『死霊館のシスター』続編はあるの?エンドロール後に予告動画はあった?特報についてまとめ

2018年9月21日に『死霊館のシスター』が公開されました。

シリーズの原点を描く作品ということもあり、楽しみにしているという方も多いのではないでしょうか。

本記事では、そんな『死霊館のシスター』は続編があるのか、エンドロール後に何か映像はあったのかについてまとめていきます。

『スポンサーリンク』


※ネタバレありのため注意※

目次
『死霊館のシスター』予告動画+あらすじ概要
エンドロール後に何か映像はあった?どんな映像?
続編はありそう?
まとめ

『死霊館のシスター』予告動画+あらすじ

~予告動画~

~あらすじ~

1952年、ルーマニアの修道院でひとりのシスターが自ら命を絶った。

事件には不可解な点が多く、真相を究明するために派遣されたバーク神父と見習いシスターのアイリーン。

彼らは調査の過程で修道院に隠された想像を絶する秘密にたどり着いた。

そして、決して関わってはならない恐るべき存在「悪魔のシスター」と対峙することになり__?

エンドロール後に何か映像はあった?どんな映像?

『スポンサーリンク』


どんな映画でもエンドロールの後に特別な映像が流れることがあります。

それは次回作の予告であったり、映画本編に関係のある映像であったり、NG集であったりと様々。

『死霊館のシスター』でもそういった予告や特別映像が流れるかと期待していましたが、エンドロール後には何か映像が流れるということはなく、館内が明るくなってしまいました。

BGMがかなり怖いので、物語が終わったら離席したいという方はエンドロールが始まったら離席してしまって問題ないでしょう。

関連記事
死霊館のシスターに年齢制限はある?小さい子供でも見られるの?対象年齢はどれくらいか調べてみた

続編はありそう?※ネタバレありなので注意※

エンドロール後に特別な映像はありませんでしたが、死霊館シリーズには続編があると『死霊館』で監督をつとめたジェームズ・ワンが述べている通り、このシリーズはまだまだ続きます

ただ、今作『死霊館のシスター』は『死霊館 エンフィールド事件』に登場した悪魔の尼僧であるヴァラクに焦点を当てたスピンオフ作品なので、続編というとちょっと違うかもしれません。

スピンオフ作品としては『The Crooked Man』という、へそ曲がり男(死霊館エンフィールド事件で一家の次男を主に襲った空想上のキャラクター)を主人公にした映画を製作する可能性があるとピーター・サフランが言及。

さらに、マイク・ヴァン・ワエズが『The Crooked Man』の脚本を執筆しているとの報道があったため、こちらの制作については間違いないでしょう。

2017年8月、ジェームズ・ワンは『エンターテインメント・ウィークリー』のインタビューの中で「へそ曲がり男を主人公とした映画を作るのは、死霊館シリーズの雰囲気をダークな童話に移行させたいからです」と語っています。

また、アナベルシリーズとしては、2018年4月、ワーナー・ブラザーズ映画が2019年7月3日に新作を全米公開すると発表をしたため、こちらについても続編があることは間違いないでしょう。

(引用:wikipedia)

関連記事
『死霊館』シリーズ関連記事一覧

まとめ

以下、本記事のまとめになります。

・エンドロール後には映像はないものの、死霊館シリーズの作品は続編、スピンオフが制作されている。

『スポンサーリンク』


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA