徹底ネタバレ『ヴェノム』黒幕や結末ヴェノムが最後どうなったのか、キャストについて全部まとめてみた

2018年11月2日にスパイダーマンの宿敵「ヴェノム」にスポットを当てたマーベル作品『ヴェノム』が公開されました。

マーベル作品の上、大人気キャラクターのスパイダーマンが絡んでくる可能性がある映画ということもあり、気になっているという方も多いのではないでしょうか。

本記事ではそんな『ヴェノム』の黒幕や結末、ヴェノムがどうなったのか、キャストは誰なのか……まるっとぜーんぶまとめて記載していきます。

スポンサーリンク


※とんでもないネタバレ記事のため鑑賞前に読むのは注意※

『ヴェノム』予告動画+あらすじ

一応、予告動画とあらすじを記載しておきます!

必要ない方はお手数ですがスクロールをお願いします!_(:3」∠)_

予告動画

あらすじ

それの発見は、誰もが望む歴史的偉業になるはずだった__。

正義感あふれるジャーナリスト「エディ」は、とある組織「ライフ財団」が人体実験で死者を出しているというウワサを聞きつけ、取材を試みる。

だがその最中、意思を持った地球外生命体”シンビオート”に寄生されてしまう。

シンビオートによって解き放たれた悪が、エディの体を蝕み、増殖していく……

ヴェノム誕生の時が、ついに訪れた__(引用:映画.com

キャストと関係性について

スポンサーリンク


以下、キャストと人物紹介です。関係性についてもちょろっと記載。。。

このパートではあんまりネタバレしていないつもりですがねたばっているところもあるので注意。

主人公:エディ・ブロック(トム・ハーディ)

悪事を暴く正義のリポーター

かなり人気のリポーターだったがライフ財団にある「ウワサ」を暴こうと取材したことから、ライフ財団の社長から圧力がかかり仕事を首なりなる。人生どん底。

ヴェノム曰く「負け犬」

アン・ウェイングとは恋人で結婚の約束までこぎつけていたが、彼女のパソコンから盗み出した情報を手にライフ財団にリポートしにいったことからアンも会社を首になり、そのことが原因で破局。

アンには未練タラタラ。

ライフ財団に務めているドーラ・スカースの依頼を受けてライフ財団に忍び込み、ヴェノムに寄生されてしまってとんでもないことになる。

俳優さんについて

エディ・ブロックを演じた俳優はトム・ハーディ

1977年生まれのイギリス出身者。

主な出演作品は『インセプション』、『マッドマックス』、『ダークナイト ライジング』など。

まっちょな役どころが多く、今作『ヴェノム』でも屈強な役を演じ切った。

ちなみに吹替版は諏訪部さん

元恋人:アン・ウェイング(ミシェル・ウィリアムズ)

エディの元恋人の名前はアン・ウェイング

弁護士をしていて、ライフ財団からも依頼が来ていたが、それをエディが利用したことで仕事を首になる。

エディのことを愛してはいるが、エディの行動を受け入れることができなくなって別れを告げた。

愛が完全に冷めたわけではなく、医師のダンと付き合っていながらヴェノムに寄生されたエディを見放せずに助けようと行動する。

1度ヴェノムに寄生され、その時のことをエキサイティングな気分を味わったと述べていた。

女優さんについて

アン・ウェイングを演じたのはミシェル・ウィリアムズ

1980年生まれ。モンタナ州出身。

『スピーシーズ/種の起源』でデビューを果たし、『ハロウィンH20』、『ミー・ウィズアウト・ユー』などの演技で高評価を受ける。

その後は『ブロークバック・マウンテン』でアカデミー賞助演女優賞初ノミネートを果たした。

その後は『ブルーバレンタイン』、『マリリン 7日間の恋』、『マンチェスター・バイ・サ・シー』、『ゲティ家の身代金』、『オズ はじまりの戦い』、『グレイテスト・ショーマン』など幅広く出演している。

ちなみに吹替版は中川翔子さん

カールトン・ドレイク(リズ・アーメッド)

ライフ財団の社長で強欲。

地球は数十年後に住めなくなると踏んでいて、彗星に移住できるよう策を練っている。

彗星から持ち帰ったシンビオートの1匹に寄生され(寄生させ)て彗星に行こうとロケットに乗り込むが……。

俳優さんについて

ドレイクを演じたのはリズ・アーメッド

1982年生まれ。イギリスロンドン出身。

『グアンタナモ、僕達が見た真実』、『ナイトクローラー』、『ジェイソン・ボーン』、『ローグ・ワン/スターウォーズ・ストーリー』など、数多くの作品に出演している。

ラッパーとしてもSwet Shop Boysというグループで2012年から活動を開始。

音楽面でも注目をされている俳優さん。

ドーラ・スカース(ジェニー・スレイト)

ライフ財団に勤める研究者の1人(女性)。

ドレイクの傲慢さに倫理の問題から不安を覚え、不正を暴こうとしたエディに相談を持ち掛けた人物。

物語の口火役。

エディにお願いしたことでヴェノムに寄生されたエディが逃げ出し、エディを研究所にいれたことがばれ、シンビオートを寄生させられる。

かわいそうだけどシンビオートに寄生されて死んじゃう。

女優さんについて

ドーラを演じたのはジェニー・スレイト

1982年生まれのマサチューセッツ州出身の女性。

コロンビア大学を卒業後、コメディアンとして活動していたゲイブ・リードマンとコンビを組み、コメディエンヌとしてキャリアをスタートさせる。

2009年から人気番組「サタデー・ナイト・ライブ」に1年間出演した後、女優としての活動を広げていった。

主な映画出演作は『アルビン3シマリスたちの大冒険』、『ブラック&ホワイト』、『ロラックスおじさんの秘密の種』、『ズートピア』、『ペット』など。

アンの現恋人:ダン(リード・スコット)

エディと別れた後にアンが付き合いだした男性医師。

エディがヴェノムに寄生された際も助けようとして手を尽くしてくれたとてつもなくいいやつ

エディから出てきたヴェノムにおびえるが、まぁまぁいいやつ。

おそらくアン絡みで次回も出てくる……?

俳優さんについて

ダン医師を演じたのはリード・スコット

1977年生まれのニューヨーク出身。

FOXチャンネルのパイロット版「With You in Spirit」の主役をつとめて注目を集める。

「ヴィープ」、「キャシーのbig C-いま私にできること-」などテレビ人気シリーズで活躍をし、ディズニーXDのテレビアニメ「モーターシティ」やアニメシリーズ「Turbo FAST」の声優をつとめた。

長編映画の出演作品には『アミューズメント』、『ジェシカ・アルバ ヘブンズ・ベール~死のバイブル』など。

シンビオート

スポンサーリンク


シンビオート(エイリアン的なやーつ)についても紹介。。。

ヴェノム

シンビオートの1匹で本作の主人公エディに寄生する。

黒い体皮が特徴。映画ポスターのシンビオートももちろんこいつ。

人間を食べに地球へやってきたが、エディに感化されて悪を排除しようと思うようになる。

ヴェノム曰く「自分の星ではお前(エディ)と同じ負け犬」。

エディのことは気に入っていて、おちゃめな面もうかがえるモンスター。

シンビオートについて詳しく知りたい!という方はこちら

ライオット

ヴェノムとともに地球にやってきたシンビオート

探査機で地球に運ばれた際に探査機から逃げ出した唯一のシンビオート。

色々な人間に寄生しながらライフ財団へとたどり着く。

ヴェノムよりもずっと強く、物語で明示していないが、シンビオートのリーダー的な存在か?

体の色はヴェノムと比べて白っぽく、見た目の判断はつけられる。

ライフ財団の社長であるドレイクに最終的に寄生して仲間を地球に移住させるためロケットを飛ばそうとする。

関連記事
『ヴェノム』は吹替と字幕どっちがおすすめ?吹替版の中村獅童と中川翔子は上手?下手なの?

黒幕と結末、ヴェノムはどうなった?

スポンサーリンク


黒幕やら結末やらをざざっとまるっとねたばります。

黒幕について

人物紹介に載っていて予想がつく通り黒幕はドレイク

映画の序盤から悪い奴感満載で製作者側もおそらく隠す気がない。

シンビオートは人間に寄生することで地球で生きていけるようになったことから、人間はシンビオートに寄生された状態なら彗星で生きていけるのではないかと思い、非人道的な人体実験を開始する。

シンビオートを見つけた彗星にライオットを寄生させた上で行き、ライオットの仲間であるシンビオートを地球へ移住させようとロケット打ち上げ計画を断行 ⇒ 失敗。

結末(映画の最後)とヴェノムについて

映画の結末は、ロケットでライオットとドレイクが彗星に行こうとしたところをヴェノムとエディが止めて一件落着するといった具合におさまる。

ヴェノム(シンビオート)の弱点は火と4000~6000Hzの周波数だが、ロケットが打ちあがった際に炎を浴びてエディをかばったうえでヴェノムは死んだと思われていた。

しかし、後日アンとエディの会話中ヴェノムが突然話し出したことから、彼とエディが共存していることが確認できるため、死んでいない

スパイダーマンとのクロスオーバーもうたわれているヴェノムシリーズは、次回作でもヴェノムは出てくるものと予感させるラストを迎えている。

エディとアンの恋の行方について

エディとアンは別れてはいるものの、エディはアンに未練があるし、アンはアンでエディへの想いが完全に冷めているわけではなさそう。

エディがヴェノムに寄生されて困っていた際助けてくれたのはアンだし、ヴェノムが体からいなくなって追い詰められたエディに自らを差し出してヴェノムを寄生させ、彼のもとへ運んだのもほかでもないアンだった。

嫌よ嫌よも好きのうちか、口では「復縁はありえない」といっていながらエディへの想いは少なからず全くなくなったとはいいがたい。

次回作で二人の関係に進展が生まれるのか見どころの一つとして注目必須だろうか。。。

関連記事
『ヴェノム』年齢制限はある?小さい子供でも見られるの?対象年齢はどれくらいか調べてみた

『ヴェノム』監督について

監督についてもちょろっと紹介。。。

監督は誰だったの。主な作品について紹介

『ヴェノム』の監督をつとめたのは「ルーベン・フライシャー」

『ゾンビランド』の監督といったらわかりやすいかもしれない。

1974年生まれ。ワシントン州出身。

テレビシリーズの「ドーソンズ・クリーク」の現場係として業界に入った。

その後はテレビコマーシャルやミュージック・ビデオの監督をつとめる。

デビュー作は『ゾンビランド』。

以降は『ピザボーイ 史上最凶のご注文』、『L.Aギャング ストーリー』。

次回作は『ゾンビランド』の続編に決まっている。

おまけ:エンドロール後の映像で出てきたカーネイジについて

本編が終わった後短いエンディングがあったが、その後におまけ映像が流れた。

おまけ映像はヴィランの中でも最強の「カーネイジ」がちょろっと出てきている。

エディに刑務所内でインタビューされた際、「大虐殺だ」といっていた点も、エンディングで出てきた赤毛のパンチパーマ男はカーネイジで間違いない。

次回作はヴェノムVSカーネイジだろうか……

ちなみに原作ではスパイディと一緒に倒していたこともあり、カーネイジが出てくるのだとしたらマーベルファン胸熱な展開が待っているのは言うまでもないと思う。

次回作に期待が膨らむ。。。

おまけ2:ヴェノムがかわいいと話題に

SNS上で度々見かけるのが「ヴェノム、かわいい」「飼いたい」など、ヴェノムを愛でるような言葉。

実際映画を観てみたが、かわいいと思わんでもない描写もそれなりに見られたため、鑑賞した人はヴェノムをかわいいとする声が多いことには納得できるのではないかと思う。

Twitter上の声は下記の通り

まとめ

以上が『ヴェノム』まるっとネタバレ大会でした。

足りないところがあれば付け足すので教えてほしいです_(:3」∠)_オネガイシマス

ではでは、劇場へ観にいくよ!という方も、DVDのレンタルをまつぞ!という方も、良い映画ライフを。

スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です