『MEGザ・モンスター』年齢制限はある?小さい子供でも見られるの?対象年齢はどれくらいか調べてみた

2018年9月7日にサメ映画最新作『MEG ザ・モンスター』が公開されました。

サメ×ジェイソン・ステイサム主演の映画ということもあり、ぜひ観に行きたいという方が多いのではないでしょうか。

本記事では『MEG ザ・モンスター』には年齢制限があるのか、対象年齢はどのくらいなのかについて記載していきます。

スポンサーリンク


※以下は管理人個人が調べた結果なので絶対の情報ではございません※

目次
『MEG ザ・モンスター』予告動画+あらすじ
年齢制限はあるの?
残酷なシーン(流血表現)はある?
子供でもみられる
対象年齢はどのくらい?
まとめ

『MEG ザ・モンスター』予告動画+あらすじ

~予告動画~

~あらすじ~

海洋研究施設から潜水したある探査船が、誰も足を踏み入れたことのない未知の海溝を発見した。

正規の発見に喜んだのもつかの間、探査船は未知の海溝で消息を絶ってしまう。

レスキューのプロであるジョナス・テイラー(ジェイソン・ステイサム)は行方知れずとなった探査船の乗組員を救うべく立ち上がったが、救助先で生物学の常識を超えた”モンスター”=MEG(メグ)と遭遇した。

深海から浮上したMEGはビーチで海水浴をする人々を次々に襲い始め、楽しい雰囲気に包まれていた真夏のビーチは地獄へと変わっていく。

ジョナスたちはMEGの脅威から人々を護ることができるのか__

年齢制限はあるの?

スポンサーリンク


『MEG ザ・モンスター』には年齢制限はありません

公式ホームページでは年齢制限に関して情報公開されていなかったので焦って調べまくりましたが、『MEG ザ・モンスター』の詳細情報は各々の映画館のホームページでまだ更新されていないところが多く、年齢制限の表記がなかなか見つかりませんでした。

ただ、ムビチケのホームページを見て作品情報を見てみると、ありましたありました。

右上にある緑色の囲いに入っているGという文字は年齢制限がないという表示になります。

すでにムビチケが売られている状態で、子供と一緒に観たいと思っている人が参考にすることもある可能性を視野にいれると誤表記ということは考えづらいでしょう。

普通に現時点で買えちゃうので(;・∀・)

AmazonでもGの表記があったので間違いないはず。。。です。

↓ムビチケの詳細は下記から↓

『MEG ザ・モンスター』映画前売券(一般券)(ムビチケEメール送付タイプ)

どんな小さい子でも一応観ることはできますが、流血表現やばっくり残酷に人間がサメに食われるシーンがあるので、小学生以下のお子さんが閲覧する際は注意したほうがいいかもしれないですね…

関連記事
『MEGザ・モンスター』メガロドンの全長は脅威の23メートル?!メガロドンは実在したの?

残酷なシーン(流血表現)はある?

残酷なシーンはサメ映画なのであります

子供が怖がるシーンとしては、「人が食べられる」、「突然サメが現れる」、「サメが徐々に泳いで忍び寄ってくる」など、大人でも少しびっくりするものと予想できますね……。

映画好きの管理人が毎日読ませていただいている映画.com様の組んだ特集では『ジョーズ』シリーズのオマージュがあると記載されていますし、実際、映画では人がメガロドン(サメ)にぱっくり食べられます

ただ、本当に露骨に血が噴き出したりとか、首がぶっ飛んだりとか、残忍すぎる映像はありません。

メガロドンが食い散らかした現場を後からみて、もげた腕を回収するみたいな描写ありますが……サメがバラバラに人間を引き裂いて殺すという直接的な表現はないです。

もしそういう表現があった場合、必ず年齢制限が設けられるはずですから、そういった点ではあからさまな残忍描写はないと考えていいです。

関連記事
『MEG ザ・モンスター』公開日はいつ?いつまで公開されるのか公開期間についてまとめ

子供でも観られる?

スポンサーリンク


もちろん、怖い怖くないと感じる具合は個人差があると思いますが、定義としては小さなお子さんでも観られます

映画館で鑑賞する場合、音が大きかったり、びっくりさせる表現があるので少なからず驚きはすると思います。

サメの映画ということで、突然暗い海底からサメが襲撃してきたり、船が破壊されたり転覆させられたりと、思わず体を動かして驚いてしまうような描写は結構あります。

実際管理人も映画館でびくびくっとしてしまったシーンはいくつかありました汗

人が食われる直接的な表現(バクバク食べられて大量出血する)というのは少ないですが、この後この人絶対死んだなと思わせる表現は多少なりともあります。

そういった表現が自分の子供に見せるのが早いとか、悪影響があるかなと思う人はつれていかない方がよいでしょう。

ただ、サメの迫力とか、わくわく感、スリルというのは映画館でしか味わえないものがあるので、絶対にメガロドンをみたいと言っているお子さんがいたら、多少その子が小さくても観に行かせてあげてもいいかもしれないですね(;・∀・)

観たかったのにと言われてもあとでかわいそうなことをしたなと後悔してしまうので…映画を観て怖い思いをして泣いてしまう可能性ももちろんなくはないので「怖いかもよ」と一応保険をかけて連れて行くのが良いのではないかと思います。

対象年齢はどのくらい?

予想としては高校生以上が対象ではないかと思います。

中学生でも見られるとは思いますが、サメ映画に耐性がない子だとかなりビビると思いますよ汗

公式ホームページにも高校生、大学生がビビったとか書いてあるので、想定は高校生以上を対象に制作された映画なのではないかとうかがえます。

ただ、びびるびびらないは個人差があるので、一概に対象年齢がいくつからと明言はしかねますね……。

基本的に親が洋画を観ていない限り、小さい子供がこういった映画に興味を示すことは少ないので、他にもサメ映画を観ていてサメ映画特有の描写にも慣れているというお子さんは連れて行っても問題ないと思います。

そういった意味では対象年齢はフリーです。

まとめ

以上が『MEG ザ・モンスター』は年齢制限があるのか、対象年齢はどのくらいかについてまとめでした。

もし自分の子供が映画を観たいといっているけれど、小さすぎて不安な場合はジョーズシリーズをみせて反応を観るのも手だと思います。

ではでは、お子さんを連れて劇場へ行くという方も、DVDレンタルを待つという方も、良い映画ライフを!
スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA