徹底ネタバレ『アリ―スター誕生』結末やジャックは死んだのか等、感想や評判についてまるっとまとめ

2018年12月21日に『アリー スター誕生』が公開されました!

レディー・ガガ主演ともあり楽しみにしていたという方も多いのではないでしょうか。

 

本記事では

・登場人物について

・ジャックがどうなったのか

・映画結末

・使用楽曲、サウンドトラック情報

以上について記載していきます。

スポンサーリンク


ネタバレのため注意

目次

※劇中の使用楽曲についてはこちら

『アリー スター誕生』予告動画+あらすじ

まずは予告とあらすじをさらっとのせます。

必要ない方はスクロールを!

予告動画

あらすじ

音楽でスターになることを夢に見ながら、自分に自信を持てず、周囲からも否定されるアリー。

彼女は小さなバーで細々と歌を披露する日々を過ごしていた。

そんなある日、世界的ロックスタージャクソンが店に現れたことで彼女の世界が一変する。

ジャクソンに導かれるまま、ショービジネスの世界に飛び込んでいったアリーだったが……

登場人物について

スポンサーリンク


以下、アリースター誕生に登場した人物について簡単に紹介していきます。

こちらも必要ない方はスクロールをお願いします!

アリー(レディー・ガガ)

ゲイたちがはたらくドラッグバーで歌を歌うウエイトレス。

ある日ジャックがお店に現われて彼に歌声を評価されたことから人生が一変する

ジャック:ジャクソン・メイン(ブラッドリー・クーパー)

大人気のミュージシャン。

スターでありながらアルコールとドラッグ依存で酔っていることが多い。

レズ・カヴロン(ラフィ・カヴロン)

アリーのマネージャー。

アリーの才能にほれ込み、レーベルに所属するようスカウトした人物。

物語を大きく動かす重要な登場人物。

ロレンツォ(アンドリュー・ダイス・クレイ)

アリーの父。

自分にも歌の才能があると自負していて、歌がうまいアリーが自慢。

おしゃべり好き。

ボビー(サム・エリオット)

腹違いのジャックの兄であり、父親のことでジャックとは確執がある。

ジャックの世話役としてツアー等に同行。

ジョージ(デイブ・シャペル)

ジャックの旧友。

ジャックがこまったさいに逃げる先はジョージの家。

ラモン(アンソニー・ラモス)

アリーの一番の友人。

ウエイトレスやゲイバーで働いていた際も従業員としてアリーのそばにいた。

ジャックは死んでしまったのか

スポンサーリンク


結論からですが、ジャック(ジャクソン・メイン)は映画終盤に命を落とします。

命を落とすというよりも、自らの命を絶ったので自殺といった方が正しいでしょう。

彼はアリーを音楽業界へ引っ張り込んだ人物ですが、アリーがトップスターになりあがるのと反比例して彼は耳が聞こえなくなったりアルコールとドラッグの依存が強くなってミュージシャンとしても低迷していきます。

そんな彼を見てきたアリーのマネージャーが彼に対してアリーに悪影響を及ぼすという旨の発言を直接彼にし、

ジャックは自分の存在がない方がアリーのためになると考えて自ら命をたちます。

※ジャックの考えについてとらえ方は人それぞれです※

!サウンドトラックはこちらから!

映画結末について

ジャックに音楽業界に引き込まれたアリーはすぐにその頭角を現し、音楽業界で認められていきます。

それと反比例を描くようにジャックはドラッグと酒におぼれる日々を過ごし、耳も聞こえなくなって音楽生命が絶たれたも同然の状態に。

アリーとジャックは映画中盤に結婚しますが、アリーがグラミー賞を取るころにはジャックは大事な授賞式でもべろんべろんに酔っぱらっている状態でした。

アリーはグラミーの新人賞をとって舞台に上がりますが、一緒に登壇してしまったジャックが失禁してしまい、授賞式は台無しに。

アリーはこのことを全く攻めませんが、周りがジャックの失態を責め、ジャックは施設で酒とドラッグを絶つための努力をしてなんとか更生することに成功しました。

しかし、グラミー賞授賞式での出来事が世間から忘れ去られるはずもなく、アリーはジャックの失態で恥をかいた状態でした。

ジャックはアリーのマネージャーに「もしまた酒を始めるようならきっぱり別れろ」と言われ、アリーのこれからのことを考えて命を絶つ選択をします。

アリーやボブなど、ジャックの周りの人間はいたく彼の死を悲しみ、彼の追悼式ではアリーが「I’LL NEVER LOVE AGAIN」を歌い、映画は完結。

ハッピーエンドではありませんが、感動的なラストを迎えたのは間違いない映画でした。

その他ネタバレ

ちょっとしたことをその他ネタバレしていきます。

ジャックの生い立ちと兄との確執

本作の主人公アリーを音楽業界へと引き込むのはジャック(ジャクソン・メイン)という有名なミュージシャンです。

町を歩けば写真を撮られたり話しかけられたりと、彼を知らないものはいない描写がされていることからかなり名の知れた歌手であることがわかります。

そんな彼は、実はあまりいい生い立ちではないことを映画序盤でアリーに打ち明けました。

彼は父親と父親の使用人である18にみたない少女との間に生まれ、腹違いの兄がいるという複雑な環境下で育っています。

母親はジャックを生むときのお産に耐えられずに死去し、父もジャックが13歳のころに死んでしまいました。

また、ジャックの父はジャックと同じような重度のアルコール依存症で、兄であるボブはジャックのアルコール依存は父親のせいであるとして、父親をひどく恨んでいます。

ボブは父親のことをよく思っていなかったこともあり、弟のジャックが大きくならない間にすぐに家を飛び出してしまったことからジャックは誰にも守ってもらえずに寂しく育ってきました。

映画ではボブはジャックの付き人としてジャックを守っていましたが、アルコール依存から抜け出せず、補聴器もつけないジャックに呆れている状態です。

そんな中、父親のことでジャックと口論になり、ボブは付き人をやめて出ていきますが、最終的にはジャックと和解はしています。

主題歌「タイトル」シャロウ(shallow)の意味

『アリースター誕生』の主題歌であり、アリーとジャックがデュエットすることで印象に残る「Shallow(シャロウ)。」

歌詞中にも出てくるシャロウという言葉がそのまま曲名となっています。

和訳の通りではありますが、シャロウは浅い水という意味です。

サウンドトラック情報について

使用楽曲が収録されたサウンドトラックについて

『アリ―スター誕生』では18曲もの挿入歌が使用されています。

18曲の挿入歌はオリジナルサウンドトラックに収録。

カフェでちょっとだけ流れた曲や、劇中ではアリーが歌っているものをジャックと二人でデュエットしていたりとサウンドトラックでは劇中の歌はもちろん、映画内できちんと最後まで流れなかった曲も聞くことができます。

二人の曲が聞けるサウンドトラックはすでにネットでも購入可能になっています。

下記サウンドトラックではイントロやヴァージョン違いも収録され、34曲収録。

ネットでのお買い求めは下記から!

Amazon


【早期購入特典あり】アリー/スター誕生 サウンドトラック(オリジナル・クリアファイル付)

楽天

 

 

主題歌【shallow】を99円で聞く方法

あまりお金をかけずに曲を聞きたい!

そんな方にはAmazon Music Unlimitedがおすすめです。

登録すれば主題歌「shallow」が今なら99円で視聴可能。

詳細は下記から!

※3か月目以降からは月額料金がかかるため注意※

99円のキャンペーンは2019年1月4日までのキャンペーンなので

今登録するのがお得です!

登録後はアルバム名の「A STAR IS BORN sound track」で検索をかければすぐに聞くことができます。

前作『スター誕生』視聴方法について

前作『スター誕生』について

今作『アリ―スター誕生』には前作があります。

昔の映画ではありますが、『スター誕生』のタイトルで知られるヒット映画で、不朽の名作といわれています。

主に前作がもとになっているので内容も大部分は前作と変わりません。

前作『スター誕生』を観る場合は、

Youtubeで400円

Amazonは会員登録して199円でレンタル可能ではあります。

レンタル屋さんでもレンタルできると思いますが、

家から出たり借りたDVDを返しに行ったりしなきゃいけないので手間ですね……。

めんどくさいという方は上記の方法がてっとり早いです。

また、youtubeよりも安いのでAmazonが個人的にはオススメです。

会員登録して30日間は会員料金が無料。

一か月の料金が不要な期間にとっとと199円払ってスター誕生を鑑賞して解約してしまえば199円以外はお金がかかりません。

とてつもなくうるっとさせられるため、前作を観ていないという方はぜひ!

Amazonの会員登録について詳細は下記から↓

Youtubeのリンクも張っておきます!

Youtubeで観るならこちらから

前作についての知識はこっちにまとめているのでよければどうぞ!

まとめ

以上が『アリー スター誕生』結末やジャックの顛末等、まるっとネタバレでした。

いかがだったでしょうか。

すこしでもお役に立てたのなら幸いです!汗

ではでは、劇場へみに行くという方も、DVDレンタルを待つという方も、良い映画ライフを!

スポンサーリンク