『バンブルビー』吹替と字幕どっちがおすすめ?声優とキャストは誰かまとめ

大ヒットシリーズ映画『トランスフォーマー』。

シリーズのはじまりを描く最新作『バンブルビー』の公開されました!

本記事では、

・映画『バンブルビー』は吹替、字幕、どちらがおすすめか

・キャストや声優担当者は誰か

・『バンブルビー』の見どころは何か

以上について記載していきます。


『スポンサーリンク』


目次

バンブルビーが話せなくなった理由はこちらから!

『バンブルビー』予告動画+あらすじ

作品の予告動画とあらすじを一応載せます!

必要ない方はスクロールを_(:3」∠)_

予告動画

あらすじ

心に傷を負った思春期の少女チャーリーは、

海沿いの小さな街で偶然、黄色い車を見つけた。

しかし、少女が見つけたボロボロの黄色い車はただの車ではなくて__

 

はじめての相棒は、”少女”だった。

『トランスフォーマー』はじまりの物語。

吹替と字幕はどちらがおすすめなの?

『スポンサーリンク』


吹替と字幕どちらがいいかは人によるので一概に言えないというのが正解なのですが、あえて管理人個人の意見をあげるなら私自身は字幕版をおすすめします!

字幕を追えない小さい子と一緒に映画を観たかったり、字幕を目で追うことで映画に集中できないという方は断然吹替版がいいです。が、

映画『バンブルビー』の吹替版の声優さんはほとんどがプロですが、ヒロインのチャーリーは「土屋太鳳」さんで、割とセリフが多いチャーリーの友達は「志尊淳」さんが担当しています。

土屋さんは過去に声優をしたこともあるようですが、志尊さんは吹替に挑戦するのは今作が初。

俳優さんということもあり、プロ声優さんの中で吹替をしているとちょっとういてしまっている感じが否めない(土屋さんもしかり)ので、気になる人は気になってしまうかもしれません……。

プロの方は問題ないですが、俳優さんや女優さんの吹替は棒読みであったり感情の込め方がおかしかったりする可能性が少なからずあります

もちろんうまい方もいらっしゃいますが、プロの声優さん並みの方はごくわずかなので、俳優や女優が声優を担当されることに違和感を覚える方は今作の吹替も気になるでしょう……。

ちなみに、吹替版の声の確認は、Youtubeに動画を投稿してくださっている方がいたので、そちらの日本語版の予告動画でお二人の声は確認できます。

女優や俳優が声優をするということでどんな感じなのか気になる人は、予告を見てから判断されるのがいいでしょう。

その方が自分で確認出来て確実ですしね!

YoutubeのURLは下記に埋め込ませていただきます汗

管理人は実際に吹替で映画を観てみましたが、オブラートに包まなくていいなら「ひどい」の一言に尽きました……

土屋さんも志尊さんも映像として観るならかなり好きなんですが……こればかりは擁護できなかったです……。

まごうことなき棒だと個人的には思うので、女優さんや俳優さんが吹替を担当されることに抵抗がある人は字幕で鑑賞するのがいいと思います。

最悪の場合、棒読みに気を取られて感動的なシーンで笑ってしまうことになるかもしれないです…

ただ、土屋さんや志尊さんのファンの方はもちろん気にならないと思います。

そのままの声なので……。

Twitterの意見

管理人個人の意見だけだとよろしくないので、Twitterでのつぶやきを公平に集めてみました。

ご参考まで_(:3」∠)_

まだ公開されてすぐなのであまり意見がないのですが、いいという人もいれば受け入れられない人もいる感じです……

予告見て問題ない人は吹替でみても問題ないと思うので、日本語版予告を見て判断するのがいいかもしれません。

吹替の声優さんは誰?女優や俳優の起用はあるの?

以下、映画『バンブルビー』で主要な声優さんとキャストさんをまとめます。

ちなみに、女優と俳優の起用はありで、ヒロインのチャーリーが土屋太鳳さん、チャーリーの友人のメモが志尊淳さんです。

バンブルビー(B-127)=ディラン・オブライエン:木村良平

バンブルビーの声を担当したのは字幕版はメイズランナーのトーマス役でお馴染みのディラン・オブライエンで、吹替版の声の担当は木村良平さん。

木村良平さんはプロの声優さんで、代表作はかなり多いですが、『黒子のバスケ』の黄瀬役などが有名。

バンブルビーに関してはアニメ版でも木村良平さんが担当されているのでなじみがある方はあるかも。

チャーリー(ヘイリー・スタインフェルド):土屋太鳳

今作のヒロイン「チャーリー」を演じたのはヘイリー・スタインフェルド

吹替版で声を担当されたのは女優の土屋太鳳さん。

彼女の吹替の関しては良いという人もいれば閉口してしまう人もいて、賛否があります。

メモ(ジョージ・レンデボーグ・Jr):志尊淳

ヒロインチャーリーの友人を演じたのは「ジョージ・レンデボーグ・Jr」。

吹替版で声優を担当したのは俳優の「志尊淳」さん。

オプティマス・プライム(ピーター・カレン):玄田哲章

トランスフォーマーでお馴染みオートボットのリーダーオプティマスの声を担当したのは字幕版は「ピーター・カレン」、吹替版は「玄田哲章」さん。

玄田哲章さんはプロ声優さんで、彼に関してはシリーズでなじみのあるオプティマスの声です。

オプティマスの声をずっと担当している声優さんということもあり、定評があります。

シャッター(アンジェラ・バセット):悠木碧

敵の女声デイセプション「シャッター」の声を担当したのは字幕版はアンジェラ・バセットで、吹替版は悠木碧さん。

悠木碧さんもプロ声優で、代表作は『まどか☆マギカ』のまどか、『ポケモン』のアイリスとか……めちゃめちゃ幅広く活動している超絶人気の方。

今作での評判もかなりいいようですね!

ドロップキック(ジャスティン・セロー):濱野大輝

シャッターとともにバンブルビーを追い込む敵ドロップキックの声を担当したのは字幕版では「ジャスティン・セロー」、吹替版では「濱野大輝」さん。

濱野さんも定評のあるプロ声優さんで、吹替に違和感はないはずです。

映画『バンブルビー』見どころは?

今作『バンブルビー』は見どころがたくさんあります!

ちょこっと紹介するので、観るか検討している方は参考まで_(:3」∠)_

バディ要素

『バンブルビー』ではヒロインチャーリーとバンブルビーのバディ要素が垣間見られます。

地球人とオートボット、二人は異種ということもあり、分かり合えないだろうと思うかもしれません。

しかし、うまく言葉を交わせなくても問題なんてないんです!

ヒロインは人間で非力ではありますが、彼女がいなければバンブルビーは実力を発揮できないし頑張れません……

2人だからできることがある、それが見どころの一つでしょうか_(:3」∠)_

かわいい!かっこいい!が詰まってる

バンブルビーはトランスフォーマーでもおなじみのおちゃめなキャラクター。

本作ではそんなおちゃめなバンブルビーが炸裂します!

予告でも見られる通り、部屋を散らかしちゃったり隠れているつもりでうまくかくれられてなかったり。

そんなおちゃめなバンブルビーがみられる一方、チャーリーやオートボットのために戦うバンブルビーの雄姿も観られます。

ちょっと予算が前作より抑えられてしまったこともあってトランスフォームするシーンはシリーズの中では少ない方です。しかし、盛り上がれるくらいにうまくちりばめられているので注目してみてみてください!

実は泣けちゃうところもポイント

本作は宣伝触れ込みでも周知の通り、チャーリーとバンブルビーの絆にスポットを当てている作品でもあります!

最初こそ戸惑っていた二人でしたが、徐々に友情が芽生えていくのでうるっとさせられるシーンも多々。

まさかトランスフォーマーシリーズで泣かされるとは思っていなかったといっている人も多いんです!

気になるぞ!という方は、ぜひぜひ、映画館で本作を見てみてくださいね( `ー´)

まとめ

以上が『バンブルビー』の吹替と字幕どちらがおすすめかについてまとめでした。

一概にどっちがいいよとはいえませんが、女優さんや俳優さんが声優をすることにアレルギーがある人や気になるわという方は字幕版。

女優さんや俳優さんのファンであったり、吹替に違和感がない方、字幕を追うことで弊害があるという方は吹替が良いのではないかと個人的には思います!

とにもかくにも、映画自体はかなりいいので、吹替も字幕も観てみるのがベストなのかな……?

ではでは、映画をみるよ!という方もそうではない方も、良い映画ライフをおすごしくださいませ!

『スポンサーリンク』