【不能犯】まとめ 2018/02/01公開映画

『スポンサーリンク』



こちらの記事は予告になります。
『不能犯』を実際に観てみたレビューはこちら

『不能犯』

【あらすじ】

「…愚かだね、人間は」

都会のど真ん中で、月々と起きる変死事件。
現場では、必ず黒スーツの男が目撃される。
男の名は宇相吹正(松坂桃李)
ある電話ボックスに殺してほしい理由と連絡先を残すと、
”願い”をかなえてくれる男だ。

ただし、依頼人の殺意が純粋でないと、恐ろしい事態を招くという。
さらに、ターゲットは確実に死に至るのだが、
その死因は病死や自殺に事故―—。

そう、宇相吹の犯行は、<見つめるだけで相手を死に追いやる>ため、
積み荷は問われない<不能犯>なのだ。果たして、その手口とは―—?

(http://funohan.jp/story.html「不能犯公式ホームページ」より引用)

【そもそも不能犯って何?】

 

不能犯(ふのうはん)とは、形而学上の概念の一つで、行為者が犯罪の現実を意図して実行に着手したが、その行為からは結果の発生は到底不可能な場合をいう。(Wikipedia参照https://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%8D%E8%83%BD%E7%8A%AF)

ちょっとわかりにくいのでかみ砕きますが、
殺そうという気持ちをもってある行為をしたが、その行為により人を殺すことを立証することは難しい、または不可能であるため、法律で裁くことができない。そういった人のことを不能犯と呼ぶのだと思います。

例えば相手に呪詛をかけて呪い殺すというのは殺したい相手に呪詛をかけていますが、呪いによって実際に人を殺すのは難しいため、不可能であるから裁けないということです。

ふむふむなるほど、実際逮捕できないけどどうみてもお前が犯人だろって男を追い詰めていくと。

そういった話のようですかね? いや、その男によって翻弄される警察の話? なのでしょうか。

とりあえず原作の漫画があるようなので少しだけ立ち読みをしてみました。

【漫画無料試し読みはこちら】

※この漫画急にエロいシーンが半ページ出てくるので微妙に注意です(無料試し読みで)。

無料試し読みしようという人の年齢層がどのくらいか判断つかないですが、小学生とか中学生にはちょっとオススメできないかな。

普通に家族がいるところで流し読みしていた私は突然のセックスシーンに思い切りパソコン閉じました。いやはやびびった。別にみているのはいいんですけどそれを家族に見られるのはさすがにまずいっす。

試し読みする方はちょっとだけ注意ですかね。

漫画の冒頭は不能犯である宇相がターゲットである男とカフェにいて、目の前で男の飲んでいた飲料水をテーブルの上においた蟻に垂らします。
飲料水をたらされた蟻は見る見るうちに溶けていき、目の前の男はそれをみてオレの飲んでいた水に何か混ぜたのかと焦りまくります。

焦る男に対してにたりと笑った宇相はお前は死ぬ的なことを吹き込んでそのまま焦りまくった男はあわをぶくぶく吹いて机に突っ伏。
あっさり死にます。

まぁ後々判明するのですが蟻だと思っていたものはただの糸くずで、思い込みで毒を入れられたと勘違いした男が勝手に死ぬと思いそのまま。。。と、かなり不思議な展開の新感覚漫画になっています。

普通に物語に引き込まれて続きを読んでいくわけですが、突然のセックスシーンにびっくりするので読む方はどこでくるん?って思いながら読んだら楽しめるかもしれないです(おい

【個人的な期待値】

 88/100

松坂桃李さんとえっぴ(沢尻エリカさん)が出るってだけで期待値高いです。
しかも漫画無料試し読みでエロいことするの松坂さんですからね(多分映画では描かれない

【予告動画】

作品については上記の予告動画をみていただければ把握していただけるかと思います。

 

【キャスト】

「宇相吹正」(松坂桃李)

「多田友子」(沢尻エリカ)

「百々瀬麻雄」(新田真剣佑)

「川端タケル」(間宮祥太朗)

「赤井芳樹」(テット・ワダ)

「若松亮平」(菅谷哲也)

そのほかにもたくさんいらっしゃいますがここでは省略させていただきます。
キャスト詳しくは公式で(コチラ

【面白どころ予想】

<目を見ただけで殺せる特殊能力>

漫画の冒頭通りだと相手に自分は死ぬと思いこませるという手段で宇相がターゲットを殺していくことになるかと思いますが、予告では人の目を見るだけで殺せるみたいなことになっています。

いったいどういうこと? って感じですがおそらく見ただけで殺せるんじゃなくて漫画のように何かしら相手に「自分はこれから死ぬ」と思い込ませるトリックがあり、でもそれが周りからみると表面上トリックが見えないために目を見ただけで殺せるということになっているのではないかと。

ただ、えっぴが演じている女刑事さんが不能犯の目を見ただけで殺せるという特殊能力?が通じないようなことが予告では流れているので、もしかしたらトリックもくそもへったくれもないぶっ飛んだ特殊能力ものになっている可能性もぬぐえないです。

観てみないと何ともいえないですが、「目を見ただけで殺せる」というトリックをどういうストーリー展開で解いていくことになるのか楽しみです。

【どんな人に向いている?】

1.俳優陣ファン必見

松坂さんやえっぴが主演なのでファンは必見です。
えっぴはめっちゃできる女として登場するみたいでかっちょよいみたいなのでファンは刮目したいですね。

 

2.トリック好き

 

目を見ただけで殺せるというサイコキラーが登場することになっているのでどういったトリックが背景にあるのか考えたい人にはいいかと思います。

 

3.デートにはちょっと向かないかも(映画好きは別)

あまったるい内容ではないと思うのでデートには不向きかもしれないです。
人が多く死ぬことが予想されるためそういった映画が苦手な恋人とは一緒に行かない方がいいです。

『スポンサーリンク』



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA