『未来のミライ』謎の男の正体とは?くんちゃんは誰に出会ってどんな影響を受けたの?謎解きしてみた

2018年、7月20日に細田守作品である注目映画『未来のミライ』が公開されました!

『バケモノの子』に続いて予告では獣が庭を駆け回っていましたが、本作はどういった作品なのでしょう?

本記事では『未来のミライ』に登場した謎の男の正体と、主人公のくんちゃんが出会って影響をうけた人物は誰だったのかについて紐解いていきたいと思います。
※ネタバレありなので注意※

目次
『未来のミライ』予告動画+あらすじ
謎の男って?その正体は?
くんちゃんは未来ちゃんの他に誰に出会ったの?
まとめ

『未来のミライ』予告動画+あらすじ

甘えん坊の4歳児「くんちゃん」のもとへ、ある日突然、あかちゃん「未来ちゃん」がやってきた。

甘え盛りのくんちゃんは生まれたばかりの未来ちゃんにお母さんとお父さんの愛情を取られたと思い、反発。

未来ちゃんをたたいてしまったり、いじめてしまいます。

そんなくんちゃんの前に、女子高生になった未来ちゃんが現れ__

謎の男って?その正体は?

『スポンサーリンク』


謎の男とは、お母さんとお父さんを独占する「未来ちゃん」に嫉妬したくんちゃんの前に突然現れた男のことです。

くんちゃんがお母さんに注意されてすねて庭に出た際に現れた長髪の男。

最初は全く誰かわからず、くんちゃんも「誰?」と不思議そうに問いかけていますが、この男は不審者ではありません。

くんちゃんの家では、くんちゃんが生まれる前から一匹のを飼っています。

犬の名前は「ゆっこ」。女の子みたいな名前ですが性別は男(ひな人形に興味を示した際に「ゆっこは男だろ」と注意されていることから判断できます)。

「ゆっこ」はくんちゃんが生まれる前は何をしても「えらい」、何かできると「頑張ったね」とほめてもらい、おいしいドッグフードをもらって食べていたとくんちゃんにいいます。

そう、この謎の男の正体は犬の「ゆっこ」なんですね。

茶色い毛並みなので男の黒い髪の色からは想像がつきませんが、服で隠れていたしっぽがくんちゃんに見つかり、取られています。

どういうわけかしっぽは取り外し可能なようで、おしりにつけると犬になれるみたいです。

実際、くんちゃんが「ゆっこ」からしっぽをとって自分につけたら犬になりましたし、家の中を走り回っても父親、母親からは「ゆっこ」だと思われていました。

しっぽをとられた「ゆっこ」が何度もしっぽを返してくれとくんちゃんに懇願していたので、しっぽがないとゆっこ(犬の姿)には戻れないのかもしれないですね。(そういった直接的な表現はありませんでしたが(;・∀・))

関連記事
『未来のミライ』磯子が駅名として出てきたってホント?磯子ってどこ?舞台は何県なの?

くんちゃんは未来ちゃんの他に誰に出会ったの?

くんちゃんは未来からやってきた女子高生の未来ちゃんの他に、前述したゆっこに出会い、そのほかにも何人かに出会って影響を受けています。

『スポンサーリンク』


幼少時代のおかあさん

まず、予告にあった幼少時代の母親。これも、くんちゃんが赤ちゃんの未来ちゃんに嫉妬してぶーたれたときに庭先に出て過去に戻ってしまったことから出会います。

母親とは家を荒らして仲良くなるという感じで、あまり影響を受けていないように思えますが、出会った際に幼少時代の母親が母親のおばあちゃん(くんちゃんからみるとひいばあちゃん)に猫を飼わせてもらえるように手紙を書き、その手紙を靴にいれていたことをくんちゃんは見ました。

このことから、自分の時代に戻ったくんちゃんは自分の言いたいことを手紙にして靴にいれ伝え、父親からほめられています。

少しだけですが、親の興味を自分に向かせることに成功しています。

ただ、母親にあったという伏線は、父親からほめられるというために描きたかったわけではなく、母親の幼少時代がどうであったとか、母親が猫を飼いたかったんだとか、そういった細かいことを描きたかったのだろうと個人的には思います。

バイクの青年

引用:http://mirai-no-mirai.jp/character/index.html)

くんちゃんは幼少時代の母親の他にも古い家屋で青年に出会っています。

これもすねちゃったときにトリップして出会った一人ですが、彼は迷い込んできたくんちゃんと一緒に馬に乗ったり、バイクにのったりとたくさんの経験をさせてくれます。

この青年は右足を引きづっていて、昔ケガをしたようなことをいいます。

さらに、「なんにでも初めてはある」と、くんちゃんのおとうさんが口にしたセリフをそのまま青年が口にしたことから、くんちゃんは青年がおとうさんに似ていると思い始め、怖いと感じた際は「お父さん」といって縋り付くほど。

この青年の言葉と、馬に乗った際に怖いと思わずに目線は遠くにというアドバイスから、くんちゃんは乗れなかった自転車に乗れることに成功

青年の影響はかなり強いようでした。

くんちゃんが再度トリップして元の時代に戻るまではこの青年が誰かはわかりませんが、元の時代で母親とアルバムを見ていたときにくんちゃんはこの青年を見つけます。

バイクと一緒に映る青年の写真を指差して「おとうさん」といったくんちゃんに、おかあさんが「これはこの間亡くなったあなたのひいじいちゃんだよ」といいます。

色々な経験をさせてくれた青年はくんちゃんの「ひいじいちゃん」だったんですね。

その他

そのほかトリップ中に上から見る程度ですが、以下、未来ちゃんとのトリップ中に出会った人間、シーンになります。

体が弱くて自転車にも乗れなかった小学生時代の父親。

母親と一緒にいて、まだ家に来る前のゆっこ。

ひいじいちゃんとひいばあちゃん(ひいばあちゃんがゆっくり走って足の悪いひいじいちゃんにかけっこで負けて結婚する、くんちゃんの家に伝わる伝承)

猫が好きだった母親が猫が苦手になってしまうシーン

まとめ

以下、本記事のまとめになります。

・謎の男の正体はくんちゃんより前にいた犬の「ゆっこ(♂)」

・くんちゃんが出会ったのは「女子高生になった未来ちゃん」「幼少時代の母親」「小学生時代の父親」「青年のころのひいじいちゃん」「ひいじいちゃんとひいばあちゃん」
『スポンサーリンク』


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です