死霊館のシスターに年齢制限はある?小さい子供でも見られるの?対象年齢はどれくらいか調べてみた

2018年9月21日に『死霊館』シリーズの最新作『死霊館のシスター』が公開されました。

シリーズの原点を描く作品ということもあり、楽しみにしているという方も多いのではないでしょうか。

本記事では『死霊館のシスター』には年齢制限があるのか、対象年齢はどのくらいなのかについて記載していきます。

スポンサーリンク


※以下は管理人個人が調べた結果なので絶対の情報ではありません※

目次
『死霊館のシスター』予告動画+あらすじ
年齢制限はあるの?
残酷なシーン(流血表現)はある?
子供でもみられる
対象年齢はどのくらい?
まとめ

『死霊館のシスター』予告動画+あらすじ

~予告動画~

~あらすじ~

1952年、ルーマニアの修道院でひとりのシスターが自ら命を絶った。

事件には不可解な点が多く、真相を究明するために派遣されたバーク神父と見習いシスターのアイリーン。

彼らは調査の過程で修道院に隠された想像を絶する秘密にたどり着いた。

そして、決して関わってはならない恐るべき存在「悪魔のシスター」と対峙することになり__?

年齢制限はあるの?

スポンサーリンク


『死霊館のシスター』には年齢制限がありません。

映画公式ホームページをみてみても年齢についての表記が見られないので、年齢制限はないでしょう。

また、ムビチケについてもみてみました。画像はそのスクリーンショットになります。

右上にGの表記があれば全年齢対象の映画ということになるので、『死霊館のシスター』は全年齢対象であることがわかります。

全年齢ではありますが、この映画はシリーズもののホラーなので、割と残忍な描写があったと思います。

管理人個人としてPG12とか、もしくはR指定(ないとは思うのですが)つかないとまずいのかなと思っていたのでこの表記には驚きましたが……ムビチケの表記なので間違いはないです。

もしこの表記が間違ってたら、中高生のこどもと一緒に観に行こうとしてチケット買っちゃった人からムビチケ側が苦情受けたりしかねないので年齢制限はなしで間違いないでしょう。

関連記事
死霊館のシスター公開日はいつ?いつまで公開されるのか公開期間についてまとめ

残酷なシーン(流血表現)はある?

前作までのシリーズのアナベルとか死霊館系はあった通りで、今回も血が出る描写はあります。

子供が怖がるシーンとしては、「残酷に人が殺される」、「出てこないだろうと思っていたところに突然何かが出現する」など、大人でも少しびっくりするものと予想できますね……。

ただ、本当に露骨に大量の血が噴き出したりとか、人の首がぶっ飛んだりとか、残忍すぎる映像はないです。

そういう表現があった場合、必ず年齢制限が設けられるはずですから、そういった点ではあからさまな残忍描写はないと考えていいです!

実際に映画を観に行きましたが、驚かせる表現は多々あるものの、流血表現は少なく、首が飛んだり腕がなくなったりとか……スプラッター的な恐怖はありませんでした。

ただ、小さいお子さんと観るという場合は、トラウマになりそうな描写が多いので注意したほうがいいと思います。

子どもによっては暗い部屋にいけなくなったり、夜トイレに一人でいけなくなるかもしれません……

関連記事
死霊館シリーズは全部で何作あるの?観る順番や話の内容は?

子供でも観られる?

スポンサーリンク


もちろん、怖い怖くないと感じる程度は個人差があると思いますが、定義としては小さいお子さんでも鑑賞することはできます。

ただ、ジャンルがホラー映画なので、怖かったり驚かせるような表現が多くあります。

人が殺される直接的な表現(首がぶっ飛ぶとか内臓えぐられるとか)というのはありませんが、トラウマを植え付けるような恐怖をあおる表現は多いです。

そういった表現が自分の子供に見せるのが早いとか、悪影響があるかなと思う人はつれていかない方がよいでしょう。

ただ、ホラー映画特有のわくわく感、スリルというのは映画館でしか味わえないものが少なからずあるので、絶対にこの映画をみたいと言っているお子さんがいたら、多少小さい子でも観に行かせてあげてもいいかもしれないですね(;・∀・)

観たかったのにと言われてもあとでかわいそうなことをしたなと後悔してしまうので…。

実際に映画を観て怖い思いをして泣いてしまう可能性も、もちろんなくはないので小さい子を連れていく場合は「怖いと思うよ」と一応保険をかけて連れて行くのが良いのではないかと思います。

関連記事
【ネタバレ】死霊館シリーズを一挙おさらい!話がどうつながっているのかまとめてみた

対象年齢はどのくらい?

実際に映画を観てからリライトしますが、予想としては高校生以上が対象ではないかと思います。

そもそもこの映画は2013年に公開された映画『死霊館』が始まりのシリーズ(時系列順ではなくて公開順です)ものなので、興味を持つのは大人が多いはず。

そのため、子供ではなく比較的年齢層は上なのではないでしょうかね……

もちろん、小さい子でも親がDVD借りてくるとかでシリーズ全部見ている子もいなくはないと思いますが少ないと思います。

小学生くらいだったら怖くて見られない表現がシリーズ中では多いですし汗

ただ、びびるびびらないは個人差があるので、一概に対象年齢がいくつからとは明言しかねます。

基本的に親が洋画を観ていない限り、小さい子供がこういった映画に興味を示すことは少ないので、シリーズを観ていて、ホラー映画特有の描写にも慣れているというお子さんは連れて行っても問題ないと思います。

そういった意味では対象年齢はフリーですかね……さすがに幼稚園児とか、小さすぎるお子さんには見せない方がいいとは思います。

このシリーズは小さい子が観ると変なトラウマになる可能性高いので。。。

ちなみに、シリーズを観るならU-NEXTがおすすめです。

詳細は下記↓


※無料の範囲だと見放題以外の作品はポイントで1作品観ることができます※

まとめ

以上が『死霊館のシスター』は年齢制限があるのか、対象年齢はどのくらいかについてまとめでした。

もし自分の子供が映画を観たいといっているけれど、小さすぎて不安な場合は『死霊館』シリーズをみせて反応を観るのも手だと思います。

ではでは、お子さんを連れて劇場へ行くという方も、DVDレンタルを待つという方も、良い映画ライフを!

関連記事
『死霊館』シリーズ関連記事一覧

スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA