『ボヘミアンラプソディ』俳優はフレディやメンバーに似てる?配役はあっていたのかファンの声まとめ

2018年11月9日、世界的人気ロックバンド「クイーン」のボーカルで、1991年に45歳の若さでこの世を去ったフレディ・マーキュリーを描いた伝記映画『ボヘミアン・ラプソディ』が公開されました。

クイーンのファンはぜひとも観に行きたいと思っているのではないでしょうか。

本記事ではそんな『ボヘミアンラプソディ』の配役(キャスト)はあっていたの記載していきます。

目次

『ボヘミアンラプソディ』予告動画+あらすじ

とりあえず予告とあらすじを記載。。。。

必要ないぜ!という方は手数ですがスクロールを。。。

予告動画

あらすじ

どうやってフレディは、世間の常識や既成概念に逆らい、従来の音楽を打ち破り、地上で最も愛されるエンターテイナーになったのか?

なぜ、愛と孤独、プレッシャーに引き裂かれたのか?

そして崩壊寸前に陥ったバンドを立て直し、永遠のレガシーを確立したのか?

伝説のバンド<クイーン>

彼らの音楽を唯一超える<彼>の物語が今、明かされる__。

11月、悩める者、弱き者に捧げる、ミュージック・エンターテイメント開幕。

配役は似ているの?

『スポンサーリンク』


配役は似ているのかどうかちょろっと画像出して比べてみます。

フレディ・マーキュリー

今作『ボヘミアン・ラプソディ』でフレディを演じるのはラミ・マレック

ラミ・マレックの写真は上記ですが、『ボヘミアンラプソディ』に出ている彼は下記のような形に仕上がっています。

結構…というかかなり似せてきています。

実際映画を観てきましたが、ひょろっとした印象だったラミ・マレックがマッチョになっていたのでちょっと管理人は驚きました。

ラミ・マレックといえば「Mr.robot」とか、『ナイトミュージアム』の王子役で有名。

ブライアン・メイ

QUEENのギタリスト「ブライアン・メイ」を演じるのはグウィリム・リー

イケメン……ですな。

『ボヘミアン・ラプソディ』での彼は髪型を寄せてきて下記のような感じに。

実際に本人と比べても結構似ています。

ロジャー・テイラー

ドラム担当のロジャー・テイラーを演じたのはベン・ハーディ

ちょっと画像は映りがよろしくないですが、『ボヘミアン・ラプソディ』に出ている彼は下記↓

ソファに腰掛けてる一番左の人です。

これも一番左側。

写真じゃわからないかもしれませんが、結構似ています。

ジョン・ディーコン

ベース担当の「ジョン・ディーコン」はジョセフ・マッゼロが演じています。

『ボヘミアン・ラプソディ』での彼は下記

右から二番目。

引用できる画像が少なくて資料不足で申し訳ない……

彼については見た目もそうですが、しぐさがかなり似ていてファンにとっては胸熱な映画になっているのではないでしょうか。

ツイッターの声について

さくっとTwitterでつぶやかれている内容も引用させていただきます。

楽曲について

映画で使用された楽曲が収録されたCDは現時点ですでに発売されています。

これから映画を観るし、復習しておきたいという方はAmazonや楽天から購入を検討してはいかがでしょうか?

Amazon

ボヘミアン・ラプソディ(オリジナル・サウンドトラック)

↓早期購入特典のステッカー付は下記から↓

【早期購入特典あり】ボヘミアン・ラプソディ(オリジナル・サウンドトラック)【特典:ステッカー付】

 楽天

 

 

お得に聞きたい方におすすめ

お金をかけずに聞きたい!という方にはAmazon Music Unlimitedがおすすめです。

無料登録すれば上記のサウンドトラックは無料で視聴可能です。

詳細は下記から

※無料トライアル中に解約すればお金はかかりません※

まとめ

以上が『ボヘミアン・ラプソディ』は配役は似ているのかについてまとめでした。

ファンなら楽しめる可能性が高い映画なので、QUEENのファンはぜひ劇場へ足を運んでみてくださいね!

ではでは、映画を観るという方も、そうではない方も、良い映画ライフを!

『スポンサーリンク』


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です