アニメ映画、隠れた名作『東京ゴッドファーザーズ』レビュー

『東京ゴッドファーザーズ』は2003年に公開されたちょっと古い映画になりますが、

スポンサーリンク


とても面白く、素敵な作品なのでレビューを詳しく書いて紹介したいと思います。

あらすじ、予告動画

自称元競輪選手ギンちゃん、元ドラァグ・クイーンハナちゃん、家出少女ミユキの三人は

新宿の公園でホームレス生活を送っていた。

あるクリスマスの夜、ミユキのために本をプレゼントしたいとハナちゃんが提案したことで

ゴミ捨て場をあさることになった三人だったが、本ではなくゴミ捨て場で泣いていた

「赤ちゃん」を拾うことになった。

「赤ちゃん」はクリスマスに拾ったことからきよしこの夜にちなんでハナちゃんが「清子」と命名。

絶対に3人で育てると言い張るハナちゃんを説得して「清子」の実の親を探す旅がはじまった――。

登場人物紹介


・ギンちゃん(江守徹)
自称元競輪選手のホームレス。ホームレス歴が長く、口が悪く酒をたくさん飲むが2人のことをよく考えて行動をしている。


・ハナちゃん(梅垣義明)
元ドラァグ・クイーンのおかまホームレス。「じじい」と言われるとすごい勢いで怒る。


・ミユキ(岡本綾)
家出をしてホームレスになった女子高生。家出をする前は結構太っていた。


・清子(こおろぎさとみ)
ゴミ捨て場に置き去りにされていた赤ちゃん。神の子がごとく清子を拾ってから奇跡的な出来事が連鎖して起こる。

・幸子
清子の母親を名乗る女性。

・泰男
幸子の夫。ゴミ溜め部屋に住んでいる。

その他たくさんいますが長くなってしまうので割愛。

 テンポがよすぎる! 最後まであっという間!

この映画とてつもなくテンポが良いです。

だらだらと話が進まない映画も多いですが、『東京ゴッドファーザーズ』は

次々と3人がアクシデントに巻き込まれていき、あっという間にラストまで観切ってしまいます。

「え、もう終わり?」と思わせるほど最後まで飽きることなく観ることができます

魅力あふれるキャラクターたち

ホームレスの3人はもちろんですが、他にもハナちゃんが世話になったという

ママ(画像参照)だったりいいように使われちゃうタクシーの運転手だったりと

個性的で魅力的なキャラクターがたくさん登場します。

どの作品にも「いけすかないキャラクター」が登場しますが、

モブとして登場するホームレス狩り以外は嫌なキャラクターが出てきません。

やくざが登場しますが最終的になんだ、そういうことだったのかと納得させられるので

本当にうざすぎて嫌いになるキャラクターは存在しない平和な映画です

物語が進行すると同時に3人の過去も紐解かれていく

スポンサーリンク


ただ清子の実の親を探すというだけの映画かと思いきや、ホームレスの3人には

なぜホームレスになったのか悲しい過去があります。

話が進展するにつれて徐々に3人の過去が紐解かれていきますが、

強引さが微塵もありません。

清子を拾ってからというもの、親を探すために3人は街を練り歩き、

いろいろなところで自分たちの過去に触れ、ラストまでに

それぞれ過去に向き合わされいい方向へ進展したと予想することができる映画になっています。

いい感じに伏線をはってたくさん回収してくれますが、観ている側の想像に任せるところは

残してくれるので映画を鑑賞した後も想像を膨らませることができて楽しいです。

コミカルでくすりと笑えるところも多い

ホームレスの3人のうち一人がおかまというだけでだいぶ面白い設定ですが、

キャラクターのしゃべり方や会話の流れなど、とにかくコミカルで

面白いです。画像の通り顔芸も多いです。

 オススメ度

80/100

同じ監督の作品もかなり面白いですが、『東京ゴッドファーザーズ』は

テンポが良くコミカルで万人が楽しめるアニメ映画だとオススメできます。

絵柄もいわゆる萌え絵ではないため、萌え絵に抵抗がある方でも

観ることができるかと。。。

萌え絵もいいと思うですがね! 絶対無理っていう人でも

この映画は楽しめるはずです!

どんな人にオススメ? オススメできない?

今敏監督のファンはもちろんですが、独特すぎる絵柄でもなく、

心温まるストーリー展開なので誰に対してもオススメできます。

ただ、アニメなんて観てられるかよっていう方はそもそも論ですが

観ない方がいいです(笑
スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です