徹底ネタバレ『パージ』結末やラストまでの流れ、キャストや概要などまるっとまとめ

本記事では、

・2013年公開映画『パージ』の結末

・結末(ラスト)までの物語の流れ詳細

以上について記載しています。

『スポンサーリンク』


※ネタバレ記事のため、鑑賞前の方やネタバレが苦手な人は閲覧しないでください※


目次

※ネタバレ記事のため注意!※

『パージ』主な登場人物と物語の概要

物語の概要と世界観設定

経済が崩壊した後の2022年アメリカでは、

「新しいアメリカ建国の父たち」を名乗る集団による全体主義的な政治がおこなわれていた。

父たちによって、すべての犯罪が合法化される夜=パージが1年に1度開かれるようになり、パージが行われる12時間はすべての警察、消防署、医療サービスは停止される。

たとえ殺人を犯しても、その夜起こったことは一切罪に問われない、それがパージのルールだった。

パージにより、犯罪率と失業率は1パーセントにまで低下。

経済状況も改善されることになったが……

登場人物

ジャームズ・サンディン(イーサン・ホーク)

セキュリティ会社に勤める凄腕営業マン。

サンディン家を支える大黒柱で、

パージから身を守るセキュリティシャッターを売って豪邸を建てた

妻と二人の子供にも恵まれ幸せの絶頂だったが……

ご近所にもセキュリティシャッターを売ったことで

メアリー・サンディン(レナ・ヘディ)

ジェームズの妻。

近所から疎まれていることにうすうす気づいてはいるものの、見ぬふりをしている。

夫と二人の子供を心から愛している。

ゾーイ・サンディン(アデレイド・ケイン)

ジェームズとメアリーの娘。

多感な時期で、父親に反抗的。

年上の彼氏(ヘンリー)と弟がいる。

チャーリー・サンディン(マックス・バークホルダー)

ジェームズとメアリーの息子で、ゾーイの弟。

気味の悪い人形ロボットを作るのが得意

パージに対してあまり肯定的ではない。

ホームレスの男(エドウィン・ホッジ)

サンディン家にかくまわれるホームレスの黒人男性。

パージで殺しをするパージャーたちに付け狙われる貧困層

その他:お隣さんご近所

・グレース・フェリン(アリヤ・バレイキス)

・ミスター・フェリン(ダナ・バンチ)

・ミスター・ハルヴァーソン(クリス・マルケイ)

・ミセス・ハルヴァーソン(ティシャ・フレンチ)

・ミスター・カリ(トム・イー)

『パージ』結末(ラスト)はどうなったのか

『スポンサーリンク』


パージから身を守るためのセキュリティシステムを売って豪邸をたてたサンディン家。

幸せな家庭を築き上げた一家の大黒柱ジェームズは、

2022年3月21日のパージ当日、

自社の売りであるセキュリティシステムで家族とともに、安全に過ごすはずだった。

しかし、

一家の長男である「チャーリー」が、

パージャーから逃げてきた黒人男性を匿ってしまったことにより、黒人男性を追ってきたパージャーから狙われることになってしまう。

パージャーたちは強力な重機でシャッターを破壊して家に押し入り、家族は殺されかける。

父であるジェームズはパージャーを数名返り討ちにして殺害し、家族を守ろうとしたが、パージャーのリーダーに腹部を刺されてサンディン家は窮地に追い込まれる

妻のメアリーもパージャーに取り押さえられ、殺されそうになったが、

その時、近所の住民が家に入ってきて家族を救出してくれる。

瀕死のジェームズに駆け寄った家族だったが、ジェームズはそのまま帰らぬ人に。

助けてくれた住民に礼を言うも、

救助してくれたはずの住民は、

メアリーともども子供たちまで縛り上げ、刃物を突き付けた。

サンディン家が自分たちにセキュリティシステムを売って儲けた金で豪邸をたてたことに、住民たちは嫉妬していた。

パージャーによってシャッターが壊されたことで隙ができたサンディン家を、一家もろとも殺そうとしていたであった。

縛り上げられた家族は、

そのまま住民によって殺されそうになるが、かくまっていた黒人によってこれを救われた

黒人の男性は家族を殺そうとした住民をどうするのかメアリーに聞いたが、メアリーは殺さず、パージが終わるまでともに過ごす選択をする。

住民のリーダーの女は再度メアリーを殺そうとするが、鼻をへし折られてそれはかなわなかった。

そして、多くの命を奪ったパージは、

終わりのサイレンとともにその幕を閉じるのであった。

『パージ』視聴方法

本記事で取り上げている映画『パージ』は「U-NEXT」に登録すれば完全無料で視聴することができます

U-NEXTには31日間の無料トライアル期間があるため、『パージ』を見てからも有名な映画やドラマ、アニメが見放題です。

特にこの手のスリラー系映画のラインナップが豊富なので、個人的にはおすすめです。

↓今すぐ無料で見る方はコチラから↓


※無料期間中に解約すれば一切料金はかかりません※

『パージ』ラストまでの詳細な流れ【ネタバレ】

『スポンサーリンク』


舞台は、2022年。

一年に一夜(12時間)だけ「どんな犯罪でも許される時間」=「パージ」が設けられたアメリカ。

セキュリティシステムを売り豪邸を建てた主人公のジェームズは、妻メアリー、長女ゾーイ、長男チャーリーとともに幸せな家庭を築き上げていた。

娘のゾーイには年上の彼氏ができ、

ジェームズはこれを認めようとしなかったことでゾーイは反抗期になっていたが……

それは些細な事のように思えた。

サンディン家はパージが開かれる前にも家族そろって笑い合いながらディナーを楽しむ、どこにでもある幸せな一家だったからだ。

19時、パージ開始

パージが開かれる19時になり、アメリカ中にサイレンが響き渡った。

パージに対する同意を意味する青い花を玄関先に飾ったジェームズは、

セキュリティシステムを起動させ、

家の中でパージの時間を家族とともにやり過ごす予定だった。

セキュリティは完璧で、何事もなくパージを終えるはずだった……。

ヘンリー

ディナーを食べ終えた長女ゾーイは、自室へ戻った。

すると、そこには彼氏のヘンリーが待っていた。

父親にゾーイとの関係を認めてもらうため、話し合うために自宅に忍び込んだのだという。

パージの日なら追い返せないため、

ゆっくり男二人で話せるというヘンリーの言葉に何の疑いも持たなかったゾーイだったが、これは間違いだった。

モニターに映った黒人男性

ゾーイ同様にディナーを終えた弟のチャーリーは、父に無断で外の様子が見えるモニター室へと足を踏み入れていた。

遠くでは殺戮が繰り広げられているのか、銃撃音や悲鳴が小さく響いていた。

チャーリーは夢中でモニターを眺めていたが、黒人の男性が家の近くを走っているのが見えた。

拡大してみると、男性はパージャーに追われて殺されそうになっており、助けを求めているようだった。

「助けてくれ」と必死に懇願する男性をみて、

いても経ってもいられなかったチャーリー。

彼は誰の許可を取ることなく、

セキュリティーシステムを解除、男性を招き入れてしまう。

この判断が全てを狂わせることになるとは知らずに。

ヘンリーの襲撃と黒人男性

セキュリティシステムが誤作動を起こしたと思ったジェームズは、すぐにシステムを再始動し、家を守ることにつとめた。

しかし、シャッターがおりたのは黒人男性が家に入った後だった。

黒人男性を招き入れたチャーリーと合流したジェームズとその妻メアリーは、見知らぬ男が家の中にいることに恐怖を覚え、銃を構えながら二人に近づいていく。

パージの日に、見知らぬ男が家に入ってきて、何をしでかすかわかったものではなかった。

黒人男性を殺すべきかジェームズが迷ったその時、階段上からジェームズは名前を呼ばれて振り返った。

そこにはジェームズに銃を向け、今にも引き金をひこうとしているヘンリーの姿があった。

ジェームズはヘンリーに発砲されたが、銃弾は逸れ、

難を逃れたが、咄嗟にヘンリーに向かって発砲してしまった。

すぐ後ろにいたのだろうか、ゾーイは被弾したヘンリーを連れて奥へ入っていってしまう。

父親が殺されかけたことで、本人はもちろん、メアリーとチャーリーはパニックに。

その混乱に乗じて、黒人男性は広い豪邸の中へとその姿をくらませた。

ヘンリーの死と、黒人男性の捜索。

ゾーイとはぐれてしまった3人は小さな一室に身を寄せ合い、隠れていた。

・見知らぬ男が家にいる。

・自分を殺そうとしたヘンリーがゾーイと一緒にいる。

上記からゾーイの命が危ないことは明白であり、ジェームズはメアリーとチャーリーを残してゾーイを探すために家を探索することにした。

そのころ、被弾したヘンリーはゾーイの前で息を引き取ってしまった。

ヘンリーが父を殺そうとしたことは事実だったが、ゾーイは恋人が死んだことに少なからずショックを受けていた。

そのことからか、ジェームズがヘンリーの死体を見つけた時には、すでにゾーイは移動してしまっていた。

ジェームズがヘンリーの遺体を見つけた時、

メアリーとチャーリーにゾーイが合流するも、ヘンリーのことで父に謝りたいといったゾーイは、母の静止を振り切ってジェームズを探しにいってしまう

サンディン家を取り囲むパージャー

ゾーイと落ち合えないまま、

ジェームズはメアリーとチャーリーのもとに戻ったが、モニターを確認するとなぜか家の周りにはパージを楽しむいかれた連中(パージャー)が集まってきていた。

モニターに向かって何かを語りかけるパージャーたち。

ジェームズが音量を上げると、

パージャーのリーダーの男がいった。

「パージの日に地域社会をきれいに掃除して歩いていたが、掃除の対象であるホームレスの男性が逃げてしまい、その男を匿った家があったため、男を差し出すようお願いをしにきた」のだと。

また、男は、

「頼みを聞けないのであれば、押し入って家族もろともパージ(粛清)する。今、シャッターを破壊する重機を友人に持ってきてもらっているから時間はあまりない」と続けた。

セキュリティに完璧はない

この脅し文句にメアリーはセキュリティがあるから問題ないのではとジェームズに問いかけた。

しかし、ジェームズはセキュリティは完璧ではなく、重機を用いれば突破は可能だと、信じられないことを口にするのだった。

家族を守るには、黒人男性を探してパージャーたちに渡さなければならないが、パージャーたちによって家は停電させられてしまった。

ジェームズとメアリーは懐中電灯と銃を携えて黒人男性を探し始めるが、暗い中の捜索は困難だった。

黒人男性を突き出すか否か

そんな中、黒人男性を突き出したら、男性は間違いなく殺されると思ったチャーリーは、ロボットを使って黒人男性を探し出し、自身の隠れ家に彼を匿うことにした。

これによって男性は難を逃れるが、男性がいることを知らないゾーイは、外の様子に驚いてチャーリーの隠れ家を利用することにしてしまう。

鉢合わせしたゾーイを黒人男性は捕まえ、彼女を餌にして自身は逃げようとしたが、メアリーとジェームズによって阻止され、取り押さえられた。

黒人男性に逃げられないよう、ロープやテープで椅子に括り付けようとするジェームズとメアリー。

しかし、傷口にナイフを刺し入れて抵抗できなくさせたところでメアリーは正気に戻り、自分たちはひどくむごいことをしている。間違っているのだとジェームズを説得にかかった。

チャールズもこれには同意しているようだったが、ジェームズは家族を守るには男性を突き出すほかないのだと、椅子に男性を括り付けてしまった。

そんな父の様子を見かねたのか、チャーリーが姿を消してしまい、家族はもめ始めてしまう。

自分を家に入れたことでバラバラになった家族の様子を見た黒人男性は、「俺を外に出せ」と意を決したように提案する。

この言葉を聞き、ジェームズは黒人男性を差し出すのではなく、押し入ってきたパージャーたちと戦うことを決意した。

家族は一致団結し、戦うことになる。

パージャーたちは到着した重機を使ってシャッターを破壊し、家の中に入ってきた。

何度も殺されかける4人だったが、

ジェームズの活躍によって多くのパージャーたちは粛清された。

しかし、ジェームズはパージャーのリーダーの不意打ちによって腹部を刺されて重傷を負ってしまう。

近隣住民の襲来

混乱に乗じて、近所の住民がサンディン家に足を踏み入れてきた。

男女のパージャーに出くわしたメアリーが殺されかけた時、入ってきた住民によりこれは阻止され、メアリーは九死に一生を得た。

しかし、助けたメアリーと話すこともなく、何事もなかったかのように近隣の住民は家中を一掃していった。

メアリーははぐれてしまったジェームズを探し、玄関先にいくと、ジェームズが腹部を刺されながらも階段から降りてくるところだった。

チャールズとともにジェームズにかけよったメアリーは、ジェームズが息も絶え絶えであることから先が短いことを悟った。

ジェームズの死

3人が落ち合えたそこに、タイミング悪くパージャーのリーダーが現れた。

残った二人も殺そうと銃を構えたリーダーだったが、かけつけたゾーイによって射殺され、家族は難を逃れた。

しかし、ジェームズは家族の腕の中で息を引き取ってしまった。

近隣住民の奇妙な嫉妬

ジェームズが命を落とし、悲嘆にくれる家族。

そこへ、助けてくれた近隣の住民が姿を現した。

かけつけてくれたことに感謝するメアリーだったが、近隣住民は「あなたたち一家は私たちの獲物だから」と妙なことを口にした。

戸惑っている暇もなく、住民たちはジェームズの遺体を家から引きずり出していき、3人を縛り上げた。

住民たちは、

「自分たちからむしり取った金でいい暮らしされた」と、セキュリティ会社に勤めて成功をおさめたジェームズと、その家族をねじ曲がった嫉妬心で恨んでいたのだ。

シャッターが壊されて、憎しみを浄化するチャンスだと思い、駆け付けた旨をのうのうと述べた住民たちは、凶器を3人につきつけ、殺そうとした。

そのとき、かくまった黒人が現れ、住民の一人を殺して銃器を奪い、家族を救出。

自分たちを殺そうとした住民たちを「どうするか」黒人はきいてくるが、妻は殺さないという判断を下した。

「この夜があけるまで、心静かに過ごす」という彼女の言葉のもと、住民たちとパージ終了まで椅子について過ごすことになった。

パージ終了2分前、メアリーの前に置かれた銃を手に取ろうとした住民のリーダーだったが、メアリーはこれを阻止し、鼻をへし折って無事にパージを終了の時を迎えることができた。

「何も言わずにでていって」と彼女がいうと、住民たちはそそくさとサンディン家を後にする。

匿ってもらった黒人もまた、彼女に背を向けるが、彼女は彼を止め、一度は差し出そうとしたにも関わらず助けてくれた彼に、「ありがとう」と感謝の言葉を口にするのであった。

まとめ

以上が『パージ』についてまるっとネタバレでした!

いかがだったでしょうか。ちょっと文章の都合上はしょったところもありますが、参考になったのであれば幸いです。

『パージ』は現時点でシリーズが3作品、最新作も公開を控えているので気になっている方はぜひ見てみてくださいね!

ではでは、映画をみるよ!という方も、そうではない方も、良い映画ライフをお過ごしくださいませ!

『スポンサーリンク』