『トイストーリー4』エンドクレジット中におまけ映像はあった?特別な映像はどんな内容だったのか具体的にまとめ

スポンサーリンク


おもちゃの世界を舞台にした大ヒットピクサー映画『トイ・ストーリー』。

2019年、続編『トイ・ストーリー4』が公開されました!

本記事では、

・『トイ・ストーリー4』エンドクレジットの映像はあったのか

・どんな特別映像だったのか

以上について記載していきます。


目次

※ついてきたおまけ映像についてネタバレがあるので注意※

『トイ・ストーリー4』予告動画

予告動画

あらすじ

ウッディたちの新しい持ち主となった女の子ボニーは、幼稚園の工作でフォーキーを作り、家に持ち帰った。

フォーキーはボニーの今一番のお気に入りになり、ウッディも快くみんなにフォーキー紹介。

しかし、フォーキーは自分がフォークやモールでできていることから自分を「ゴミである」と認識し、ゴミ箱に捨てられようとボニーの前からいなくなってしまう。

慌てたウッディはフォーキーを連れ戻しにいくが、帰り道に通りがかったアンティークショップでかつての仲間であるボーのランプを発見し……

『トイ・ストーリー4』のエンドクレジットにおまけ映像はついていたの?

『スポンサーリンク』


映画にはクレジット後やクレジット中に本編に関係のあるおまけ映像が付随するケースが多々あります。

『トイ・ストーリー』シリーズはピクサー製作映画ということもあり、『トイ・ストーリー4』もエンドクレジット中におまけ映像がつけられていました!

今までの作品でもクレジット中に特別な映像が流れていたので期待していた方も多いのではないでしょうか。

今回はNG集というわけではなかったので、詳しく知りたいという方は下記項目をご覧くださいませ!

どんな映像だったの?

おまけ映像には、

劇中登場した人形が景品の的あてゲームが登場

ダッキー&バニー、ウッディ、ボー・ピープがそれぞれ協力し合って、景品にされていうおもちゃに持ち主ができるよう計らうという内容。

また、ダッキー&バニーの妄想で、態度の悪い店員に復讐する映像も流れました。

さらに、フォーキーの女の子バージョンをボニーが作ったという趣旨の映像も付随し、おまけ映像としてはかなり豪華な内容になっています!

本編がおわったから帰っちゃうのはもったないかもしれないので、急ぎの用事がないということであればゆったりみていくのが正解かと思います。

最後(エンドロール終了後)に、ピクサーのロゴが全面に出てくるおなじみの演出がされますが、ライトがIの字をつぶすわけではありませんでした。

劇中に登場したバイク乗りカブーンが登場し、Iの字をつぶすお決まり演出がされて、映画は完全に終了、館内は明るくなります。

前作『トイ・ストーリー3』視聴方法

完璧とも言われる終わり方をした『トイ・ストーリー3』。

今作『トイ・ストーリー4』は続き物なので、

できれば鑑賞前に『トイ・ストーリー3』を観ておいた方が良いです。

『トイ・ストーリー3』を鑑賞するのにおすすめは『U-NEXT』という動画配信サービス。

U-NEXTは31日間の無料トライアル期間が設けられている動画配信サービスで、登録して期間中に動画を見て解約してしまえば使用料金は0円でサービスを利用できます。

『トイ・ストーリー3』もU-NEXTの無料トライアル期間を利用すればフル視聴することができますよ!

詳細は下記から!

『トイ・ストーリー3』は登録後もらえるポイントで視聴できます。

まとめ

以上が『トイストーリー4』のエンドクレジット中に特別映像が流れるのかどうかについてまとめでした。

ピクサー製作の映画はクレジットまで見逃せないので見に行くという方はぜひ最後まで席を立たずにゆったり構えてくださいませ。

映画はとてつもなく良い話で面白かったので、ぜひ、気になっている方はみにいってみてください!

誰とでも観に行ける映画で、夏休み1おすすめです!

ではでは、映画を見るよー!という方も、いや、やっぱりみないでおくわという方も、良い映画ライフをお過ごしくださいませ!

『スポンサーリンク』


スポンサーリンク