『ルイスと不思議の時計』吹替と字幕どっちがおすすめ?豪華声優が吹替しているって本当?

スポンサーリンク


2018年10月12日に「ハリーポッターの原点」ともいわれる、ジョン・ベレアーズ著書を映画化した『ルイスと不思議の時計』がいよいよ公開されます

そこで本記事では、『ルイスと不思議の時計』は吹替と字幕はどちらがおすすめなのかについてまとめていきます。
『スポンサーリンク』


※この記事にネタバレはありません※

目次
『ルイスと不思議の時計』予告動画+あらすじ
吹替と字幕はどちらがおすすめなの?
吹替の声優さんは誰?
『ルイスと不思議の時計』の見どころは?
まとめ

『ルイスと不思議の時計』予告動画+あらすじ

~予告動画~

~あらすじ~

両親を亡くしたルイスは、おじさんであるへっぽこ魔法使いジョナサンの古い屋敷に一緒に住むことになった。

隣にはきれいでやさしく、エリートの魔女、ツィマーマンが住んでいる。

ルイスはそんな二人と、時計がいっぱいの邸で不思議な暮らしを始めるが、ある日、世界を破滅へと導く時計が屋敷に隠されていることをルイスは知ってしまう。

二人の魔法使いとひとりぼっちの少年ルイスは時計の謎を解いて世界を救うことができるのか__

吹替と字幕はどちらがおすすめなの?

スポンサーリンク


管理人個人としては字幕版をおすすめします。

字幕を追えない小さい子と一緒に映画を観たかったり、字幕を目で追うことで映画に集中できないという方は断然吹替版がいいです。

ただ、『ルイスと不思議の時計』の吹替版の声優はほとんどがプロですが、ルイスがお世話になるおじさんのジョナサンは俳優の佐藤二朗さん、さらに隣の家に住む魔女は女優の宮沢りえさんが担当されています。

プロの方は問題ないですが、俳優さんの吹替は棒読みであったり感情の込め方がおかしかったりする可能性が少なからずあります。

佐藤二朗さんは『メアリと魔女の花』や『インサイドヘッド』で声のお仕事をされていますが、プロの声優さんと比べてしまうと少なからず違和感があるかと思います……プロの声優さんに囲まれた中で俳優さんや女優さん、タレントの方等が声の吹替をすることに抵抗がある方は字幕がいいと思います。

ちなみに佐藤さんが吹替を担当されている予告は下記↓

あらすじの上に記載した予告と比べてしまうとすごくうまい!とはいいがたいです……

管理人としては、吹替ではあまりいい思いをしたことがないので、痛い目を見たことがある人は字幕で観る方が安心して観られるのではないかと思います。

ただ、佐藤二朗さんは俳優さんではありますが、声のお仕事もたくさんされている方なので彼の吹替を好きだという人もたくさんいます。

好き嫌いは人によりけりなので、一度予告を見てから判断してみてください。

佐藤さん以外にも豪華なプロ声優さんが吹替をされているので、他キャストのプロの声優さんが目当ての方は吹替版を観た方がいいとは思います。

プロではない方が吹替を担当されることに対して違和感がある人は字幕、好きな俳優さんや吹替を担当するプロ声優さんが目当てという人は吹替がオススメです。

追記:実際に映画を吹替版で鑑賞しましたが、佐藤さんも宮沢さんもプロには劣りますが、際立って目立つ部分があって違和感があるということはありませんでした。

あまりこだわりがない方なら問題なく吹替版でも映画を楽しめるかと思います。

関連記事
『ルイスと不思議の時計』公開日はいつ?いつまで公開されるのか公開期間についてまとめ

吹替の声優さんはだれ?

スポンサーリンク


吹替の声優さんは以下の通りです。

コナン君をはじめ、サトシやしんちゃんなどかなり豪華です。

・ルイス・バーナヴェルト:高山みなみ(名探偵コナン:江戸川コナン)
・ジョナサン・バーナヴェルト:佐藤二朗
・タービー・コリガン:松本梨香(ポケモン:サトシ)
・ローズ・リタ・ポッティンガー:矢島晶子(クレヨンしんちゃん:初代の野原しんのすけ)
・ミセス・バーナヴェルト:本名陽子(プレキュア:キュアブラック)

wikipedia参照)

ルイスと不思議の時計を書籍で読みたい方へ

ルイスと不思議の時計にはジョン・ベレアーズ原作の『壁のなかの時計』があります。

英文で書かれているので英語が堪能な方しか読めませんが、9月12日に静山社から日本語訳の『ルイスと不思議の時計』が出版されています。

原作を楽しみたいという方にはおすすめです。


ルイスと不思議の時計 (静山社ペガサス文庫)

『ルイスと魔法の時計』の見どころは?

・豪華キャスト

ケイト・ブランシェットやジャック・ブラックなど有名な演者が多数出演しているため、キャストという点でも大きな見どころとして注目できる作品。

・ストーリー構成

原作がある映画なのでストーリー構成には期待できます。

また、映画を手掛けているのはユニバーサル・ピクチャーズのため、よほどのことがない限り物語が破綻しているということはないはず。

・演出

魔法がテーマというだけあって現実離れした世界がスクリーンで見られることは間違いないです。

原作である『壁のなかの時計』はハリーポッターの原点とも呼ばれている作品なので、もしかしたらそれに近しい演出が観られる可能性も。

まとめ

以下、本記事のまとめになります。

・管理人個人としては字幕がおすすめだが、人によって好き嫌いはあるので吹替を担当している人を見て判断するのがベスト

スポンサーリンク


スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA