方丁原作の同名小説を実写映画化した作品。

自殺志願する未成年の子供たちがある廃病院に集結するも、

会場には集まる予定がない子の生暖かい死体があって……

集まった12人の中に殺人者がいるのではないかと疑問が浮上、

死体の正体や犯人を追及していく極上ミステリー。

実際に映画を観たところ、

「あ、やっぱりね」と読める展開が多かったため、

ごり押しはできないものの、

ミステリー映画としてはかなり楽しめた映画でした。

ホラーではなく、流血描写もないので

予告以上に怖いものはないと思って問題ないです。

年齢制限はないので、子どもでも小さすぎる子じゃなければおそらく鑑賞できます。

アリータ バトルエンジェル(2/22)

『アバター』で知られるジェームズ・キャメロンの最新作。

日本のSFコミックス『銃夢』(木城ゆきと)が原作の実写映画作品で、公開前から超絶注目を集めていた作品です。

どんなに面白いものかとドッキドキして劇場へ足を運びましたが、期待値が高すぎて消化不良に。

一作で終わらなかったことと、ジェームズ・キャメロンが次回作るのは『アバター』の続編と公言しているため、今作の続編はずっと先になりそうという点でごり押しできません。

ただ、CGやアクションシーンは圧巻です。

管理人が実際に観た映画一覧(公開日順)

『スポンサーリンク』


以下、管理人が見た映画です。

・『クリード/炎の宿敵(1/11)』

・『マスカレード・ホテル(1/18)』

・『ミスター・ガラス(1/18)』

・『TAXi5(1/18)』

・『十二人の死にたい子どもたち(1/18)』

・『七つの会議(2/1)』

・『メリーポピンズリターンズ(2/1)』

・『アクアマン(2/8)』

・『ファーストマン(2/8)』

・『フォルトゥナの瞳(2/15)』

・『アリータバトルエンジェル(2/22)』

・『翔んで埼玉(2/22)』

・『移動都市モータルエンジン(3/1)』

・『グリーンブック(3/1)』

見る予定の映画

以下は管理人が観に行きたい映画。

公開日が決まっていない映画については決まり次第追記で、

見た映画は消さずにそのまま載せています。

1月公開の映画

・『クリード/炎の宿敵(1/11)』

・『マスカレードホテル(1/18)』

・『TAXi5(1/18)』

・『ミスター・ガラス(1/18)』

・『十二人の死にたい子どもたち(1/25)』

・『サスペリア(1/25)』(時間があわず見に行けず)

2月公開の映画

・『七つの会議(2/1)』

・『メリー・ポピンズ リターンズ(2/1)』

・『アクアマン(2/8)』

・『劇場版シティーハンター新宿プライベート・アイズ(2/8)』

・『ファーストマン(2/8)』

・『劇場版幼女戦記(2/8)』

・『デス・ショット(2/9)』

・『フォルトゥナの瞳(2/15)』

・『アリータ バトル・エンジェル(2/22)』

3月公開予定の映画

・『移動都市 モータル・エンジン(3/1)』

・『アンフレンデッド ダークウェブ(3/1)』

・『スパイダーマン スパイダーバース(3/8)』

・『キャプテン・マーベル(3/15)』

・『バンブルビー(3/22)』

・『ダンボ(3/29)』

4月公開予定の映画

・『悪霊館(4/5)』

・『アンデッド/ブラインド(4/12)』

・『キングダム(4/19)』

・『アベンジャーズ エンドゲーム(4/26)』

※5月以降の映画は公開日が決まっていない映画が多いため後日追記※

『スポンサーリンク』