ポケモンみんなの物語ヒスイはなぜポケモン嫌いなの?理由や過去について解説

スポンサーリンク


2018年7月13日、劇場版『ポケットモンスター みんなの物語』が公開されました!

前作『ポケットモンスター キミに決めた!』から1年。

ポケモンを見て育ってきた世代は大人になり、劇場に足を運んで観に行ったという人は少なくないでしょう。

本記事では劇場版『ポケットモンスター みんなの物語』に登場するキャラクターの一人、ヒスイにスポットをあてて記載していきます。

※ネタバレありのため注意※

目次
ヒスイってどんなキャラクターなの?
劇中でポケモンが寄ってきたのはなんで?
ヒスイはなぜポケモンが嫌いなの?
まとめ

ヒスイってどんなキャラクターなの?

ヒスイとは劇場版『ポケットモンスター みんなの物語』に登場するキャラクターで、フウラシティに住むポケモン嫌いのおばあちゃんです。

劇中ではポケモンを避けているにもかかわらず多くのポケモンに囲まれ、ポケモン研究者のトリトに集まってきたポケモンを払うよう依頼をしています。

ちなみに声優はドラゴンボールでお馴染みの声優「野沢雅子」さんがつとめています。

関連記事
『ポケモンみんなの物語』エンドロールは最後まで見た方がいいの?特別映像や予告はある?

劇中でポケモンが寄ってきたのはなんで?

ヒスイはポケモンを避けて生活をしていますが、劇中でポケモンになぜか好かれて付きまとわれています。

はじめはワニノコがちょこちょこ後ろをついてきたり、花屋でお花を見ている際にキマワリが脅かしてきたり程度でしたが、トリトがポケモンの研究をしているポケモン研究所に提出物を出しに来てからは寝る場所もないくらいに多くのポケモンが彼女の周りに集まってきます。

劇中でこの原因を「トリトの研究所にきてからおかしくなった」とヒスイは述べています。

ヒスイの言う通り、トリトの研究所に原因があり、ヒスイがポケモンをさらに吸い寄せるようになったのは、トリトの研究所にきたヒスイが「あまいかおり」の成分を抽出したビーカーを倒して薬剤の影響を受けてしまったからでした

あまいかおりとはポケモンが好きな成分で、ゲーム版でもポケモンをおびき寄せるために使われるアイテムとして知られています。

ポケモンをおびき寄せるあまいかおりが入ったビーカーを倒してしまったからヒスイはポケモンに囲まれることになったということですが、これについては疑問もあります。

その場にはヒスイの他に、トリトもいました。

あまいかおりが原因でヒスイがポケモンを吸い寄せてしまう体質になったとするなら、トリトにも同じ現象が起こってもおかしくはないはず。

しかし、本作でトリトがポケモンに囲まれるという描写はみられませんでした。

おそらく、あまいかおりとは関係なく、ヒスイにはポケモンを引き寄せる不思議な力があるのではないでしょうか。

あまいかおりの入ったビーカーをこぼす前から、ワニノコや近くにいたポケモンがヒスイにちょっかいを出していたのが良い証拠です。

関連記事
『ポケモンみんなの物語』は『キミに決めた』と比べて面白い?泣ける映画なの?

ヒスイはなぜポケモンが嫌いなの?

ヒスイは冒頭からついてくるポケモンに嫌悪感をしめし、近寄ってくるポケモンを追い払っています。

ポケモンが自宅に侵入してしまっていることから、自宅に入らず、家の前に置いてあった椅子に腰かけて寝るほどポケモンを嫌っているヒスイ。

彼女はなぜそこまでポケモンを嫌うのでしょうか。

理由は50年前にありました。

風の街「フウラシティ」は、ルギアの風によって繁栄した街で、森に囲まれています。

森の中には発電所があり、50年前起こった山火事で焼けてしまっていました。

本映画ラストではこの発電所を使って問題を解決し、めでたしめでたしを迎えますが、この発電所はかつてヒスイが作ったもので、彼女は山火事の被害者です。

山火事が起こり、発電所が燃え落ちたせいで、彼女は一番大切にしていた相棒「ブルー」を亡くしてしまいました。

ブルーは炎が広がる発電所からマスターキーをヒスイに手渡し、寸前のところで炎にのまれて死んでしまいます。

この事件以来、彼女は大切なポケモンを亡くしたくないという想いから自らポケモンを遠ざけ、傷つけないようにしてきました。

ヒスイはポケモンが嫌いなわけではなく、自分のせいでポケモンが傷つくのを見たくなかったため、遠ざけていたのでしょう。

ポケモンを避け続ける生活を50年間続けていたヒスイは、映画中に起こった事件を解決するため、森の奥にある発電所へ急ぎます。

しかし、山火事に阻まれて目と鼻の先にある発電所まで行けず、別のルートを行こうとヒスイは提案しました。

水ポケモンが多くいることから山火事を鎮火して最短のルートを行こうとする「カガチ」に、彼女は過去の経験から炎を怖がり、「私からポケモンをはなしちゃいけないんだ」と崩れ落ちてしまいます。

その瞬間、死んでしまった「ブルー」の霊が彼女を励ましに来てくれて、彼女はポケモンの力を借りてトラウマを克服することに成功しました。

問題解決に彼女が尽力できたのは、本作のテーマであるポケモンとの絆があったからでしょう。

エンドロールの挿絵ではポケモンに囲まれて幸せそうに眠るヒスイが描かれているので、事件後はポケモンに囲まれ、楽しい生活をおくっていることが予想できます。

関連記事
『ポケモンみんなの物語』予告で『ミュウツーの逆襲』リメイク特別情報が公開?!公開日や詳細情報についてまとめ 』

まとめ

以下、本記事のまとめになります!

・ヒスイにポケモンがよってきたのは、トリトの作ったあまいかおりのせいと説明があるが、ヒスイ自体にポケモンを引き寄せる不思議な力がある可能性がある

・ヒスイはポケモンが嫌いなわけではなく、自分のせいで傷つくポケモンをみたくなかったため避けていた。

・ヒスイには相棒のブルーがいたが、50年前の山火事によってブルーをなくし、このことからポケモンを遠ざけるようになってしまった

・エンドロールでヒスイはポケモンに囲まれる生活をしていることがわかる(ポケモンを避けることはなくなった)
スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA